FP資格

【AFP資格取得までの流れを解説】FP3級→2級→AFPの順番がオススメ!

AFP資格取得までの流れを解説

FPとして必要かつ十分な基礎知識を有し、相談者に対して適切なアドバイスや提案ができる信頼の証としてAFP資格があります。

「より実践的なアドバイスができるようにAFP資格を取得したい!」と意気込んでいるものの、
実際にAFP資格取得までの流れがいまいち分かっていないという方は多いのではないでしょうか。

私も学生時代にFP資格に魅了され、AFP資格まで実際に取得することができましたが、FP3級、2級、AFPと様々な資格があり、どういう順序で取り組んでいけばいいのか分かっていませんでした。

そこで本記事では、AFP資格の取得を目指している方に向けて、AFP資格の取得に至るまでの流れを解説していきます。

また、AFPになるためには様々なルートがありますが、私の体験談も交えておすすめのルートも併せて紹介しますので、これからAFPを目指している方に参考にしていただければと思います。

こんな人におすすめ!!

・AFP資格の取得を目指している
・AFP資格取得までの流れを知りたい
・知識を身につけながら、できる限り費用を抑えてAFPを目指したい

AFP資格取得までの流れ

FP資格には、国家資格のFP技能士資格(1級∼3級)民間資格のAFP・CFPがあります。

国家資格のFP技能士資格は難易度の易しい順にFP3級→2級→1級となっています。

民間資格のAFP・CFPについては難易度の易しい順にAFP→CFPとなっています。

合計で5つのFP資格が登場しましたが、ここでは分かりやすくFP3級→FP2級(AFP)→FP1級(CFP)のようなイメージで難易度が高くなってくることを抑えていただけたらと思います。

では、本題のAFP資格取得までの流れを解説していきましょう。

AFPになるまで
参照:「AFP認定者になるには」日本FP協会

上図のようにAFPに認定されるまでのルートは複数ありますが、AFPに認定されるための要件は以下の3つです。

そして、この認定要件を満たすことのできるAFP資格取得のルートは以下の3つです。

FP3級を持っていない/FP実務経験2年未満の人向け
①AFP認定研修(基本過程)の修了→FP2級に合格

FP3級を持っている/FP実務経験2年以上ある場合
②FP2級に合格→AFP認定研修の修了(技能士過程)
③AFP認定研修(基本過程)の修了+研修受講中にFP2級に合格

順番の前後はありますが、AFPに認定されるにはFP2級への合格AFP認定研修の修了を満たす必要があることが分かります。

なぜ、AFP資格取得のルートが3つもあるのかというと、それはFP2級に受験資格が設けられているからです。

FP3級に既に合格していたり、金融機関などに勤めていてFP実務経験が2年以上ある人はFP2級の受験資格があるので、FP2級に合格してAFP認定研修(技能士過程)を修了するか、AFP認定研修(基本過程)の修了して研修受講中にFP2級に合格すればAFPになれます。

一方、FP3級を持っていなかったり、FPの実務経験が2年未満だったとしてもAFPの認定研修の受講が修了していればFP2級の受験資格を得ることができるので、AFP認定研修(基本過程)の修了→FP2級に合格といったルートでAFPになることもできます。

FP3級→FP2級→AFPの順番がオススメ!

AFPに認定されるには主に3つのルートがありましたが、これからAFPを目指したいという方におすすめしたいのはFP3級→FP2級→AFPの順番です。

私も大学3年生の時にFP3級に合格し、4年生になってFP2級に合格し、直後にAFP認定研修(技能士過程)を修了したことでAFPに認定されました。

このFP3級→FP2級→AFP認定研修(技能士過程)のルートがおすすめできる理由は以下の2点にあります。

①体系立てて順序良くFPの知識を身につけられる
②AFPになるための費用が安い

まず1つ目の利点が、体系立てて順序良くFPの知識を身につけられるということです。

FP資格の勉強範囲は「ライフプランニング」「リスクと保険」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の6分野に広く分かれており、最初は「こんなに多くのことを覚えられるかな…」と不安になるかと思います。

なので、まずは難易度の一番低いFP3級資格に挑戦し、FP3級に合格することができたらFP2級に挑戦して、FP2級に合格することができたらAFP認定研修(技能士過程)に挑戦するといった順序をおすすめしています。

このような順番で取り組むとFP3級の受験を通じてFPの基礎知識を身につけることができ、FP2級の受験を通してより深い知識を身につけることができ、AFP認定研修(技能士過程)を通じてこれまで学んだFP知識をアウトプットすることができるようになります。

少しずつステップアップしていけるので、モチベーションの観点からも継続がしやすいです。

また、FP3級に合格したら知識を忘れないうちにすぐにFP2級の試験に申し込むといったようにすると、また一から覚え直すといった手間が省けるので効率的です。

2つ目の利点がこのルートがAFPになるための費用が一番安くなるということです。

まず国家資格のFP3級と2級についてですが、仮に一発合格したとしてもFP3級は6,000円(学科3,000円+実技3,000円)、FP2級は8,700円(学科4,200円+実技4,500円)の受験料がかかります。

そして、AFPの認定研修は認定教育機関によって以下のように費用も変わってきますが、私が実際に受講しておすすめしている最安のアーティス(資格対策ドットコム)でも基本過程は22,000円技能士過程は8,800円かかります。(参照記事:『【実体験有り】アーティスのAFP認定研修が最安かつサポートも手厚くおすすめ!』)

認定教育機関基本過程技能士過程
アーティス22,000円8,800円
日本投資環境研究所22,000円10,450円
きんざい33,000円講座なし
FPK研修センター35,200円8,800円
ユーキャン64,000円講座なし
資格の大原65,100円20,300円
TAC101,000円23,100円

なので、FP3級→FP2級→AFP認定研修(技能士過程)を一発合格でクリアした最安の費用でも合計23,500円かかります。

基本過程と技能士過程の費用を比較していただければ一目瞭然ですが、10,000円以上値段に差があります。

仮にAFP認定研修(基本過程)→FP2級を一発合格でクリアした場合の最安の費用は合計で30,700円となりますので、少し割高になってしまいます。

このように体系立てて順序良くFP知識を身につけられるという点とAFPになるための費用が一番安くなるといった側面からFP3級→FP2級→AFP認定研修(技能士過程)をおすすめしています。

ただ、このルートにもデメリットがありまして、それが時間がかかるということです。

FP3級とFP2級の試験は5月、9月、1月と年に3回実施されておりますが、FP3級に合格してFP2級に合格するためには最短でも2回試験を受けなければならないので5ヵ月以上はかかります。

なので、できる限り早くAFP資格を取得したいという場合はAFP認定研修(基本過程)を修了して、FP2級に合格するといったルートがいいかもしれませんね。

ちなみにAFP認定研修の申し込みはいつでも可能です。

まとめ:AFP資格を取得しよう!

以上、AFP資格の取得までの流れと個人的におすすめのFP3級→FP2級→AFP(技能士過程)といったルートを紹介させていただきました。

FP3級、2級、AFP資格までは難易度もそれほど難しくはなく、ある程度の勉強時間の確保と効率的な勉強法を用いることで合格可能だと思います。

FP3級/2級/AFP別のおすすめのテキストと勉強方法については以下の記事で紹介しているので併せて参考にしていただけたら幸いです。

ぜひ、AFP資格を取得してみたいと思った方はAFP資格にチャレンジしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。