FIRE

【FIREの4種類を紹介】自身の価値観に合った早期リタイアを目指そう!

近年、ミレニアル世代(1981年∼1995年生まれの若者)を中心に「FIREムーブメント」が大きな支持を集めています。

FIREとはFinancial Independence, Retire Earlyの略で、経済的自立(Financial Independence)に到達して、早期退職(Retire Early)を実現するライフスタイルを指します。

「人生100年時代…定年も引き上げられている今の時代に早期退職するなんて無理でしょ…」
「そういう人生を歩むのには1億円くらいの金額がどうせ必要なんでしょ…」

嫌な仕事を辞めて、自分の理想の生き方を実現するというのは誰しも憧れを抱くものですが、上記のように現実的ではないと考えられている方が多いのではないかと思います。

そのような方々に希望をもたらしてくれる生き方こそがFIREです。

FIREも簡単に実現できるものではありませんが、生き方や考え方を学び、少しずつ行動すれば”自由”という希望が見えてくると思います。

本記事では、FIREを実現するために必要な考え方を簡単に紹介したあとに、FIREの4つの種類について解説していきます。

・FIREにも様々な種類が存在することを知ったけれど、それぞれ明確な定義を知りたい!
・自分に合ったスタイルのFIREを目指したい!

上記のような悩みを解決していきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

【前提】FIREを実現するためには年間生活費の25倍の資金が必要

まず、FIREを実現するためのスタンダードな考え方として、年間生活費の25倍の資金が必要というのがあります。

経済的に自立して、早期退職するためには目安としてこれくらいの金額が必要となります。

この早期リタイアするために必要な金額の目安が年間生活費の25倍とされている根拠には「4%ルール」が定められています。

4%ルール
…生活費を投資元本の4%に抑えることができれば、資産を目減りすることなく暮らしていくことが可能だというシンプルな仮定

1998年に米国のトリニティ大学で発表された「資産運用に関する論文(トリニティスタディ)」で提唱されたものですが、この論文ではポートフォリオの4%の資金で1年間の生活費が賄えれば、貯蓄が30年以上持続する可能性が95%であるといった結論が導きだされています。(4%ルールについて詳しく知りたい方は『「4%ルール」はセミリタイアを見据えた最適な出口戦略』をご覧ください。)

4%ルールは完璧な理論ではありませんが、仮に年間生活費が300万円の人がいたとすると、FIREを実現する目安としては7,500万円(=300万円×25)となります。

そして、この7500万円を4%で運用をまわした金額300万円(=7500万円×4%)を毎年取り崩して生活していくというのが、基本的なFIREの考え方です。(ここでは税金を無視しています。)

この「4%ルール」に基づいて、ミレニアル世代を中心にFIREムーブメントは広がりを見せています。

FIREを目指すのであれば、まずは年間生活費の25倍の資産を構築することを意識してみましょう。

FIRE(早期リタイア)の4つの種類

FIREを実現するために必要な考え方を簡単に紹介させていただきましたが、ポイントはFIREするのに1億円が必要とか決まった金額が定められているということではなく、個々の年間生活費をもとに必要な金額が変わってくるということです。

つまり、年間生活費を下げたり、多少の労働や副業を加えることによって早期リタイアのハードルはグッとさげることも可能です。

FIRE前後の生活スタイルによって生き方や実現難易度も大きく変わります。

有名なFIREの種類には以下の4つがありますので、特徴やメリット・デメリットを説明していきたいと思います。

上記の4つのFIREスタイルを労働の有無(完全リタイア型かセミリタイア型か)、実現難易度でマッピングしたものが以下の図となります。

①ファットFIRE(Fat FIRE)

完全リタイア型で実現難易度が高いのがファットFIRE(Fat FIRE)です。

Fatには「豊かな」といった意味があり、直訳すると「豊かなFIRE」となります。

リタイア時の資産が平均的な投資家よりも多く、退職後もこれまで以上に豊かな生活を送れるような状態ですね。

ファットFIREは稼ぐ力(収入)や増やす力(投資)で圧倒的な成果を収めた人が実現できるスタイルとなります。

起業や副業などで数年間で仮に1億円の資産を築くことができれば、この1億円を元手に4%取り崩すことで資産所得だけで年間400万円の生活を送ることが可能になります。(税金は考慮していない。)

難易度は最も高いですが、誰もが憧れる理想的な状態だと思います。

メリット:リタイア後も豊かな生活を送ることができる

デメリット:実現のハードルが非常に高い

②リーンFIRE(Lean FIRE)

完全リタイア型で実現難易度が相対的に低くなるのがリーンFIRE(Lean FIRE)です。

Leanには「やせ細った」という意味があり、直訳すると「やせ細ったFIRE」となります。

先ほど紹介したファットFIREと対になる考え方で、FIREを目指す過程とFIRE実現後の生活において最小限(ミニマル)な生活を送るスタイルです。

FIRE前後の生活費(支出)を最小限に抑えるので、FIREするために必要な金額(年間生活費の25倍)も相対的に下がり、貯蓄率も高まるのでより早くFIREに到達できるといった特徴があります。

たとえば、年間生活費300万円の人が必要最小限の生活に切り替えて年間生活費を200万円まで引き下げることができればFIREに必要な金額の目安は7500万円(=300万円×25)から5000万円(=200万円×25)まで引き下がります。

ミニマリズムの思考が必要不可欠となりますが、近年30代や40代といった若さでFIREを実現している人はこのタイプが非常に多くなっています。

質素・倹約な生活を送り続ける必要がありますが、お金の本質が自由であることを認識したうえで、豊かさよりも自由を手にしたい(=自分の好きな人生を歩みたい)という志向が強い人が達成している印象です。

メリット:完全リタイア型では実現難易度が相対的に低くなる

デメリット:質素・倹約な生活を送り続ける必要がある

③バリスタFIRE(Barista FIRE)

セミリタイア型で実現難易度が相対的に低いのがバリスタFIRE(Barista FIRE)です。

バリスタFIREは金融資産から得られる不労所得で生活費の半分を賄い、残りをパートタイムという形で働いて収入を得る生活スタイルになります。

ちなみにバリスタFIREの名前の由来はカフェのバリスタからきています。

資産収入で生活費を賄いながら、足りない部分をカフェのバリスタのようにパートタイムとして働いて稼いで生活していくというイメージですね。

このバリスタFIREの最大のメリットは生活費の半分を労働収入で賄うのでFIRE実現の難易度(必要金額)が大きく下がり、生活も比較的安定するということにあります。

もともと年間生活費が300万円の人が完全リタイア型のFIREを目指そうとすると目安として7500万円(=300万円×25)が必要となりますが、半分の金額をパートタイム収入などの労働で賄うとすると目標金額は1/2の3750万円に下がります。

また、完全リタイア型のFIREだと金融資産収入に依存してしまっている状態なので相場の暴落が起こると精神的にしんどくなりますが、セミリタイア型であれば金融資産収入と労働収入(人的資本)に分散しているので生活も比較的安定しやすくなります。

他にも似たFIREのスタイルとしてサイドFIREがあります。(参照:『【サイドFIREの魅力を徹底解説】サイドFIREこそが理想のライフスタイル!!』)

日本だとこのセミリタイア型のFIREスタイルとしてはバリスタFIREよりもサイドFIREの方が有名ですが、それはバリスタFIREがアメリカ発祥の用語で、日本のように健康保険などの皆保険制度が確立されていない環境において健康保険に加入する権利を得るためにパートタイマーとして勤務するといった背景があるからです。

なので、バリスタFIREの最大の目的は労働者としての権利を獲得することにあり、サイドFIREとの違いもその点にあります。

サイドFIREは「サイドビジネス(事業収入)+FIRE」で属性はフリーランスに近く、バリスタFIREは「パートタイム(労働収入)+FIRE」という風に棲み分けられています。

メリット:FIREを目指すうえでの目標金額が低くなる、リタイア後の生活設計がしやすい

デメリット:完全なリタイアではない(多少の労働が必要)

④コーストFIRE(Coast FIRE)

コーストFIRE(Coast FIRE)は、完全リタイアできるだけの資産は構築しながらも仕事(労働)は続けるスタイルです。

全然早期リタイアっぽくはありませんが、経済的に独立するだけの資産は構築しており、仕事が好きだから仕事をそのまま続けるというのがこのタイプです。

社会貢献や会社とのつながりなど社会資本を求めて仕事を続けるといった特徴があります。

コーストFIREは完全リタイアできるだけの資産を構築しているので、より安心感を持って仕事に取り組むことができます。

会社員として完全リタイアできるだけの資産を構築できていれば、嫌なことがあったらいつでも仕事を辞めることができますし、精神的にもゆとりをもって仕事に取り組めるといったメリットがあります。

メリット:経済的な余裕を持った状態で仕事に取り組める、社会とのつながりが持てる

デメリット:もはやリタイアしていない…

まとめ:自身の価値観に合ったFIREを目指そう!

以上、FIREを目指すうえでの基本的な考え方とFIREの4つの種類について特徴を紹介させていただきました。

FIREを実現するために必要な金額は人それぞれのライフスタイルによって変わってきますが、仮に年間生活費が300万円の人がFIREを目指すスタイルを変えると目標とすべき金額も大きく変わります。

リタイア後も割と裕福に生活をしたいのか、そんなに裕福な生活は送らなくても自由を手にしたいのか、働き方を変えて半分だけリタイアを目指すか、金融資産の構築を続けながらもリタイアせずに社会とのつながりを保ち続けるのかといったようにFIREの目指し方は人それぞれです。

ぜひ、自分の価値観に沿ったFIREのスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

本記事がFIREを目指している方々にとって少しでも参考となれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

自分が目指すFIREのスタイルが決まったらあとどれくらいでFIREに到達できるのか計算してみてはいかがでしょうか。以下の記事ではFIREを達成するために必要な年数を計算する方法を紹介しています↓