FIRE

【書評】『今日からFIRE!おけいどん式40代でも遅くない退職準備&資産形成術』桶井道

会社員として毎日仕事をするのが精神的にしんどい…
なんとか自分の手で自由の切符を手にすることができないものか…?

上記のような想いを抱いている方に希望をもたらしてくれる生き方がFIREです。

FIREとは、Finacial Independence,Retire Earlyの略で直訳すると経済的自立と早期退職という意味です。

要は資産形成を通じてある程度資産を構築することができるようになると、自分が好きな人生を生きられるといった状態です。

まさか、そんな夢みたいな話…結局FIREするには、かなり資産がいるんでしょ?
会社員として毎日過ごしている自分にはハードルが高いよ…

と思っている方におすすめしたい本があります。

それが桶井道(おけいどん)さんの著書『今日からFIRE!おけいどん式40代でも遅くない退職準備&資産形成術』です。

本書は約25年間の社会人生活を経て、2020年10月末にアーリーリタイア(FIRE)を実現した著者の桶井道さんがFIRE達成までの道のりで得た経験、知識、情報すべてを詰め込んだ1冊となっています。

国内でFIREを実現している人はまだ少数ですし、FIREを実現した人が執筆した書籍には私たちにとって参考になる部分も多く、生き方そのものに希望をもたらしてくれます。

本記事では、私も実際に読んだ『今日からFIRE!おけいどん式40代でも遅くない退職準備&資産形成術』より個人的に重要だと感じた部分を中心に内容を紹介していきたいと思います。

こんな人におすすめ!!

・今の会社員としての生き方に不満を感じている
・将来、FIRE実現することを夢見て資産形成に取り組んでいる
・自由になりたい

著者:桶井道(おけいどん)

著者は関西在住の40代後半の男性、桶井道(おけいどん)さんです。

22歳で会社に就職し、約25年間の社会人生活を経て、2020年10月末にアーリーリタイア(FIRE)されています。

FIRE実現時の資産は約1億円だそうです。(書籍より)

大学を卒業して入社した頃は、「この会社で偉くなりたい」「昇給したい」と必死に働いていたそうですが、社内で優秀な営業成績を挙げても給料はそんなに上がらず、次第にやる気をなくしていきます。

ただ、おけいどんさんは両親がともに株式投資をやっていた影響もあって、ご自身も就職当時から投資をしていたという武器がありました。

次第にもっと投資をした方が、出世して昇給する以上のお金を手にできるだろうといった考え方に変わり、30代後半になって50代でアーリーリタイアしたいという目標を抱きます。

明確な目標を設定し、マネーリテラシーや投資に磨きをかけていくことによって夢であったFIREを実現します。

本書はこのようなFIREへの道筋を辿った著者のおけいどんさんがどういった考え方でFIREを目指すようになり、どのような資産形成に取り組んできたのかが具体的に紹介されていますので、会社員としてFIREを目指している方には非常に参考になるかと思います。

FIREを目指すならマネーリテラシーを身につけることが重要

FIREを目指すには、目安として自身の年間生活費×25の金融資産が必要となります。(参照:FIRE(早期リタイア)するために必要な金額は?目安は年間生活費の25倍

自身の年間生活費を300万円だと仮定すると、FIREを実現するためには7500万円の金融資産が必要となるので一見ハードルが高く感じます。

しかし、最近は国内でも穂高唯希さん(参照:穂高唯希さんの著書『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』の書評記事)やおけいどんさんといったFIREを実現したロールモデルが登場することも増え、30代や40代でもFIREは実現可能ということを証明してくれました。

中でも本書においておけいどんさんはFIREを達成するために大切なこととして、「支出」「元手」「運用益」という主要なポイントを自分なりに制御・管理して、そのバランスを自らが設定したゴールに向けて最適化する必要があると述べています。

自分ならどれくらいの収入、支出、運用益を維持できるのかを具体的に考える必要があります。

その計画なしにはFIREというゴールを目指すのは難しいです。

人によって働き方や家族構成、生き方は違うので、ぜひ一度考えてみてはいかがでしょうか。

そして、FIREに必要なのは「稼ぐ」「貯める」「投資する」といったバランス力です。

要は“お金に関する総合力”が問われます。

どうやったら今以上に稼げるようになるか、幸福度を落とさずに支出を削れる工夫はないのか、投資で運用利回りを上げるためにどういったものに投資をするべきなのかを自分で勉強して考え、行動に移していかなければなりません。

ただ、これらも難しいことではありません。

FIREを目指すのに国家資格も要りませんし、学歴や職歴も関係ないのです。

重要なのは自らマネーリテラシーを身につけること。

おけいどんさん自身も金融の知識と経験があったからこそアーリーリタイアできたと述べています。

長い道のりではありますが、FIREを目指す第一歩としてマネーリテラシーを身につけていきましょう。

身につけたマネーリテラシーをもとに踏み出した行動が少しずつ積み重なることによってFIREはいずれ夢から現実に変わるものだと本書を読んで感じました。

まとめ:FIREの目標を定めて行動していく

以上、『今日からFIRE!おけいどん式40代でも遅くない退職準備&資産形成術』を読んで個人的に重要だと感じたことを紹介させていただきました。

FIREはそう簡単に実現できるものではありませんが、FIREを実現するための明確な目標を定めて、その目標に沿った資産形成を日々積み上げていくことが重要だと感じました。

FIRE実現の方法は人それぞれですが、FIRE実現者に共通しているのは土台となるマネーリテラシーを高めて、「稼ぐ力」「貯める力」「増やす力」をバランスよく高めているということです。

本書はその1つの例として、40代でFIREを実現したおけいどんさんの資産形成術が学べる1冊となっています。

FIREを目指して資産形成に取り組もうと考えている方にとっては非常に参考となる1冊ですので、ぜひ読んでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】
おすすめのFIRE本は以下の記事で紹介しておりますので、FIREに興味をもたれている方は参考にしていただければと思います。