【書評/要約】『ゆるFIRE』ちー|副業×ミニマルライフ×投資でサイドFIRE

【書評/要約】『ゆるFIRE』ちー|副業×ミニマルライフ×投資でサイドFIRE

完全リタイアのFIREは難易度が高いけれども、ある程度の資産を築いて自分のペースで好きな仕事を緩くやりながら余暇も楽しみたい!

なんて思ったことはありませんか?

そんな方にぜひ読んでいただきたいのが、30代前半でサイドFIREを実現したちーさんの著書『ゆるFIRE』です。

¥1,568 (2022/04/25 12:11時点 | Amazon調べ)

本書はFIREの種類の中でも比較的実現難易度の低い「サイドFIRE」をテーマに扱っており、サイドFIREよりも少しゆとりが持てる生き方、”ゆるFIRE”の考え方やノウハウが学べる内容となっています。

これまで出版されているFIRE本にはサイドFIREをメインで取り扱ったものはほとんどないですし、サイドFIREであれば普通の人でもちょっと頑張れば到達できるので非常に参考になります。

アーク

私も個人事業主×ミニマルライフ×長期投資でサイドFIREを目指しているので、個人的にはドンピシャな本でした!

本記事では『ゆるFIRE』のおすすめポイントと要点を紹介していきますので、本書に興味を持たれている方の参考にしていただければ幸いです。

本書のおすすめポイント
  • これまであまりなかった「サイドFIRE」をメインとした本
  • サイドFIREよりもゆとりが持てる「ゆるFIRE」の考え方やノウハウが学べる
  • カラーで図解も多くて非常に読みやすい!
目次

著者:ちー(アラサーdeリタイア管理人)

著者は元平凡アラサーOLが「ミニマルライフ×副業×資産運用」でセミリタイアした生活を伝えるブログ「アラサーdeリタイア」の管理人、ちーさんです。

ちーさんに対するイメージとして若い頃から仕事ができるミニマリズム思考の方だと思っていましたが、元々は年収300万円未満の事務職OLでゴミ屋敷に住んでいたほどのズボラ人間だったとのこと。

決して高収入でもなければ、極端な節約生活をしていたわけでもなく、投資でひと山当てたわけでもありませんが、

  • 稼ぐ(本業×副業)
  • 貯める(ミニマルライフ)
  • 増やす(投資)

の3つをコツコツと取り組んだことによって、30代前半で3000万円の資産形成に成功しています。

2018年末より、生活費の半分を投資資金である3000万円から出る利益で賄い、残りの半分を事業収入で賄うサイドFIRE生活に突入。

現在はYoutubeチャンネル「ちーのはんぶん自由な日々」も運営されています。

アーク

私もミニマリズムの思考をベースにサイドFIREを実現したいなと思っていた時にちーさんのチャンネルを見つけました!毎回動画見てます!

本書の構成は以下のとおり。

  1. ゆるFIREのキホン
  2. 本業×副業で稼ぐ
  3. ミニマルライフで貯める
  4. 投資信託で増やす
  5. いよいよゆるFIRE!

FIREの基本的な内容や「ゆるFIRE」の考え方を学んだあとに、「稼ぐ→貯める→増やす」の順番でゆるFIRE達成までの道のりや具体的なノウハウが紹介されています。

また、最終チャプターでは目標資産額が見えてきたところでの確認すべき事項がまとめられています。

アーク

この点は意外と見落としがちかもしれないですし、既にサイドFIREを実現している方の観点から紹介されているので参考になると思います。

ゆるFIREとは

本書でちーさんが提唱している「ゆるFIRE」の定義がこちら。

ゆるFIREを一言で表すと、「必要生活費の20倍の資産をつくって、そこから得られる資産収入(2.5%ルール)と労働収入のハイブリッドで生活していくサイドFIRE」。

『ゆるFIRE』p44より

一般的なサイドFIREとの違いをまとめてみました。

サイドFIREゆるFIRE
必要となる金融資産額年間生活費の12.5倍年間生活費の20倍
資産収入の前提4%ルール2.5%ルール

≫サイドFIREとは?セミリタイア型の理想のライフスタイル!!

FIRE界隈には資産の取り崩し方法として「4%ルール」を採用するケースが一般的ですが、ゆるFIREでは「2.5%ルール」が取り入れられています。

≫「4%ルール」を意識したポートフォリオを作るには?FIREするための最適な出口戦略を紹介!

「4%ルール」よりも低率の「2.5%ルール」を採用することで、

  • 相場の暴落が起こったとしても取り崩しやすい
  • 税金分を考慮しても2%前後は緩やかに上昇していくため、精神衛生上も良い

といったメリットがあります。

FIRE後の相場暴落に関してはどのFIRE本でも懸念点として触れられているので、こうやって取り崩し方法にゆとりを持たせておくのは1つの戦略として有効ですね。

年間生活費が200万円の人がゆるFIREを目指すなら、4,000万円の金融資産を構築して毎年2.5%(=100万円)取り崩し、手取りで100万円の労働収入を賄うといったイメージです。

通常のサイドFIREよりもゆとりを持たせている分、必要となる金額は大きくなりますが、普通の人よりもちょっと多い努力で到達できると述べられています。

ゆるFIREするために取り組むべき3つのこと

そして、ちーさんがゆるFIREを実現するまでにやってきたことがシンプルに以下の3つです。

  • 稼ぐ=本業×副業
  • 貯める=ミニマルライフ
  • 増やす=投資

【資産形成の公式=収入ー支出+(資産×運用利回り)】を押さえており、普通の人よりもちょっと多く稼いで、支出を抑えて、より多くの資金を投資に回すといった内容ですね。

これらを地道に積み重ねていけば、普通の人でもゆるFIREを実現することができます。

なんか特別な方法という訳ではなく、地味だと感じたかもしれませんが、それ故に再現性は非常に高いと思います。

具体的な考え方や行動については、本書で1チャプターずつ丁寧に解説されておりますので、気になる方は本書を手に取ってみられてください。

まとめ:サイドFIRE×ミニマルライフを目指して

以上、ちーさんの著書『ゆるFIRE』の要点とおすすめのポイントを紹介させていただきました。

私自身も個人事業主×ミニマリズム×長期投資でサイドFIREを目指していたので、本書の考え方には共感できる部分が非常に多かったです。

改めて、サイドFIREは非常にバランスの取れた生き方だと思いましたし、ミニマルライフを加えることによって支出を落としながらも自分の大切なことに集中できると感じました。

私も本書で学んだことをしっかりと活かしながらこれからもサイドFIREを目指して資産形成に取り組んでいきたいと思います。

サイドFIREに興味・関心がある方は非常におすすめな本ですので、ぜひ手にとって読まれてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

¥1,568 (2022/04/25 12:11時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる