資産形成のヒント

【書評/要約】『幸福の資本論』橘玲|幸福に生きるための土台設計

資産形成って何のためにやっているんだろう…
今の生活では幸福感が感じられない…
これからの人生を幸せに生きていきたい!

上記のような悩みを持った方々におすすめしたい本が橘玲さんの『幸福の資本論』(ダイヤモンド社)です。

『幸福の資本論』では、「金融資産」「人的資本」「社会資本」という3つの資本=資産から、「幸福に生きるための土台」の設計を提案しています。

改めて「金融資産」「人的資本」「社会資本」の定義・特徴を学び、これらの資本を組み合わせて自分がどういった幸福の人生を歩んでいきたいのかを考えるいいきっかけになります。

本記事では、『幸福の資本論』より幸福の3つのインフラから導き出される8つの人生パターンを紹介します。

また、「金融資産」「人的資本」「社会資本」に関しても少し踏み込んで内容を解説していきたいと思います。

こんな人におすすめ!!

・幸福を資本の観点から考えたい
・資産形成の目的を見つめ直している
・これからの人生を幸せにしていきたい

幸福の3つのインフラ

まずは、本書の重要なテーマの1つである幸福について紹介します。

幸福の定義は人それぞれだと思いますが、幸福は土台の上に正しく設計すべきものであると本書では述べられています。

この土台というのは人生のインフラストラクチャーとも呼ぶことができ、幸福の条件になります。

要は、この土台(インフラ)が起因となって幸福を実現できるかどうかが決まってくるということです。

本書ではこの幸福の条件として以下の3つを挙げています。

自由
自己実現
共同体=絆

そして、この3つの幸福の条件は、以下の3つのインフラに対応すると述べています。

①金融資産
②人的資本
③社会資本

分かりやすく図を用いると以下のようになります。

幸福の3つのインフラ

このように、金融資産、人的資本、社会資本が幸福を実現するための3つのインフラとなっています。

人は、金融資本、人的資本、社会資本を運用することで、”富”を得ているということです。

ただ、どこのインフラを重視して設計していくべきかは人それぞれ求める幸福によって違ってくるので、自らの価値観や人生のコンパスに基づいて決定していくべきです。

本書では、これら3つのインフラを組み合わせて、8つの人生パターンがあることについても述べていますので、簡単に紹介できればと思います。

以下で説明する用語をざっくり記しておきます。

金融資産…(不動産を含めた)財産
人的資本…働いてお金を稼ぐ能力
社会資本…家族や友達のネットワーク

①プア充

プア充の特徴は、金融資産と人的資本はないが、社会資本は持っているということです。

典型的な例は、地方在住の若者(マイルドヤンキー)で、収入は貧困ライン以下で貯金はないが、友だちはたくさんいるという状態です。

金融資産と人的資本はないけれど、友だちとつながっているので共同体=絆という面から幸福を得ているということです。

②貧困

上記で紹介したプア充が、友だちネットワークから排除されると3つの資本を失ってしまい、貧困になってしまいます。

この状態は、本書で定義された幸福の条件を一つも満たしておらず、幸福が感じられないのでできれば避けたいところです。

③リア充

リア充はよく街中でも聞く言葉ですが、本書における定義は金融資産はないが、人的資本と社会資本は持ち合わせている状態になります。

現時点で金融資産はほとんど持っていなくても、大企業に勤め(=高収入を得られる職業)、友だちや恋人(=社会資本)がいる若者があてはまります。

私の学生時代の友人にはこの条件を満たすリア充が多いと思います。

④超充

金融資産、人的資本、社会資本のすべてを誰もがうらやむような水準で持っているひとが超充に該当します。

ただ、現実的には金融資産と社会資本の両立は非常に難しく、これら3つを併せ持つ人はほとんどいないと思われます。

この点については本書でも記述がありますが、金銭的な価値が介在すると社会資本におけるつながりに異変が生じます。

お金を介在することで友情が崩れるというトラブルはよくみかけます。

お金を貸した(=金銭的価値の介在)ことによって、以前よりも関係が悪くなった(=社会資本の減少)。

宝くじで大金があたってからまわりに対する目が「本当はお金目当てで寄ってきているのではないか」と思えるようになった(=金銭価値の介在によって社会資本から遠ざかる)ということなど。

このテーマについても非常に面白く、踏み込んだ内容が本書に書かれておりますので、興味を持たれた方はぜひ本書を読んでみてください。

⑤お金持ち(投資家/トレーダー)

人的資本と金融資産はあるけれど、友だちがいない(社会資本)を持たないタイプになります。

これは金持ちの典型で、「金持ちは孤独だ」とか、「金持ちは金持ちとしかつき合わない」とよく言われますが、社会的に成功すると、金や権力を目当てにいろんな人が集まってきて嫌な思いをすることが多くなるから社会資本を遠ざけているということになります。

⑥旦那

これは、金融資産と社会資本を持ちながら人的資本がない(働いていない)人が当てはまります。

私はまわりでイメージできる人がいませんが、気前よく財産をばら撒いてみんなの人気者になっている旦那が当てはまりそうです。

⑦退職者

金融資産だけ持っていて、人的資本も社会資本もないのは典型的な(独身)退職者が該当します。

また、年配の方で配偶者を失って財産を相続した方もこちらのタイプに該当すると考えられます。

⑧ソロ充

最後に人的資本だけあって金融資産と社会資本がない若者は、ソロ充に該当します。

結婚や子どもをつくることに興味を持たず、稼いだお金は自分の趣味などに使い、異性の知り合いはいても恋人のような深い関係にはならない人が最近増えていますよね。

以上、3つの資本を用いた8つの人生パターンについて紹介させていただきました。

幸福というのは人それぞれ求めるものは違う主観的なものですので、あくまで自分の価値観に基づいてどういう戦略を取っていくかが重要になります。

以降では、幸福の3つのインフラ(金融資産、人的資本、社会資本)について重要な特徴をまとめていきたいと思います。

金融資産

金融資産を考えるうえでもっとも重要になるのは、経済的自立です。

自由とは、誰にも何者にも隷属しない状態のことで、自由になるためには一定の条件を満たす必要があります。

それは端的に述べると、お金ということになります。

私も社会人になってお金こそ私たちを自由にしてくれる存在であると強く思うようになりました。

本書では経済的自立についてこのように述べられています。

自由を経済的な意味で定義するならば、「国家にも、会社にも、家族にも依存せず、自由に生きるのにじゅうぶんな資産を持つこと」

『幸福の資本論』橘玲

最近では、FIRE(Financial Independence,Retire Early:経済的自立と早期退職)という言葉もだいぶ浸透してきました。

私もFIREを目指していますが、これは何にも隷属せず、自由に生きたいと考える人が増えているということになります。

そして、実際にFIREしている人が出てきているのも事実です。

本書でも経済的自立は到達可能であると述べています。

特に欧米や日本のような豊かな社会では、特別な才能などなくても勤勉と倹約、それに共稼ぎだけで、誰でも億万長者になって経済的独立というゴールに到達することが可能と言っています。

誰でも経済的自立は可能というのは、とても素晴らしく、若者にとっては大きな希望です。

ただ、これは残酷な事実でもあり、誰でも努力だけでお金持ちになれるのなら、貧乏は社会制度の矛盾やネオリベの陰謀によるものではなく、自己責任ということになります。

本書でも紹介がありましたが、誰でも億万長者になれるという点で『となりの億万長者』(トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ)は非常に参考になりますので、併せて読んでいただければと思います。

人的資本

人的資本とは簡単に言えば、働いてお金を稼ぐ能力のことでした。

本書では、最も重要な「富の源泉」は人的資本であると述べています。

日本人の一般的な生涯年収は3億円であると言われています。

今回は説明を簡略化するために割引率の概念は用いませんが、ざっくり説明すると新卒社員の人的資本の価値は3億円となります。

人的資本は他の条件を同一とするなら、若ければ若いほど人的資本の価値は高いですし、より稼げる能力・スキルが高い人ほど人的資本の価値が高くなります。

この人的資本についても金融取引と同じように考えることができます。

①収入は多ければ多いほどいい。
②同じ収入なら安定していた方がいい。

ただ、一つだけ金融取引にはない際立った特徴があります。それが、

③同じ収入なら(あるいは収入が少なくても)自己実現できる仕事がいい。

ということです。

自己実現とは、かけがえのない自分になるということです。

人的資本形成も上記で述べたとおり、基本的に金融取引と同じ考え方になりますが、同じ条件を維持する中でいかに自己実現に近づけるかが重要になります。

就職活動で自分の軸を定めた上で企業を選ぶということや、よくキャリアについて考えるビジネス書に記載されている考え方に近いと思います。

よって、人的資本の観点から目指すべき理想の働き方というのは以下の2点に集約されます。

①人的資本からより多くの富を手に入れる。
②人的資本を使って自己実現する。

結局のところ、好きなことに人的資本のすべてを投入すべきということです。

私も幼い頃はプロ野球選手などのスポーツ選手に憧れましたが、スポーツ選手というのはまさに好きな分野に自分の資本を投入して自己実現しているいい例だと思います。

また、最近では誰でもブログなどで収益化がはかれるようになったこともあり、自分の好きな分野に人的資本を投入して富を手に入れ、自己実現している人は多いと感じます。

インターネット時代の到来によって、多くの人がチャンスを手にできる社会になってきたので、経済的自立と同様に努力次第で人的資本もうまく活用できるのではないかと思いました。

社会資本

社会資本とは、人間関係、すなわちつながりのことでしたが、これまで説明してきた金融資産と人的資本と比べても数値化が非常に困難です。

しかし、社会資本にはとても大切な役割があります。

それは、幸福は社会資本からしか生まれないということです。

巨万の富を手にしたとしても、そのことを誰ひとり知らなければ単なる紙切れですし、人的資本についても自己実現には必須ですが、それは会社内や社会での高い評価に依存している(社会資本が介在している)ということになります。

社会資本については、社会資本を最適なインプットによって最も大きな幸福感がアウトプットできるよう人生設計すればよいと本書では述べられています。

人間関係はとても複雑であり、人それぞれによって重要度も変わってくるので、自分の価値観に基づいて最適なインプットを探すしかなさそうです。

会社についても、社会資本の観点からみれば、組織という強いつながりに属していることになります。

会社に対する考え方も人それぞれです。

会社に愛着があって、社内の人間関係も良好で会社に行くのが好きという人にすれば、この社会資本(=会社)は大切にするべきです。

また、日本では会社に対してイメージがよくありませんが、このように会社に対して不快な感情しか感じないということであれば、この社会資本(=会社)は切り離すか入れ替える(=転職)べきだと思います。

会社を一つ例にしてみましたが、人間関係は複雑です。

家庭(=身近な強いつながり)にしても幸せな家庭もあれば、一緒に生活するのがしんどいという家庭もあるでしょう。

他にも一緒にいて楽しい趣味の仲間、学生時代からの友人など社会資本は人それぞれたくさんの種類があると思います。

自分がどういった関係性を大切にしたいのかどうかを考えることが重要なのかなと個人的に思いました。

まとめ:幸福の土台を設計しよう!

以上、橘玲さんの『幸福の資本論』より「幸福の3つのインフラ(金融資産、人的資本、社会資本)」と「8つの人生パターン」について紹介させていただきました。

資産形成を行っている人はもちろん、これから資産形成をはじめようと思っている人にもぜひ読んでいただきたい1冊です。

本書の内容を理解し、自分は何のために資産形成に取り組んでいるのかがしっかり明確にできれば、あとは資産形成を通じて幸福を手に入れていきましょう。

私も本書を読んだことをきっかけに資産形成におけるコンパスを定めてみました。

ぜひ、みなさんも本書を読んで、資産形成の目的を考えてみられてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。