FP資格

【AFP認定者が解説】AFP資格の難易度(合格率)は?FP2級との違いは?

【AFP認定者が解説】AFP資格の難易度(合格率)は?FP2級との違いは?

FP資格を取得するにあたって「AFP資格」を1つのゴールに据えている方も多いのではないでしょうか。

そして、FP3級やFP2級とは名前が違うけれど、AFP資格の難易度はどれくらいなのか気になりますよね。

AFP資格って民間の資格だし、より実践的な内容を扱うから難しそう…

このように思われた方は安心してください!

実はAFP資格の取得難易度はそれほど難しくなく、FP2級と同レベルです。

アーク

実際に私もFPの知識も実務経験もなかった学生時代にAFPに認定されています。ある程度の勉強時間を確保し、FP2級に合格することができれば、AFP資格は取得できますよ!

本記事では、AFP認定者の視点からAFP資格の難易度(合格率)やFP2級との違いを説明します。

また、AFPに認定されるために避けては通れないFP2級に合格するためのコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

アーク

この記事を書いた人

  • 学生時代にFP3級、FP2級、AFP資格を取得(全て一発合格)
  • 金融機関に約3年半勤めており、FPとしての実務経験あり
  • サイドFIREを目指して資産形成に取り組む

AFP資格の立ち位置を押さえよう!

まずはAFP資格の立ち位置を押さえるために5つのFP資格を把握しましょう。

FP資格には国家資格のFP技能士資格(1級〜3級)民間資格のAFP・CFPがあります。

国家資格のFP技能士資格は難易度の易しい順にFP3級→FP2級→FP1級となっています。

民間資格のAFP・CFPについては難易度の易しい順にAFP→CFPとなっています。

この5つのFP資格の難易度を分かりやすくまとめると以下のように表せます。

国家資格民間資格
FP3級
FP2級AFP
FP1級CFP

細かい違いはありますが、FP3級が最も難易度の易しい資格であり、FP2級とAFPの難易度はほぼ同じ、FP1級とCFPの難易度はほぼ同じという理解でOKです。

では、本記事の主題であるAFPについてもう少し掘り下げて解説していきますね。

先ほどAFP資格の難易度はFP2級とほとんど同じと述べましたが、これには理由があります。

というのも、AFPに認定されるための要件は以下の3つになりますが、中でも鬼門となるのが「FP2級に合格する」ことだからです。

「AFP認定研修の修了」という要件は一見難しそうですが、認定教育機関のサポートが受けられますし、仮に不合格になったとしてもアドバイスをもらったうえで再修正ができるので、比較的容易にクリアすることができます。

≫【実体験有】アーティスのAFP認定研修が最安かつサポートも手厚くおすすめ!

「会員倫理規定等を順守することに同意」という要件もしっかり規定を読んで内容に同意するだけですので全く難しくありません。

なので「FP2級への合格」という要件がAFPに認定されるために躓きやすい箇所と言えます。

ただ裏返すと、FP2級に合格できたらほぼAFPになれるということでもあります。

アーク

私は新卒で大手証券会社に入社していますが、FP2級に合格した同期は難なくAFPになれていました!

AFPとFP2級の違いは?

AFPとFP2級の主な違いは以下の3つです。

  1. 国家資格or民間資格
  2. AFPはより実践的なFP技能を有している証になる
  3. 日本FP協会への加入

1つずつみていきましょう。

①国家資格or民間資格

既に述べた部分ではありますが、

  • FP2級=国家資格
  • AFP=民間資格

といった違いがあります。

何か国家資格が欲しいという方にはFP2級の方が魅力的に映るかもしれませんが、AFP資格はFP協会が運営する民間資格であり、より実践的なFP技能を有している証になります。

また、FPの最上位資格とも言え、国際的な資格であるCFPを取得するためにはAFP資格の保有が必須となりますので、FPとしての信頼性を高めていきたいという人はAFP資格を取得しておくべきでしょう。

FP2級もAFPも同時取得(ダブルライセンス)が可能ですので、両方取得しても問題ありません。

アーク

私もFP2級取得直後にAFP資格を取得しました!

②AFPはより実践的なFP技能を有している証になる

AFP資格は取得に際して「AFP認定研修」で提案書を作成するため、より実践的なFP知識を有している信頼の証になります。

実際に大手証券各社では、自社の専門性をアピールするためにAFPの資格保有者数を打ち出しているところもありますし、社員のAFP資格取得を推進しています。

アーク

私が以前勤めていた証券会社でも、AFPの資格取得は昇進の条件に定められていたり、取得をすると報奨金が出たりしていました。

名刺にもAFP資格保有を記載することができるようになるので、信頼性アップにつながります。

FP分野で少しでも差別化を図りたいのなら、AFPまで取得しておくといいと思いますよ。

③日本FP協会への加入

AFP資格を取得すると、資格認定会員として日本FP協会に加入することになります。

別にAFPやCFPの資格を保有していなくても一般会員としてFP協会に加入することができるのですが、お金もかかるためFP2級のみを保有している人の大半はFP協会に入会していません。

AFP資格を取得するとFP協会に入会するために以下の費用がかかります。

  • 入会金…10,000円
  • 年会費…12,000円

入会金は一度のみですが、AFP資格を維持するために毎年12,000円の費用がかかりますので、このコストを支払ってまでAFPになるべきかどうかは考えておくべきです。

FP協会に入会することで得られる主なメリットは以下の通り。

  • FPとしての信用や信頼性が高くなる
  • FPに関する最新情報を入手しやすくなる
  • FPとしての実務能力を磨くことができる
  • FPとしての交流の場が設けられている

これらのメリットと費用を天秤にかけたうえで、AFP資格を取得するべきか考えてみてください。

≫【金融機関経験者が語る】AFP資格のメリットとデメリットを紹介!

AFPの合格率は?

では、AFPの合格率はどのくらいなのでしょうか。

AFPに認定されるための要件は複数ありましたが、「AFP認定研修」は時間さえかければ基本的に合格できます。

既に述べたことではありますが、FP2級に合格できさえすればAFPは射程圏内です。

なので、ここではFP2級の合格率に着目したいと思います。

日本FP協会のHPより直近3回におけるFP2級の合格率をまとめました。

2021年1月2021年5月2021年9月
学科試験44.02%55.61%50.56%
実技試験71.01%66.67%60.26%
参照:日本FP協会HP

受けた回によって合格率は前後しますが、FP2級の合格率は例年40%前後で推移しています。

少し合格率が低く感じるかもしれませんが、同じ国家資格の

  • 司法書士(4.1%)
  • 弁理士(6.5%)
  • 社会保険労務士(6.8%)

と比較するとFP2級に合格することはさほど難しいことではありません。

私の実体験からしてもFP2級はある程度の勉強時間の確保と効率的な勉強によって独学で合格可能です。

≫【FP2級】独学で学生時代に一発合格できたおすすめのテキストと勉強方法を紹介!

まとめ:FP2級に合格したらAFPを目指そう!

以上、AFP資格の難易度やFP2級との違いについて説明させていただきました。

改めてまとめると、AFPの資格取得難易度はほとんどFP2級と同じであるため、そこまで難しくありません。

AFPを取得するためにはFP2級への合格が必要となりますが、FP2級の合格率は例年40%前後であり、勉強時間の確保と効率的な勉強によって独学でも合格可能な資格です。

AFPに認定されるとFP協会に入会することになり、年会費等の費用がかかることになりますが、FPとしての交流の場や最新情報が入手しやすくなるといったメリットがあります。

これらの点を確認して、AFP資格を取得したいと思った方はぜひAFP資格取得にチャレンジしてみてください。

また、AFP資格を取得するためには様々なルートがあります。

以下の記事では、AFP資格の取得までの流れを解説しておりますので、これからAFP資格を取得しようと考えている方は参考にしてください。