FP資格

【実体験有】アーティスのAFP認定研修が最安かつサポートも手厚くおすすめ!

【実体験有】アーティスのAFP認定研修が最安かつサポートも手厚くおすすめ!

「FP2級に合格できた!次はAFP資格に挑戦しよう!」と意気込んでいるものの、AFP資格の取得方法が分かりにくい…と感じている方もいらっしゃると思います。

特に、AFPはFP3級や2級とは違って自分で認定教育機関を選ばなければならないのが少し難しいですよね…

私もFP2級に合格したのちに、上位資格のAFP取得を目指しましたが、資格取得方法や認定教育機関を自分で選ぶ点に苦労した経験があります。

自分なりにAFPの認定教育機関を調べて比較した結果、アーティス(資格対策ドットコム)のAFP認定研修(技能士課程)を受講しましたが、受講料も最安でテキスト等のサポートもしっかりしていて非常に良かったです。

私がAFPに認定されたのはお金がない学生時代でしたので、受講料が最安のアーティスのAFP認定研修の存在は非常にありがたかったですね。

受講料が最安だと、その分サポートも手薄いんじゃないの…?

と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には全く不便を感じませんでした。

これから「アーティスのAFP認定研修」を受講しようか迷っている方もいらっしゃるかと思いますので、本記事では私が実際にアーティスのAFP認定研修を受講した体験談をもとに、おすすめのポイントやAFP認定研修合格までの流れを紹介します。

私と同じようにできる限り費用をかけずにAFP認定研修を受講したいという方の参考になる記事となっておりますので、ぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

アーティスのAFP認定研修を見る

アーク

この記事を書いた人

  • 学生時代にFP3級、FP2級、AFP資格を取得(全て一発合格)
  • 金融機関に約3年半勤めており、FPとしての実務経験あり
  • サイドFIREを目指して資産形成に取り組む

AFP認定研修とは

まずは、AFP資格について概要を説明します。

AFPとは、Affiliated Financial Plannerの略で、日本FP協会が認定するファイナンシャル・プランナーの民間資格です。(参照:「AFP資格とは?」日本FP協会)

FP3級や2級と違うのは、AFPはより実践的なFP知識を有している信頼の証になり得る資格であるということです。

AFP資格は、FPとして必要かつ十分な基礎知識を持ち、相談者に対して適切なアドバイスや提案ができるFP技能を習得した者に与えられる資格です。日本FP協会では資格認定に際して「教育」「試験」「倫理」を重視し、健全で質の高いFPの育成に努めるとともに、継続的な能力の維持向上を図っています。

日本FP協会

AFP資格認定者になるためには、日本FP協会認定の教育機関が実施するFP講座(AFP認定研修)を修了し、指定試験に合格するなど一定の要件を満たす必要があります。

AFP認定者への道(引用:FP協会HP)
参照:「AFP認定者になるには」日本FP協会

上図のようにAFPに認定されるまでのルートは複数あります。

順番の前後はありますが、FP2級への合格とAFP認定研修の修了が必須となっていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

アーク

ちなみに私はFP3級に合格→FP2級に合格→AFP認定研修(技能士過程)という順序でAFPに認定されることとなりました。

≫AFPになるには?【資格取得までの流れを解説】

さて、前置きが長くなりましたが、AFPになるためにはAFP認定研修が必要ということがお分かりいただけたでしょうか。

AFPに認定されるまでの流れを理解したら、さっそくAFP認定研修が受講できる講座を探してみましょう!

と言いたいんですが、AFP認定研修を提供している認定教育機関は43団体もあって「結局どこにしたらいいの…?」と迷いが生じます…(AFP認定研修の検索ページ

アーク

そこで私がおすすめしたいのが、最安で受講できるアーティスのAFP認定研修です!

【実体験】アーティスのAFP認定研修がおすすめな理由

では、実際に私も受講したアーティスのAFP認定研修についておすすめしたいポイントを3つ紹介します。

  1. 受講料が最安
  2. e-mailによる質問受付・回答サービス有り
  3. 提案書作成の手引きがついているので提案書も作りやすい

①受講料が最安

学生時にAFPを目指した私にとって何より決め手となったのが、アーティスのAFP認定研修の受講料が他の認定教育機関の研修と比べて圧倒的に安かったということです。

以下の表に、主要な認定教育機関のAFP認定研修(通信講座形式)の受講料をまとめてみました。

認定教育機関基本過程技能士過程
アーティス22,000円8,800円
日本投資環境研究所22,000円10,450円
きんざい33,000円講座なし
FPK研修センター35,200円8,800円
ユーキャン64,000円講座なし
資格の大原65,100円20,300円
TAC101,000円23,100円

ご覧いただければお分かりのとおり、アーティスが手がけるAFP認定研修が基本過程、技能士過程のどちらにおいても受講料が最安となっています。

低価格の理由

当社のeラーニングが比較的低価格なのは、一般の資格教育会社に必要な「教室の賃借料や講師の人件費などの教材制作には直接関係のないコスト」が不要だからです。

当社は、不要なコストを省くことで、コンテンツの作成に原資と労力を集中し、低価格を実現しました。

資格対策ドットコム by ARTIS

基本課程と技能士課程の違いを簡単にまとめました。

基本課程まだFP2級の資格を保有していない人向けの講座
FP2級の受験対策もすることができ、本課程を修了することでFP2級の受験資格も与えられる
技能士課程既にFP2級を保有している人向けの講座
FP2級の合格後に受講するため、基本課程よりも短期間の通信講座で研修を修了することができる
アーク

私はFP2級の合格後にAFPを目指したので、アーティスの技能士過程(8,800円)を受講しましたが、基本過程と技能士過程の受講料は1万円以上違いますね…

②e-mailによる質問受付・回答サービス有り

受講料が最安ならその分サポートが手薄いんじゃないの…?

私もこんな不安を受講前に抱えていましたが、受講した感想としては全然心配いりませんでした。

まず、大前提としてAFPってそこまで難易度が高いような資格ではないんです…

≫【AFP認定者が解説】AFP資格の難易度は?

もちろん、より実践的なFP知識を有しているという点で履歴書等に書くことができ、就職活用や転職活動で差別化の材料にはなりますよ。

アーク

ただ、実際に私がFPの実務経験も何もない学生だった頃でもなんとか独学で合格できたレベルなんで安心してください!

それにもし、アーティスのAFP認定研修を受けていて分からないことがあったらe-mailにて回数無制限で質問できます。

受講料が最安にもかかわらず、何度でも質問できるなんてかなり良心的です。(質問回数に上限がある通信講座もあります。)

加えて、後述する提案書作成の手引きがついていて、かなり分かりやすいので結局私は質問することなく提案書を作成することができました。

サポート面も手厚いので安心ですね。

ちなみにアーティスという会社は400社以上の金融機関、100以上の団体、事業法人との取引実績があり、eラーニングサービスは年間30万人超に利用されています。

③提案書作成の手引きがついているので提案書も作りやすい

AFPはより実践的なFP知識が求められるので、課題として提案書の作成があります。

アーク

私もAFP認定研修時はFPの実務経験もないただの学生だったので、「実際に提案書なんて作成できるかな…」と不安でした。

ただ、アーティスのAFP認定研修は提案書作成の手引きというものがついており、これを参考にするとかなり提案書が作りやすいです。

分からない点があればe-mailで質問し放題とサービスも手厚いですが、この提案書作成の手引きが分かりやすくて結局質問することなく提案書を作成することができましたね。

具体的な提案書作成のイメージは後述します。

アーティスAFP認定研修合格までの流れ

では、実際のアーティスAFP認定研修修了までの流れを説明します。

基本過程の場合はFP2級に合格するための知識の習得が求められるため、①確認テストへの合格と②提案書の作成の2つがAFP認定研修修了の要件となります。

技能士過程の場合は既にFP2級に合格していることから①確認テストの合格は不要であり、②提案書の作成のみがAFP認定研修修了の要件となります。

アーティスAFP認定研修受講料
基本過程22,000円
技能士過程8,800円

①確認テストへの合格

基本過程において求められる確認テストへの合格ですが、難易度は非常に易しいです。

内容としては、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の6分野別に20問の確認問題が用意されています。

各回60点が合格点と定められていますが、合格するまで何度でも受験が可能です。

基本課程では、

  • WEB版学習テキスト
  • 冊子版学習テキスト
  • 理解度チェックテスト(練習問題)
  • レベルチェックテスト(模擬試験)
  • 過去問題

もついているのでこれらを活用すれば難なく確認テストは合格できると思います。

②提案書の作成

基本過程、技能士過程のどちらにも求められるのが提案書の作成です。

内容としては与えられた顧客の情報と相談内容をもとに自身がFPになったつもりで「提案書」と「キャッシュフロー表」の2つを作成する課題となっています。

WEB上に提案書(Wordファイル)とキャッシュフロー表(Excelファイル)のフォーマットが用意されているのでダウンロードし、そのフォーマット上に完成させた課題をWEB上にアップロードする形での提出となります。

こちらも合格基準は60点以上となっており、仮に60点に満たない場合は再提出することができます。

私は一発で通過できましたが、提案書が再提出となった場合は合格に向けたアドバイスがもらえるとのことなので安心です。

ちなみに提案書の採点結果は点数のみしか表示されません。

アーティスのAFP認定研修のイメージ

(参考)提案書のイメージ

注意点

AFP認定研修の注意点としては、修了要件が研修開始日から1カ月以上1年以内となっていることです。

あまりに早く課題が終わったとしても最低1ヶ月は待たないといけませんし、ゆっくりしすぎて1年の期限を過ぎてしまったということにならないように注意しましょう。

また、提案書の作成にてWordとExcelを使用するため、「Microsoft Word」と「Microsoft Excel」が利用できる環境を整える必要があります。

AFP認定手続き

AFP認定研修修了の要件を満たすと、AFP認定研修の「修了証明書」が送られてきます。

この修了証明書に13桁の「受講者番号」が記載されているので大切に保管しておきましょう。

AFPの資格登録手続きについて必要な書類を以下にまとめました。

FP2級に合格し、AFP認定研修を終えた場合は上記の4つの書類を手元に用意し、FP協会の資格登録手続きページよりAFPの登録手続きを行いましょう。

登録手続き完了(承認)の翌月にAFP資格の認定がなされます。

ちなみに私はAFP認定時は学生だったので学生割引制度を活用し、以下のような恩恵が受けられました。

  • 入会金(10,000円)の免除
  • 初年度の年会費半額(12,000円→6,000円)

学生でAFPを目指している方は在学中にFP協会に入会すると費用面で大きなメリットがありますので、卒業するまでにAFP認定要件を満たしておくといいですね。

まとめ:アーティスのAFP認定研修は最安でサポートも手厚い

以上、実際に私が受講した体験談も踏まえてアーティスのAFP認定研修のおすすめポイントを紹介させていただきました。

当時学生だった身として、AFP認定研修(技能士課程)が8,800円と最安ながら提案書作成の手引きなどのサポートがしっかりしている点は非常にありがたかったです。

  • AFPってそこまで難易度は高くない
  • 分からないことがあればe-mailで質問できる(回数制限なし)
  • 提案書作成の手引きもしっかりしている

ということや私の実体験を踏まえて、これからAFP認定研修を受講しようとしている方にはアーティス(資格対策ドットコム)のAFP認定研修をおすすめしたいです。

費用を抑えながら、しっかりと手厚いサポートも受けられますのでいい選択肢だと思いますよ。

アーティスのAFP認定研修を見る