生活防衛資金の預け先はどこがいい?UI銀行の預金口座がおすすめ!

生活防衛資金の預け先はどこがいい?UI銀行の預金口座がおすすめ!
  • 生活防衛資金の預け先はどこがおすすめ?
  • 生活防衛資金用の銀行口座を用意するならメガバンク?ゆうちょ?ネット銀行?
  • 生活防衛資金に債券を活用するのはアリ?

病気や災害、交通事故、失業といったような不測な事態が発生した時に自分や家族を守ってくれるのが生活防衛資金です。

有事の際でも生活水準を落とさずに生活ができるので、いざという時に備えて生活防衛資金を構築しておきたいですね。

とはいえ、「生活防衛資金ってどこに預けたらいいの…?何か気をつけることはある?」といった疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、以下のような生活防衛資金の預け先に関する様々な悩みを解決していきます。

  • 生活防衛資金として満たしておきたい条件は?
  • 実店舗がある銀行とネット銀行はどっちがいいのか?
  • 生活防衛資金に債券を活用するのはアリか?
  • 生活防衛資金用のおすすめの銀行口座は?

本記事を読んでいただければ、適切な生活防衛資金の預け先を探せるようになりますので、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

この記事を書いた人
  • AFP資格保有(FP実務経験あり)
  • 証券会社に約3年半勤めており、FPとしての実務経験あり
  • サイドFIREを目指して資産形成に取り組む
アーク

本記事の結論

・生活防衛資金の預け先は「流動性」と「安全性」の条件を満たした普通預金がおすすめ!

・実体店舗がある銀行orネット銀行を選ぶかは「想定する有事のシナリオ」によって変わる

・債券は安全性が高いものの、売却に際して受渡日に3営業日を要するため生活防衛資金としては微妙

・高金利で実店舗の利用も可能なデジタルバンク「UI銀行」がオススメ!

目次

生活防衛資金の預け先は普通預金が最適

生活防衛資金の預け先は普通預金がおすすめ!

生活防衛資金の預け先として最も適しているのは銀行の普通預金です。

理由は生活防衛資金として絶対に外すことができない「流動性」と「安全性」の双方の条件を満たしているから。

「流動性」とは、すぐに換金できるかどうかを意味します。

生活防衛資金は自分が有事の事態に陥った際にすぐに引き出せるかどうかという観点は非常に重要です。

そして「安全性」とは、元本を毀損しないかどうかを意味します。

もし、現金が必要になった局面で自身の預けていた資金の元本が目減りしていたら、その資金は精神的に使いにくくなるでしょう。

このような観点から考えると、「流動性」と「安全性」の双方の条件を満たしている銀行の普通預金が生活防衛資金として最も適していると言えます。

普通預金に預けていれば、いざ自分に何か起こった時でもすぐにATMで現金を引き出すことができますし、資金が目減りしていることもありません。

チェックポイント

生活防衛資金は「流動性」と「安全性」の両方の条件を満たした普通預金がおすすめ!

↑目次へ戻る

実店舗がある銀行とネット銀行どっちがいい?

実店舗の銀行とネット銀行どっちがいい?

生活防衛資金の預け先は銀行の普通預金が適していますが、実体店舗がある銀行とネット銀行のどちらがいいのでしょうか?

この問いに対する答えは「生活防衛資金を引き出す有事の事態をどう想定するか」によって変わります。

例えば、東日本大震災のような生活のインフラが全く機能しなくなるような有事の事態を想定するのであれば、実体店舗がある銀行(メガバンク、ゆうちょ、地銀など)がいいと思います。

アーク
アーク

実際に東日本大震災の時、ゆうちょ銀行や地方銀行では身分証があれば一時的にお金を引き出すことは可能だったようです。

一方で、有事の事態を病気や失業等で収入が得られないシナリオを想定するのであれば、ネット銀行でも十分だと思います。

このようなシナリオだと、いざ資金が必要になった時にすぐに引き出せれば問題がないので、コンビニで手数料等も相対的に安く引き出すことができるネット銀行は選択肢として理にかなっています。

アーク
アーク

個人的には今の時代はキャッシュレス決済も普及しているので、生活の基盤が大きく崩れない限りは災害等の有事の事態でも現金を引き出す可能性は少ないのではないかと考えています。

下記の表に生活防衛資金という観点を踏まえて、実店舗型銀行とネット銀行のメリット・デメリットをまとめました。

実店舗型銀行ネット銀行
メリットいざという時に頼れる人がいるから安心金利が高い
手数料が安い
デメリット金利が低い
手数料が高い
ATMなどのシステムがダウンする非常事態ではお金が引き出せない

ご覧の通り、それぞれのメリット・デメリットはトレードオフの関係になっています。

非常事態に陥った際でも人に頼れる安心感を取るか、銀行に預けている間は少しでも金利をつけたいのかを考えると選びやすくなりますね。

また、他の選択肢としてタンス預金も非常に有効です。

タンス預金は全く金利がつかず、セキュリティ面の不安は否めませんが、いざという時のために少しでも蓄えておくと役に立つ時がくるかもしれません。

災害等で金融システムがダウンした時にお金が引き出せないといったネット銀行のデメリットが気になる方は「ネット銀行+タンス預金」という組み合わせで体制を万全にしておくと良いですね。

また、生活防衛資金用の銀行口座は日常生活用の銀行口座とは別に作成しておく方が良いです。

目的別に銀行口座を分けておかないと、生活防衛資金がいくら貯まっているのかが判別できないですし、いざという時に困る可能性があります。

チェックポイント

生活防衛資金用の口座として、実店舗がある銀行を選ぶかネット銀行を選ぶかは想定する有事のシナリオによって変わる

↑目次へ戻る

生活防衛資金に債券はアリ?株や投資信託は避けるべし

生活防衛資金に債券はアリ?株や投資信託は避けるべし

生活防衛資金の預け先として普通預金以外の選択肢はどうでしょうか?

「銀行の普通預金は金利も低いし、少しでもお金に働いてもらいたい」と考えている方もいらっしゃると思います。

先述の「流動性」と「安全性」といった観点から債券、株、投資信託といった主要な金融商品をプロットしてみました。

個人向け国債や社債といった債券は安全性は非常に高いものの、売却の受渡日が3営業日かかるので換金性普通預金に劣るという点で微妙です。

ただし、想定する有事の事態が「緊急ではないけど資金が必要になる場合」であれば、別に債券を生活防衛資金に組み込むことは問題ないと思います。

  • 現金として引き出すためには債券の売却注文を発注してから3営業日かかる
  • 債券も中途売却する場合は元本を毀損する可能性がある

ということだけ考慮しておきましょう。

一方、株式や投資信託は生活防衛資金としては避けた方が無難です。

株式や投資信託はそもそもリスク資産なので安全性は低いですし、換金性も普通預金と比べると劣ります。

いざ資金が必要となった時に株式市場が下がっている状況だと心理的に引き出しにくくなるのが非常に難点です。

株式や投資信託はリスク資産だと割り切った上で、生活防衛資金とは別に運用することをおすすめします。

アーク
アーク

生活防衛資金を構築した上で投資を行うと、相場の急落が起きても心に少しゆとりが持てるのでいいですよ!

チェックポイント

生活防衛資金を債券で運用するのは流動性の観点から微妙。株式や投資信託といったリスク資産は生活防衛資金とは切り離して運用しよう。

↑目次へ戻る

生活防衛資金用口座はUI銀行がおすすめ!

最後にこれまでの話をまとめた上で生活防衛資金の預け先としておすすめの銀行を1つ紹介します。

それは、有人店舗を構えながらデジタルバンクとして高金利が魅力の「UI銀行です。

UI銀行は上場企業の東京きらぼしフィナンシャルグループが運営するデジタルバンクですが、首都圏を中心に店舗を構える「きらぼし銀行」で相談することもできます。

そして、最大の魅力が普通預金金利が0.10%(メガバンクの50倍)、定期預金金利が0.2%という国内最高水準の高金利です。

また、「UIプラス」といった手数料優遇サービスによってセブン銀行のATM出金手数料もゼロになる(ステージによって回数が異なる)ので、全国で使えて利便性も非常に高いのもいいですね。

  • 銀行口座だから元本の毀損もないし、必要な時にお金が引き出せる
  • いざという時は実店舗を活用できる
  • 国内最高水準の高金利

といったように生活防衛資金用の銀行口座として非常に魅力的な条件を満たしているので、ぜひこの際にUI銀行の口座を開設してみてはいかがでしょうか。

口座開設は無料でスマホで簡単にできますよ!

国内最高水準の定期預金金利0.2%

≫UI銀行の詳細が気になる方はこちらの記事をチェック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる