FIRE

FIRE(早期リタイア)するために必要な金額は?目安は年間生活費の25倍

早く労働から解放されたい…
FIREっていう希望のある生き方を見つけたんだけど、結局いくら資金を貯めないといけないの?

FIREとは、Finacial Independence,Retire Earlyの略語で、経済的に自立して早期退職(アーリーリタイア)を目指すライフスタイルのことを指します。

近年、欧米を中心に広まった考え方で、FIREという概念に出会ったことで希望を見いだし、FIREを目指して資産形成に取り組んでいるという方も多いのではないでしょうか。

このFIREを実現するために必要な金額ですが、一般的には年間生活費×25倍が目安とされています。

本記事では、FIREを実現するために必要な金額について根拠を交えながら解説していきたいと思います。

アーク
アーク
私もサイドFIREを目指して資産形成に取り組んでいます!

ぜひ、FIREを目指して資産形成に取り組んでいる方々の参考となれば幸いです。

こんな人におすすめ!!

・FIREを目指して資産形成に取り組んでいる
・FIREするために必要な金額を知りたい
・FIREに必要な目標金額算出の根拠を知りたい

FIREするために必要な金額は年間生活費の25倍

FIRE(早期リタイア)するために必要な金額は年間生活費の25倍が目安とされています。

1億円あれば早期リタイアできるといった具体的な数字が定められている訳ではなく、個々人の年間生活費をもとに必要な金額は変わってくるということです。

このFIREするために必要な目標金額算出の根拠には「4%ルール」という考え方があります。

4%ルールとは、生活費を投資元本の4%に抑えることができれば、資産を目減りすることなく暮らしていくことが可能だというシンプルな仮定です。

1998年に米国のトリニティ大学で発表された「資産運用に関する論文(トリニティスタディ)」で提唱されたものですが、この論文ではポートフォリオの4%の資金で1年間の生活費が賄えれば、貯蓄が30年以上持続する可能性が95%であるといった結論が導きだされています。(参照:「4%ルール」はセミリタイアを見据えた最適な出口戦略

この「4%ルール」をもとに、年間生活費を投資元本の4%以内に抑えるということを数式化すると、

ポートフォリオ資産×4%≧年間生活費

となります。

この数式をもとに年間生活費を4%で割る(つまり、25をかける)ことによって必要な金融資産額が逆算できるという訳です。

ポートフォリオ資産≧年間生活費×25

上の数式のように年間生活費の25倍以上の金融資産を築くことがFIRE実現の目安とされています。

年間生活費が低いほどFIRE実現のハードルは下がる

FIREするために必要な金額の目安は年間生活費の25倍であることを紹介させていただきました。

また、この式から導き出される重要なことが年間生活費が低いほどFIRE実現のハードルが下がるということです。

FIRE(早期リタイア)するためにはたくさんお金が必要なイメージを抱いてしまいますが、年間生活費を下げてしまえばその分必要な金額も少なくなります。

具体的なケースを想定してみましょう。

年間生活費が300万円の人であれば、FIRE実現のために必要な金額の目安は7500万円となります。

ここから生活費を100万円そぎ落として年間生活費を200万円にすることができれば、FIRE実現のための目標金額の目安は5000万円に下がります。

一方で、ここから生活水準が上がってしまい、年間生活費が400万円になってしまうと、FIRE実現のための目標金額の目安は1億円となってしまいます。

年間生活費FIRE実現のための目標金額(目安)
200万円5000万円
300万円7500万円
400万円1億円
500万円1億2500万円

このように年間生活費は低い方が、FIREするために必要な目標金額も低くなることが分かります。

生活費は低ければ低いほど、その分柔軟に自由な生き方を選択することができます。

私が以前読んだ本に大原扁理さんの『なるべく働きたくない人のためのお金の話』がありますが、この方は年収100万円未満で自由な生活を送っています。(参照:【書評】『なるべく働きたくない人のためのお金の話』大原扁理

年間生活費を引き下げることができれば、いろんな生き方が選択しやすくなるということは自由を目指している方にとっては非常に重要な考え方となります。

必要に応じてFIREの目標金額をカスタマイズする

本記事では、FIREするために必要な金額は年間生活費の25倍と紹介させていただきましたが、あくまでもこれは目安にすぎません。

根拠となる「4%ルール」も完璧な理論ではなく、あくまで過去の相場において「毎年ポートフォリオから4%を生活費として取り崩しても、30年後に資金が底をつかない可能性が95%だった」という結果を表しているに過ぎません。

5%の確率で同じ運用手法を取った場合でも30年を持たずに資金が底をついていますし、未来の相場もどうなるかは不確実です。

ですので、必要に応じてFIRE実現のための目標金額はカスタマイズしましょう。

もっと慎重に安心してFIREをしたいという方は年間生活費にかける数字を30とか40といったように増やせばいいのです。

その分、目標金額到達までの道のりは長くなりますが、より安心してFIRE生活を送ることができるようになります。

また、ある程度の労働も厭わない、仮に緊急の事態に陥った時にはどうにか対処できる自信があるという方は年間生活費にかける数字を20とか12.5といったように引き下げることもできます。

私自身はサイドFIREを目標としているので、当面の金融資産の目標は年間生活費×12.5倍に設定しています。(参照:【サイドFIREの魅力を徹底解説】サイドFIREこそが理想のライフスタイル!!

FIREの目標金額に明確な答えはありませんので、ぜひ自身のライフスタイルにあった適切な目標金額を定めてみてはいかがでしょうか。

まとめ:FIREに必要な金額を算出してみよう!

以上、FIREに必要な目標金額の算出方法や根拠について紹介させていただきました。

改めて、FIREに必要な目標金額は目安として「年間生活費×25」が使われることが多いです。

FIREを目指している方はぜひ1度自身の年間生活費をもとに目標金額を算出してみることをおすすめします。

やはり具体的な数値で目標が定められないと、目標に沿った行動も定められませんからね。

あと、FIRE実現に向けた目標金額を定めるためには自身の年間生活費を知る必要があります。

なので、これからFIREを目指して資産形成に取り組んでいきたいという方は家計簿をまずはつけ始めることから始まります。

家計簿をつけて年々無駄を省いていくことによって、徐々にFIRE実現までの道のりは近づいていくと思います。

これからも一緒に資産形成に取り組んでいきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

FIREを実現するための具体的な方法は様々なFIRE本で紹介されております。以下の記事ではおすすめのFIRE本5冊を紹介しておりますので、併せて参考にしていただければと思います。