Coast FIRE(コーストFIRE)とは?リタイア前後のライフプランを豊かするFIRE

Coast FIRE(コーストFIRE)とは?リタイア前後のライフプランを豊かにするFIRE

近年、日本でもFIREムーブメントが盛り上がりを見せており、様々なFIREのスタイルについて取り上げられることも増えてきました。

FIREにも様々な種類がありますが、中でも最も特殊なスタイルが”コーストFIRE”です。

FIREの種類の1つ「Coast FIRE」ってどういうスタイル?

「Coast FIRE」にはどういうメリット・デメリットがあるの?

上記のような悩みを解決するために、本記事ではCoast(コースト)FIREの特徴やメリット・デメリット、実現するために必要な金額を紹介していきます。

本記事を読んでいただければ、Coast FIREに関する理解を深めていただけるかと思いますのでぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

アーク

私はサイドFIREを目指して資産形成に取り組んでおり、当ブログではFIREに関する情報を発信しています!

本記事の要点
  • Coast FIREとは、早期リタイアはせずに労働収入で生活費を賄い続け、資産には手をつけずに複利の性質を利用してさらに資産を増やしていくタイプのFIRE
  • Coast FIREの水準に到達することで、労働に対する精神的負担が非常に軽くなる
  • リタイア前後のライフプランを豊かにできる特殊なFIRE
目次

FIREには4種類のスタイルがある

まず、Coast FIREについて説明する前にFIREには大きく分けて4種類のスタイルがあるということを知っていただきたいです。

以下の図のように、「セミリタイア型」か「完全リタイア型」か、「実現難易度の高低」によってFIREは4つの種類に分類できます。

FIREには4つのスタイルがある

≫【FIREの4種類を紹介】自身の価値観に合った早期リタイアを目指そう!

他のサイトでは「Coast FIRE」の実現難易度は低いと表記されているところが多いですが、当ブログでは実現難易度を高いと表記しています。

「Coast FIRE」は必要な資金を構築するという点では最も難易度が低いのですが、リタイアするといった本来のFIREの目的に沿うと最も時間がかかるスタイルになります。

FIREのゴールをリタイア(セミリタイア)と捉えるのであれば、実現難易度は非常に高いです。

また、「Coast FIRE」は基本的にフルタイムでの労働を前提としている考え方になります。

アーク

「FIREなのにフルタイムの労働?全然イメージが湧かん…」という方がほとんどだと思いますので、これからCoast FIREの特徴を説明していきます!

↑目次へ戻る

Coast FIREとは

Coast FIREとは、早期リタイアはせずに労働収入で生活費を賄い続け、資産には手をつけずに複利の性質を利用してさらに資産を増やしていくタイプのFIREです。

他のタイプのFIREは資産収入等の不労所得で生活費の全部または半分を賄うのですが、Coast FIREの場合は資産に一切手をつけない点に大きな特徴があると言えます。

「資産も取り崩さずに、普通にフルタイムの労働なんてどこがFIREなの?」と思われた方が大半だと思うので、もう少し具体的に説明していきます。

例えば、以下のライフプランを想定している人がいるとします。

  • 現在:25歳
  • 目標のシナリオ:60歳で金融資産1億円到達
  • 想定リターン:年率4%

現在25歳で、60歳時点で金融資産1億円を構築してリタイアすることが目標です。

想定リターンは長期投資を前提とし、年率で4%狙えるとします。

これらの条件をもとに、目標の金融資産額から現価係数を用いて設定した中間目標に到達するとCoast FIRE達成となります。

原価係数
将来の必要資金(目標金額)を得るために、現在いくらの金額で複利運用をすればいいのかを求める際に使用する係数

現価係数を用いて、各年齢における中間目標を割り出して表にまとめてみました。

年齢中間目標
30歳2960万円
35歳3610万円
40歳4390万円
45歳5340万円
50歳6500万円

それぞれの年齢到達時に対応する中間目標の金融資産を構築すると、以降は年利4%で運用することによって60歳時点で金融資産が1億円に到達することを示しています。

中間目標をどう定めるかは人それぞれになりますが、この例で取り上げると40歳時点で4390万円の金融資産が構築できればCoast FIREを達成したと言えます。(30歳時点で2960万円、50歳時点で6500万円に到達でもOK)

40歳で4390万円の資産を構築できれば、あとは年率4%で20年間資産運用していくと60歳時点で目標の1億円に到達します。

Coast FIREの水準に到達すれば、あとは資産をほったらかしにするだけで増え続けていくので、資産には一切手をつけずにフルタイムの労働で生活を賄っていければ事実上のFIRE達成というわけなんですね。

Coast(動詞)には、「何の努力もせずにやっていく」という意味があり、中間目標の資産に到達後はほったらかしで資産が増えていくという部分にこのニュアンスが入っているのではないかと推測しています。

Coast FIREの水準に到達したとしてもフルタイムでの労働を続けていくわけではありますが、将来のお金の心配が全く不要になり、自分や家族の生活費さえ賄える収入があればよくなるので労働に対する精神的負担が軽くなる点にメリットがあります。

これまで嫌な仕事を続けてきたのであれば、Coast FIRE到達後には自分の生活が賄える収入の範囲内でやりたい仕事やストレスフリーな仕事に切り替えることができます。

また、医者や弁護士の方など資産的にはいつでも早期リタイアできるものの、仕事へのやりがいを持ち、働き続けている人などもCoast FIREに位置付けられることが多いです。

↑目次へ戻る

コーストFIREとバリスタFIREの違い

もしかすると、労働に対する精神的負担が軽くなるという点で「バリスタFIRE」に似ていると感じた人がいるかもしれません。

「コーストFIRE」と「バリスタFIRE」の主な違いは以下の2点です。

  • 資産の取り崩し
  • 労働形態の違い

「バリスタFIRE」は配当金や資産の取り崩しといった資産収入や不労収入で生活費の半分を賄い、残りを週2,3のパートタイムといった労働収入で賄うセミリタイア型のFIREです。

≫バリスタFIREとはどういう生き方?サイドFIREとの違いやメリットを解説!

一方の「コーストFIRE」は早期リタイアはせずに労働収入で生活費を賄い続け、資産には手をつけずに複利の性質を利用してさらに資産を増やしていくタイプのFIREです。

資産の取り崩し方に着目すると、「バリスタFIRE」は資産を取り崩しているのに対し、「コーストFIRE」は一切資産には手をつけずに再投資するという違いがあります。

また、労働に対する精神的負担が軽くなるという点で両者は似ていますが、「バリスタFIRE」の労働形態はパートタイムであり、「コーストFIRE」の労働形態はフルタイムという違いがあります。

↑目次へ戻る

Coast FIREの3つのメリット

Coast FIREの主なメリットは以下の3つです。

  1. お金の心配をせずに浪費ができる
  2. 柔軟に生き方を選択できる
  3. 会社員としての恩恵を受け続けられる

①お金の心配をせずに浪費ができる

Coast FIREの水準に到達すると、資産はほったらかしで目標金額まで増え続けていくので、極端な話、フルタイムで稼いだ収入を全て基本生活費や浪費に充てることができます。

自身で想定する老後の資金問題はクリアしており、資産にも一切手をつけないので安心して自分がお金を使いたいところでお金を使えますね。

お金の心配をすることなく、気軽に浪費ができる状態というのはかなり幸福度の高い生き方が実現できるのではないでしょうか。

②柔軟に生き方を選択できる

Coast FIREは早期リタイアこそできてはいないものの、ある種お金の悩みからは解放されている状態なので、生き方を柔軟に選択しやすいです。

働いている現状に満足していないのであれば、気軽に転職することもできますし、今の仕事に満足しているのであればそのまま継続することもできます。

また、Coast FIREに到達後も追加で投資をしたり、副業に取り組むことによって他のFIREに切り替える選択肢も見えてきます。

Coast FIREはある程度自由の土台を築けている状態なので、仕事の内容を切り替えるもよし、より早くリタイアできる他のFIREを目指すもよしといった感じで様々な方向に切り替えられる点は魅力です。

③会社員としての恩恵を受け続けられる

また、Coast FIREはフルタイムでの労働を続けることを前提としているため、会社員としての恩恵を受け続けられるというメリットがあります。

サイドFIREのように属性がフリーランスとなると健康保険や国民年金は全額自己負担となりますが、会社員であれば健康保険料や厚生年金保険料は会社と折半した金額です。

加えて社会保険に加入していると出産手当金や疾病手当金といった手当も手厚くなります。

また、早期リタイアしてしまうと将来受け取れる年金受給額が減額してしまうといった問題もありますが、会社員として労働を続けるCoast FIREの場合は全く気にしなくて良いですね。

↑目次へ戻る

Coast FIREの2つのデメリット

Coast FIREの主なデメリットは以下の2つが挙げられます。

  1. リタイアするまでに時間がかかる
  2. FIRE感がない

①リタイアするまでに時間がかかる

Coast FIREは結局のところ、フルタイムの労働を前提としているのでリタイアするまでにかなり時間がかかります。

Coast FIREに必要な金額に到達するのはFIREの類型の中でも最も容易と言えますが、リタイアの早さという観点では最も遅いです。

老後のライフプランはかなり豊かになりますが、労働を継続しなければならないのはデメリットと言えるでしょう。

②FIRE感がない

Coast FIREは精神的には経済的自由をある程度手にしているものの、労働は続けなければならないのでFIRE感が全くありません。

Coast FIREはFIREの類型の中でも認知度が低いですし、Coast FIREを達成したからといって他のFIREスタイルと比べると盛り上がりに欠けると思います。

また、Coast FIREを知らない人が多いだけで、実際にシミュレーションしてみると実はCoast FIREを達成していたなんて人はたくさんいるのではないでしょうか。

↑目次へ戻る

Coast FIREを実現するにはいくら必要!?

では、Coast FIREを実現するためにはいくら必要になるのでしょうか?

前述のとおり、Coast FIREの前提となるシナリオは人それぞれですので、自分のライフプランに沿って中間目標(Coast FIREの達成水準)を定めなければなりません。

ここでは、Coast FIREの目安となる目標金額の算出方法を紹介しておきます。

  1. 目標金額や想定リターンを設定する
  2. 現価係数より中間目標を定める

まずは前提条件となる目標金額や想定リターンを設定してください。

例えば、現在27歳で45歳時点で金融資産5000万円を構築して完全リタイアしたいと考えているとしましょう。

そして、想定リターンは年率4%とします。

この前提条件が決まれば、現価係数の高度計算サイトに条件を入力することで以下のような結果が出てきます。

年齢期間現価係数元金(円)
44歳1年0.96248,100,000
43歳2年0.92546,250,000
42歳3年0.88944,450,000
41歳4年0.85542,750,000
40歳5年0.82241,100,000
39歳6年0.79039,500,000
38歳7年0.76038,000,000
37歳8年0.73136,550,000
36歳9年0.70335,150,000
35歳10年0.67633,800,000
34歳11年0.65032,500,000
33歳12年0.62531,250,000
32歳13年0.60130,050,000
31歳14年0.57728,850,000
30歳15年0.55527,750,000
29歳16年0.53426,700,000
28歳17年0.51325,650,000
27歳18年0.49424,700,000

この表に記載された年齢時に対応する元金を用意して、以降年率4%で運用することができれば目標としていた45歳時点で金融資産5000万円が構築できます。

このケースの場合は上表のいずれかの時点が中間目標となり、条件を満たせていればCoast FIRE達成となります。

想定するシナリオは人それぞれのため、Coast FIREの基準も人によって異なりますが、

  • 想定する目標金額が小さいほど必要金額も小さくなる
  • 若いほど時間×複利の効果を味方につけられるので有利

という2つのポイントは覚えておきましょう。

↑目次へ戻る

まとめ:リタイア後のライフプランを豊かにできるFIRE

以上、「Coast FIRE」の特徴やメリット・デメリット、目標金額の算出方法について紹介させていただきました。

他のFIREとは違って、Coast FIREの概要を理解するのは難しかったかもしれませんが、それだけかなり特殊なFIREのスタイルだと思います。

Coast FIREの水準に到達すれば、仕事に縛られるリスクは減らせますし、適度に労働を続けることによって最終目標のリタイア後には豊かなライフプランを設計することができます。

FIREっぽくはないですが、「Coast FIRE」という選択肢もあるということを知っていただければ幸いです。

最後に「Coast FIRE」を目指す人におすすめの本をいくつか紹介しておきます。

¥1,760 (2022/04/25 11:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
著者山﨑俊輔
現役のファイナンシャルプランナー(FP)
おすすめ
ポイント
・日本の社会制度や退職金制度、税制優遇制度を踏えた「日本版FIREの教科書
日本の制度に基づいてFIREをどう計画すべきかについても言及されている
読んでほしい人・FIREの本質的な考え方について学びたい人
・稼ぐ力を高めて最速で経済的自立(FIRE)を実現したい人

現役のファイナンシャルプランナー山﨑俊輔さんが日本の社会制度や退職金制度、税制優遇制度を踏まえてFIREの計画を解説している良書です。Coast FIREを目指すなら日本の社会制度について学んでおくことをお勧めします。

¥1,540 (2022/04/25 11:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
著者ぽんちよ
28歳で金融資産2600万円を構築し、副業収入>生活費という状態に到達し、事実上FIREを達成
おすすめ
ポイント
・早期リタイアするうえで十分な資産や副業収入があるものの、敢えて会社員として働く「仮面FIRE」という概念を知れる
会社員が目指すべきFIREのかたちについて紹介されている
読んでほしい人・今の会社は好きだけど、経済的自由を手にしたい人
・会社員でFIREを目指して資産形成に取り組んでいる人

早期リタイアするうえで十分な資産や収入があるものの、敢えて会社員として働く「仮面FIRE」を達成した著者ぽんちよさんの考え方が学べる本です。Coast FIREに非常に近い考え方だと思うので、気になる方はぜひ読んでみてください。

また、以下の記事では【FIREを目指すなら絶対に読んでおきたい】おすすめのFIRE本5冊を紹介しておりますので、興味がある方は併せてご覧ください。

あわせて読みたい
【FIRE本おすすめ5冊を紹介】アーリーリタイアを目指すなら読むべし必読書 早く会社を辞めて自由な生活を送りたい!自分の時間を取り戻して理想とする生き方を実現したい! 上記のような想いを抱いている方々に希望をもたらしてくれるのが、FIRE...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる