FP2級は独学or通信講座どっちがいい?それぞれのメリット・デメリットを知っておこう!

FP2級は独学or通信講座どっちがいい?それぞれのメリット/デメリットを知っておこう!
  • FP2級を受験しようと考えているけれど、独学と通信講座はどっちがいいの?
  • FP2級は独学でも合格可能?独学で何か気をつけた方がいいことはある?
  • FP2級の通信講座を受講するメリット/デメリットを教えてほしい!

FP2級の受験を決意したものの、独学でいくか、通信講座を活用するかで迷っている人もいるのではないでしょうか?

私は独学でFP2級に合格しているのですが、人によって独学をおすすめする場合と通信講座をおすすめする場合が別れます。

なぜなら独学と通信講座にはそれぞれのメリット・デメリットがあり、その人に合った方法で勉強する方が効率性やモチベーションといった観点から成果を発揮しやすくなるからです。

本記事では、FP2級の受験を独学か通信講座で迷っている方々に向けて、それぞれのメリットとデメリットを丁寧に解説していきます。

また、どういった人が独学に向いているか、通信講座に向いているかについても言及しておりますので、自身の最適な勉強方法を見つけるのに役立ちます。

先に本記事の結論をまとめておきます。

本記事の結論
前提としてFP2級は独学でも合格できる!
時間に余裕があって、費用をかけたくないなら独学がおすすめ!
時間に余裕がなく、効率的に勉強したいなら通信講座がおすすめ!
この記事を書いた人
  • 学生時代にFP3級、FP2級、AFP資格を取得(全て一発合格)
  • 証券会社に約3年半勤めており、FPとしての実務経験あり
  • サイドFIREを目指して資産形成に取り組む
アーク
目次

FP2級の試験概要を押さえよう!

まずはFP2級の概要を簡潔におさらいしておきましょう。

試験日第1回(5月)、第2回(9月)、第3回(1月)
試験種類学科+実技
受験手数料学科(4,200円)/実技(4,500円)
合格率学科…41.51%/実技…56.33%【2022年1月】
試験結果データはFP協会のHPよりご確認いただけます。

FP2級は年に3回試験日が設けられており、以下の受験資格のいずれかを満たすことで受験することができます。

FP2級の受験資格
  • FP3級に合格している
  • AFP認定研修の受講が修了している
  • FP実務経験が2年以上ある

FPの実務経験がない人は独学でいきなりFP2級に挑戦することはできないので、その点は事前に考慮しておきましょう。

ただし、通信講座でAFP認定研修(基本課程)の受講が修了していれば、FP3級を持っていなくてもいきなりFP2級を受験することは可能です。

この点は通信講座のメリットとして詳細を後述します。

そして、気になるFP2級の直近3回の合格率ですが、以下のように推移しています。

2021年1月2021年5月2021年9月
学科試験44.02%55.61%50.56%
実技試験71.01%66.67%60.26%
参照:日本FP協会HP

FP2級の合格率は例年40%前後で推移すると言われますが、決して難関な資格ではありません。

私自身の体験から言っても、ある程度の勉強時間を確保し、効率的に勉強をすることができれば独学でもFP2級は合格可能です。

アーク

私がFP2級を受験した時は大学生で時間があったので独学を選択していますが、現在のように社会人として収入があり、あまり勉強に割く時間が取れないのであれば通信講座を活用していたかもしれません。

では、独学と通信講座のそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

↑目次へ戻る

独学のメリット/デメリット

独学のメリット・デメリット

独学は自分でテキストや問題集を選んで、自分のペースで学習するスタイルです。

自由度は非常に高いですが、勉強習慣がない人からすると苦手なイメージを持っているかもしれません。

では、独学のメリットとデメリットを紹介していきます。

独学のメリット

独学の主なメリットは以下の2つです。

  1. 費用が抑えられる
  2. 自分の好きな教材で勉強できる

①費用が抑えられる

まず、独学の最大のメリットとも言えるのが、費用を抑えられるということです。

私も独学でFP2級に合格していますが、かかった費用はテキスト代+問題集、受験料のみになります。

あくまで私の事例ですが、具体的な費用として

  • みんなが欲しかった!FPの教科書(2級・AFP):2,090円
  • みんなが欲しかった!FPの問題集(2級・AFP):1,980円
  • FP2級受験料:8,700円

の合計12,770円しかかかっていません。

FP2級の通信講座を受講する場合、相場は60,000円前後であり、格安の通信講座でも30,000円前後は費用がかかります。

これにFP2級の受験料8,700円がかかるので、それなりに費用が嵩んでしまいますね。

費用面で比較すると、独学はかなり安く抑えられるということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

②自分の好きな教材で勉強できる

2つ目のメリットは自分の好きな教材で勉強できるということです。

今は市販のテキストのラインナップや内容も非常に充実しており、本屋に足を運べば複数のテキストを簡単に比較できます。

実物を見れば、直感的に自分に合う合わないが分かると思いますし、自分に適した教材を選ぶことができれば勉強も捗るでしょう。

もちろん、通信講座も事前にテキストのサンプルを見ることができますが、実際に実物を触れるという点で市販のテキストの方が勉強するイメージは湧きやすいです。

また、市販のテキスト以外にも今はFP試験の合格をサポートするためのサイトやYouTubeチャンネルもあるのでコンテンツも充実しています。

独学のデメリット

一方、独学の主なデメリットは以下の3つが挙げられます。

  1. 挫折してしまう可能性あり
  2. 勉強効率が悪い可能性あり
  3. 法改正情報への対応が必要

①挫折してしまう可能性あり

独学の場合、自分の意思で勉強を継続しなければならないため、人によっては挫折してしまうことも少なくありません。

私は新卒で証券機関に入社しており、同期がFP2級を受験する姿をたくさん見てきましたが、計画的に勉強できる人もいれば、諦めてしまうといった人もいました。

独学で合格の鍵を握るのは自己コントロール力になりますので、自分で勉強できる自信がなければ通信講座を活用するのは有効な選択肢です。

②勉強効率が悪い可能性あり

独学は自分で学習管理しながら勉強を進めていかなければならないので、人によっては勉強効率が悪い可能性があります。

アーク

これは私自身が振り返ってみて感じたことでもありますが、結果的に他の人よりも多くの勉強時間を費やしました。

まあ、私がFP2級を受験した当時は学生で時間が有り余っていたので問題はないのですが、忙しい社会人の方であればなるべく最短のコースで合格したいはず。

勉強の効率面で考えると、通信講座は毎年研究に研究を重ねたカリキュラムが組まれているので効果的です。

ちなみに私も独学の実体験から、FP2級に独学で合格するための効率的な勉強法をアレンジしましたので、興味がある方は下記の記事を参照にしていただければ幸いです。

≫【FP2級】独学で学生時代に一発合格できたおすすめのテキストと勉強方法を紹介!

③法改正情報への対応が必要

独学の場合、法改正情報への対応が結構大変です。

FP試験の法改正は以下の日付時点で対応しなければなりません。

  • 9月試験…4月1日時点で施行されている法令等に基づいて出題
  • 1,5月試験…10月1日時点で施行されている法令等に基づいて出題

テキストまで買い替える必要はありませんが、法改正部分は試験に出題される可能性もあるので自分で調べる必要があります。

今の時代はFP試験の法改正について丁寧にまとめてくれているサイトも多いので、自分で調べる力があれば特に問題はないでしょう。

独学のテキストを用意する際はこういった法改正等も多いので、なるべく最新のテキストで勉強しましょう

↑目次へ戻る

通信講座のメリット/デメリット

通信講座のメリット・デメリット

次に通信講座のメリットとデメリットを紹介していきます。

通信講座は独学と通学の中間の位置付けとなる学習法です。

FP2級の通信講座の相場はだいたい60,000円前後となっていますが、今は低コストながら質も高い講座も増えてきているので、コストパフォーマンスが良くなってきています。

通信講座のメリット

通信講座の主なメリットは以下の4つが挙げられます。

  1. 勉強効率が良くなる
  2. 勉強せざるを得ない環境が手に入る
  3. 法改正情報への対応が容易
  4. 早くFP2級を取得できる

①勉強効率が良くなる

通信講座の代表的なメリットは勉強効率が良くなるということです。

運営会社は長年培ってきた経験やノウハウを蓄積しているので、FP試験の出題傾向や受験生が躓きやすいポイントを分かっています。

そして、受験に際しての注意点や受験のテクニックも学べるので、全て自分で情報収集をしなければならない独学と比較すると効率はいいです。

このように通信講座は毎年研究に研究を重ねたカリキュラムやテキストを提供しているので、独学と比べると勉強効率は非常に高くなります。

アーク

通信講座はお金がかかってしまいますが、忙しい社会人の方は時間をお金で買うといった発想で受講している人が多いです。

②勉強せざるを得ない環境が手に入る

これは少し語弊があるかもしれませんが、自身の高い身銭を切って通信講座を受講することによって勉強せざるを得ない環境が手に入ります。

人間、自分が出したお金で受講した講座についてはしっかりと勉強しなければといった心理が働くものです。

独学の場合、費用が抑えられるメリットがあるのですが、一方で気持ちが軽い人だと「まあ、次の試験でいっか」と先延ばしにしてしまいます。

通信講座は自分で選んでそれなりにお金を払っている感覚がありますし、講座に期限が設けられているところも多いので、目標達成の観点から見ても試験にコミットしやすいです。

また、講座によっては他の受講生の勉強時間や進捗が確認できるようなところもあるので、モチベーションも維持しやすいです。

どうしても次の試験でFP2級を取らなければならないといった方は通信講座を活用することをおすすめします。

③法改正情報への対応が容易

独学の場合は法改正情報を自分で入手する必要がありますが、通信講座だと法改正に対応してくれるところが多いです。

なので、調べる負担を軽減することができます。

法改正情報への対応も重要ではありますが、あまり時間をかけたくない部分ではありますので情報取得といった観点からも効率性がいいですね。

④早くFP2級を取得できる

これは通信講座によりますが、AFP認定研修に対応している講座であればFP3級を飛ばしていきなりFP2級を受験することが可能です。

もう一度FP2級の受験資格を掲載しておきます。

FP2級の受験資格
  • FP3級に合格している
  • AFP認定研修の受講が修了している
  • FP実務経験が2年以上ある

FPの実務経験がない人が独学でFP2級を受験する場合、FP3級に合格していなければなりません。

ただし、「AFP認定研修の受講が修了している」という条件を満たしていれば、FP3級に合格していなくてもいきなりFP2級を受験することができるんです。

つまり、FP2級への合格がゴールであるならば、AFP認定研修に対応した通信講座を受講することによってより早くFP2級を取得できる可能性があります。

アーク

証券会社の新卒時代、1年目の目標に「FP2級への合格」が掲げられていたので、同期は「AFP認定研修(基本課程)」の通信講座に申し込んでいた人が多かったです。(というより、早く取るために会社が推奨していた)

独学でFP2級を目指すと最短でもFP3級とFP2級の試験を2回受験しなければなりませんが、AFP認定研修に対応した通信講座を活用すれば、1回の試験で済みます。

FP2級をできる限り早く取りたいという方はAFP認定研修に対応した講座を受講しましょう。

≫3級を飛ばしてFP2級をいきなり受験する方法

通信講座のデメリット

一方、通信講座にも以下のようなデメリットがあります。

  1. お金がかかる
  2. 必ずしも合格できるとは限らない

①お金がかかる

通信講座には勉強効率が上がるといったメリットがある反面、その分お金がかかるといったデメリットがあります。

とはいえ、通信講座は資格取得のための時間を短縮するために効率的なカリキュラムやテキストをサービスとして提供しているので仕方がありません。

お金を抑えるために独学にするか、多少のお金は支払ってでも効率よく資格取得を目指すかといった観点からしっかりと考えてみてください。

もし、費用面も抑えながら、しっかりとした通信講座を受講したいと考えている人がいれば、以下の記事を参考にしてみてください。

相場の半分以下の金額ながら質も高いおすすめの通信講座を2つ紹介しています。

≫【FP2級】通信講座のおすすめは?費用は安いのに高品質な2つの講座を紹介!

②必ずしも合格できるとは限らない

通信講座にお金を払ったからといって必ずしも合格できるわけではないということにご留意ください。

各通信講座は年々講座の内容を改善していますが、それでも合格率100%とはなりません。

また、人によっては通信講座を受講していても様々な誘惑に負けてしまい、勉強する時間が足りず不合格というケースもあり得ます。

独学よりも合格率は高いと言われる通信講座でも結局は自分の頑張り次第であるということは忘れないでください。

あくまでも通信講座は合格をサポートするためのツールです。

↑目次へ戻る

まとめ:お金と時間のコストどっちを選ぶか?

以上、FP2級を取得するにあたって、独学と通信講座のそれぞれのメリット・デメリットを紹介させていただきました。

最後にこれまで紹介してきた内容をもとに、独学が向いている人と通信講座が向いている人の特徴を挙げてみます。

独学が向いている人
・費用を抑えたい
・時間に余裕がある
・自分で勉強することが苦ではない
・分からない点を自分で調べることができる
・既にFP分野の知識をある程度有している
通信講座が向いている人
・仕事が忙しく、勉強する時間があまり取れない
・効率的に勉強したい
・早くFP2級を取得したい
・スマホ学習など積極的にスキマ時間を活用したい
・自分で計画的に勉強することが苦手

様々な特徴を挙げてみましたが、結局のところお金と時間のコストのどっちを選ぶかだと思います。

私はたまたまFP2級の取得を志したのが、時間に余裕があってお金に余裕がなかった学生時代だったので独学を選択しました。

でも、私が新卒で入社した証券会社のように入社1年目の目標に「FP2級の取得」が掲げられているのであれば、早くFP2級を取得するために通信講座を選んでいたと思います。

独学と通信講座にはそれぞれの良さがありますので、ぜひ本記事を参照にご自身に合った方法を選択していただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


【関連記事】

FP2級を独学で合格したい方に向けて、自身の体験談をもとにおすすめのテキストと効率的な勉強法を紹介しています↓

FP2級の通信講座の相場は60,000円前後ですが、半分の30,000円を切りながら質も高いと評判のおすすめの通信講座を2つ紹介しています↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる