FP資格

【FP3級は独学で合格可能】おすすめのテキストと効率のいい勉強法を紹介!

これからファイナンシャルプランナー(FP)3級の資格試験に挑戦してみようと考えている人は以下のような悩みを持たれているかもしれません。

・FP3級って独学で合格できるの?
・FP3級を受験するにあたっておすすめのテキストは?
・FP3級に合格するために効率のいい勉強方法ってある?

FP3級はファイナンシャルプランナーの入口とも言える資格試験であるため、まず何からはじめたらいいのか疑問を抱えるのは当然です。

実際に私もFP3級の試験に挑戦したのは特に知識もなかった大学3年生の時でしたが、当時は自分なりに独学で勉強して1発合格することができました。

本記事では、学生の時に独学でFP3級に一発合格した自分の体験も踏まえながら、これからFP3級に独学で挑戦しようとしている方に向けておすすめのテキストと効率のいい勉強法を紹介したいと思います。

FP資格は生きていくうえで必要不可欠なお金に関する総合的な知識を身につけられる魅力的な資格ですので、本記事を参照にFP3級資格に挑戦していただければ幸いです。

こんな人におすすめ!!

・これからFP3級資格に挑戦する
・FP3級のおすすめのテキストを知りたい
・FP3級に合格するための効率のいい勉強方法を知りたい

FP3級の資格概要

まずはFP3級の資格概要を抑えておきましょう。

FP3級の資格概要

試験日  :第1回(5月)、第2回(9月)、第3回(1月)

試験種類 :学科+実技

受験手数料:学科(3,000円)、実技(3,000円)

合格率  :学科…83.25%/実技…76.65%【2021年5月】
     (試験結果データはFP協会のHPよりご確認いただけます。)

FP3級の資格は受験資格に制限はありません。誰でも受験することができます。

試験は5月に第1回、9月に第2回、1月に第3回と4カ月ごとに年3回実施されています。

FP3級の受験科目は学科と実技の2種類があり、双方に合格することでFP3級の資格を取得することができます。

試験種類出題形式問題数試験時間合格基準
学科筆記(マークシート形式)60問120分36点以上
(60点満点)
実技筆記(マークシート形式)20問60分60点以上
(100点満点)

学科、実技ともに筆記(マークシート方式)で合格基準は6割です。

簿記などの他の資格と比較すると合格基準が低く設定されているのがFP試験の特徴で、それ故に合格率も高くなっています。

受験にかかる費用は学科、実技ともに3,000円で合計6,000円かかります。

資格概要をこれまで説明させていただきましたが、そこまで難しい試験だと感じた方は少ないのではないでしょうか。

これから紹介するテキストと勉強法を参照にしていただければ全然独学で合格可能な資格ですので、安心していただけたらと思います。

FP3級のおすすめテキスト

私がFP3級の取得に際して非常におすすめしているテキストは滝澤ななみさんの『みんなが欲しかった!FPの教科書』です。

この『みんなが欲しかった!FPの教科書』は私も重宝していましたが、圧倒的な受験生の支持で売上No.1を獲得しているくらい人気です。

実際にFPの試験会場に行くと、試験前にこのテキストを見直している人が多いことは一目瞭然です。

『みんなが欲しかった!FPの教科書』の最大の特徴はフルカラー印刷で見やすく、図解や解説も丁寧で非常に分かりやすいということです。

FP3級をはじめて受験しようと考えている方はまだFP分野の知識が身についていない人が大半だと思いますので、このようなテキストは1冊用意しておくと便利です。

また、板書でまとまったポイントはPDFファイルでダウンロードすることができ、スマホ学習にも対応している点が非常によかったです。

私も電車での移動やちょっとした隙間時間にポイントを整理できるように、PDFファイルをスマホに落とし込んで閲覧していました。

問題を実際に解く場合はFP協会が公表している過去問をやってみるのが一番おすすめではありますが、過去問には解説がついていないので解説ありで問題を解きたいという方は『みんなが欲しかった!FPの問題集』 も揃えておくといいと思います。

FP3級の効率のいい勉強法

人によって差はあるものの、FP3級に合格するために必要な勉強時間は約2週間~1,2ヶ月くらいが妥当だと思います。

でも、どうせなら効率よくFP3級の知識を学んで最短コースで合格したいですよね。

私はさきほど紹介した滝澤ななみさんの『みんなが欲しかった!FPの教科書/問題集』を繰り返し活用することでFP3級試験は一発合格することができましたが、今振り返るともっと効率的な勉強法があったことに気づいたので紹介します。

最も効率がいいと考えるFP3級の勉強法がこちらです。

①  FP3級の過去問を解く
②  分からなかった、間違えた箇所を解説やテキストを読んで確認する
+α 空いた時間にスマホ学習

①FP3級の過去問を解く

まずはFP3級の過去問を解きましょう。(FP3級の過去問はFP協会のHPより確認できます。)

「え、知識がないのにいきなり過去問なんて解ける訳ないじゃん…」
と思われた方もいらっしゃると思います。

ただ、効率よくFP3級に合格したいのであれば、問題をひたすら解くといったアウトプット中心の勉強方法がおすすめです。

精神科医として活躍されている樺沢紫苑さんの著書『学びを結果に変えるアウトプット大全』ではインプットとアウトプットの黄金比を3:7と定義しており、アウトプットしないインプットは意味がないと述べています。

さきほど紹介した『みんなが欲しかった!FPの教科書』を最初に一通り読んだとしても、実際に問題を解くというアウトプットを通さなければ知識は定着しにくくなります。

また、日本女子大学人間社会学部心理学科教授、竹内龍人さんの著書『進化する勉強法』では、テストを受けるだけで学力が上がるという「テスト効果」が実証されています。

テキストを読むだけの復習よりもテストによる復習に時間を使う方が得点が向上するため、テストを利用して自分で思い出す努力をする復習方法こそが効率的かつ効果的な学習方法だと述べられています。

こういった最新の知見に基づくと、FP3級に合格するための勉強法としてはまずは過去問を解いてみることをおすすめします。

②間違えた箇所を解説やテキストで確認

実際にFP3級の過去問を解いてみたら答え合わせをしましょう。

そして、分からなかった問題や間違えた問題について解説やテキストを読みながら知識をしっかり定着させていきます。

ただ、FP3級の過去の問題と解答はFP協会のHPに開示されていますが、解説まではされていないので注意が必要です。

FP3級の過去問の解説を参照したいという場合は無料でFP3級の過去問が解説されている「目指せ一発合格!3級FP過去問解説」というサイトがおすすめです。

また、その際に関連する知識を学ぶために『みんなが欲しかった!FPの教科書』が分かりやすくまとまっているので参照にするといいと思います。

+α:空いた時間にスマホ学習

+αでやっておくと便利なのが電車などの隙間時間を活用したスマホ学習です。

FP試験は知識の有無で点数に左右される場面が多いので、知識は忘れないように定着させておく方が有利になります。

さきほど紹介した『進化する勉強法』でも、学習の理論からいえば、忘れないためには何より復習が重要だと述べています。

そしてこの復習についても一度にまとめて学習する集中学習よりも間隔をあけて復習を繰り返すという分散学習の方が効果的です。

なので、先ほど紹介した「目指せ一発合格!3級FP過去問解説」というサイトや『みんなが欲しかった!FPの教科書』のPDFをスマホに落とすなどして、ちょっと空いた時間にスマホ学習するとより知識は定着するようになります。

私はよく電車の移動時間等に『みんなが欲しかった!FPの教科書』の板書がまとまったPDFを読んでポイントを整理していました。

まとめ:FP3級は独学で合格できる!

以上、ファイナンシャルプランナー(FP)3級資格について資格概要とおすすめのテキスト、効率のいい勉強法を紹介させていただきました。

FP3級の試験は一夜漬けで合格できるほど超簡単な試験ではありませんが、そこまで難しくもありません。

ある程度の勉強時間を確保して効率よく勉強していけば独学で合格は可能です。

ぜひ本記事を参考にFP3級の勉強を進めていただけたら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

以下の記事では、FP3級/2級/AFP別におすすめのテキストと効率的な勉強方法を紹介しています↓