ミニマリズム

【ミニマリストを目指すなら読んでおきたい】おすすめ本7冊を紹介!!

ミニマリストを目指したいんだけど、何かおすすめの本を教えてほしい

上記の悩みを解決していきます!

本記事では、ミニマリストを目指すなら読んでおきたいおすすめの本を7冊紹介します。

ミニマリストの定義や基本を知りたいという初心者向けの本から、具体的にモノを手放すために参考になる本、さらにミニマリストの派生系の本まで紹介していきます。

アーク
アーク
私自身、ミニマリズムの魅力に惹かれてミニマリストを目指しています!今回紹介する本はいずれも私が読んだ本で、非常におすすめできる本ばかりとなっています!

ぜひ、気になった本があれば読んでみてください。

本に書いてある内容を実践していくことで少しずつミニマリストに近づけます。

こんな人におすすめ!!

・ミニマリスト本を探している
・ミニマリストという生き方に憧れを抱いている
・ミニマリストになりたい

【初心者向け】ミニマリズムの魅力が分かる本

「ミニマリスト」という単語を聞くと、モノを極端まで減らして生活しているようなイメージを抱く人もいらっしゃるでしょう。

しかし、ミニマリストの目的は「大切なモノ」を手に入れることにあります。

まずは、ミニマリズムの魅力が分かる初心者向けの本を紹介していきます。

①『より少ない生き方』ジョシュア・ベッカー

1冊目に紹介するのは、現代のミニマリズム運動を代表する1人、ジョシュア・ベッカーさんが書いた全米ベストセラー本より少ない生き方』です。

本書は「具体的なミニマリズムの方法だけでなく、ミニマリズムの本来の目的も伝えること」を目標に書かれており、ミニマリズムの定義からモノを減らすことで得られる効用、モノの手放し方まで幅広く解説されています。

また、著者はミニマリズムをこう定義しています。

いちばん大切にしているものを最優先にして、その障害になるものはすべて排除すること。

『より少ない生き方』ジョシュア・ベッカー

著者自身、ミニマリズムに影響を受けてモノを減らした結果、本当に大切にすべきモノが見つかったと言っています。

本書を読めば、このようにミニマリズムの最大の利点は豊かさが増えることだということを教えてくれます。

「ミニマリズムの概念を知りたい」という方や「ミニマリストになるメリット」を知りたいという方におすすめの本です。

②『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』佐々木典士

2冊目に紹介するのは、佐々木典士さんの著書『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』です。

こちらも現在23か国語への翻訳がなされ、世界累計で40万部を突破している人気本です。

著者の佐々木さんはもともとは汚部屋暮らしでしたが、モノを徹底的に減らしてミニマリストになってから人生が好転したという方です。

本書はミニマリストとは何なのかといった初心者向けの内容から具体的なモノを手放す心構えやテクニックまで学べる内容となっています。

佐々木さんはミニマリストについて、
自分に必要なモノがわかっている人
大事なもののために減らす人
と定義しています。

そして、ミニマリストの理想は、持っているモノをすべて言えるようになることだと考えています。

自分にとって大事なモノがわかっていて、それ以外を減らしていけばこのような状態に近づいていきますからね。

本書で伝えたい内容をミニマル(最小限)にするとこんな感じです。

モノが少ない、幸せがある。だから、ぼくたちに、もうモノは必要ない。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』佐々木典士

本書を読めば、モノを手放すことで得られるメリットや幸せを知ることができます。

「ミニマリズムの概念を取り入れることで人生にどういった好影響がもたらされるのか」といったことや「人生を好転させたい」と思っている人におすすめできる本です。

【アクション】モノを手放すために役立つ本

では、次にミニマリストを目指すにあたって具体的にモノを手放すために特に役立つ本を紹介していきます。

③『手ぶらで生きる。』しぶ

3冊目に紹介するのは、ミニマリストしぶさんの著書『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』です。

”ミニマリスト”という考え方に基づき、最小限のお金とモノで幸せに生きる著者のしぶさんが本書のタイトルにもあるように具体的に「見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」を紹介しています。

ミニマリズムの本質は、ある1点を目立たせるために他をそぎ落とす「強調」にありますが、この考え方はお金や物、時間、人間関係、思考・行動など人生のあらゆる局面で活用できます。

本書でしぶさんが紹介している「50の方法」のうち、気になったものを少しずつ取り入れることでより自由に近づいていけます。

本当に大切な1%のために、99%をそぎ落とす

④『月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト生活』Takeru

4冊目に紹介するのが、ミニマリストTakeruさんの著書『月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト生活』です。

本書はミニマリズムの概念に出会って人生が一変した著者のTakeruさんの経験談をもとにミニマリストの魅力やメリット、具体的なアクションプランが紹介されています。

著者のTakeruさん自身、過去に難病を患っており、1年間自宅で療養、無職・無収入の状態が続いていた時にミニマリズムの概念に出会います。

Takeruさんはミニマリズムを取り入れてから人生が好転していますが、最初は何をどんな風に取り組んでいけばいいのか全く分からなかったそうです。

本書はTakeruさんがどんな目的、思考、方法でミニマリストになったのかが詳細に描かれている点が非常に参考になります。

特にミニマリストを目指すにあたって、自分がこれからどういう人生を歩んでいきたいのかを明確にすることは非常に重要だと感じました。

Takeruさんの具体的な事案を読みながら、章末ごとに問いやアクションプランが設定してあるので、これからミニマリストを目指したいという方は自身の目的を明確にするという点で非常に参考になります。

「こんな人生にしたい!」「こんな人間になりたい!」という目標が決まったらあとはその夢や目標に関係ないモノを手放していくだけです。

ミニマリズムを実践する上で大事なのは、人生をシンプルにして、本当に叶えたい夢に集中して成し遂げること

⑤『人生がときめく片付けの魔法』近藤麻理恵

5冊目に紹介するのは、片付けコンサルタントとして世界的に有名な”こんまり”こと近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片付けの魔法』です。

言わずと知れた世界的大ベストセラー本ですが、本書を読めば片付けには人生を変える力があるということを知らされます。

これまで紹介してきたミニマリスト本の著者もミニマリズムの概念に出会い、モノを手放したことによって人生が劇的に好転していますが、まさにそれこそ片付けの力。

家の中を劇的に片付けると、その人の考え方や生き方、そして人生までもが劇的に変わってしまうのです。

片付けでなぜ人生がそこまで大きく変わるのかというと、それは片付けをすることによって「過去に片をつけた」からです。

その結果として、人生で何が必要で何が要らないのか、何をやるべきで何をやめるべきかがはっきりと分かるようになります。

片付けを行うことで、過去を振り払い、思考が未来に向かいます。

そして、実際に片付けを行う際に非常に参考になるのが、こんまり流の大切なモノを選ぶ基準ー「触ったときにときめくかどうか」です。

ミニマリストを目指す過程においてモノを手放すことは必要不可欠ですので、ぜひ本書を参考にしてみてください。

片付けには人生を変える力がある

【派生系】ミニマリズムが根底にある他の生き方が学べる本

これまでミニマリズムの魅力が分かる本やミニマリストを目指すうえで具体的に役立つ本を紹介してきました。

ミニマリズムは大切なモノに集中するために他の不要な部分をそぎ落とす魅力的な生き方ですが、ミニマリズムを軸に生き方を応用している人もいます。

最後にミニマリズムの派生系として参考になる本を紹介させていただきます。

⑥『人生を変えるモノ選びのルール』堀口英剛

6冊目に紹介するのが、堀口英剛さんの著書『人生を変えるモノ選びのルール』です。

本書を読めば、ミニマリストの派生系である“モノマリスト”という新しい概念に出会うことができます。

著者の堀口さんはミニマリストの「モノを減らしていく過程で本当に必要なモノだけを見極める」という思想は近しいものを持っていて、生き方や考え方には共感できる部分が多いと言っています。

ただ、ミニマリストの本来の目的から逸れ、モノを減らすことばかりに固執しすぎると最低限の生活は送れるものの、生活に豊かさが得られるかは分かりません。

生活を豊かにしようと思えばモノは必然的に増えることになります。

人によって「最低限のモノ」と「必要なモノ」は大きく性質が異なるため、無理に持ちモノを減らす必要はないというのが堀口さんの考えです。

きちんと自身が管理できるモノの量を見極めながら、取捨選択を常に繰り返し、周りにモノを集めていくのがベストだと言っています。

このように自分にとって必要な、厳選されたときめくモノだけを周りに置く人々のことを”モノマリスト”と定義しています。

要はミニマリズムのベースとなる考え方をもとに、生活に豊かさをもたらしてくれるこだわりのモノをプラスしていくという考え方ですね。

本書は”モノマリスト”としてときめくモノしか所有していない著者の堀口さんが「モノに対するこだわり」や「実際に持ち歩いているモノ」、「モノを通した考え方」などを綴っているので、ミニマリストを目指している方には「こういう変化も加えられるんだ」と非常に参考になります。

⑦『捨てればいいってもんじゃない』エヌケン

最後に紹介するのが、エヌケンさんの著書『捨てればいいってもんじゃない』です。

かつてはミニマリストを目指していたものの、理想の暮らしとは程遠くなり、”シンプリスト“という考え方に出会って理想の生活を手に入れたというエヌケンさんが本書の著者です。

シンプリストとは、ものの数に関係なく、暮らしの要素を単純化して効率の良い統一感のあるライフスタイルを目指す人々のことです。

暮らしの要素の単純化というのは、朝起きたらベッドメイクをするとか、手洗いのついでに洗面所を拭くなど、「生活のルーティン化」やものにはすべて住所をつけ、使ったら必ず同じところへ戻すといった「片付けの仕組み化」を指します。

シンプリストも根底にはミニマリストの思考があります。

シンプリストもミニマリストも、ものを少なくしてシンプルな生活を送る点は同じですが、シンプリストの特徴は「ものの数に関係なく」ものを残すところです。

ただ、これにも条件があって、数に関係なく所有するのは「気分や自分自身を高めてくれたり、理想の暮らしを叶えてくれるもの」限定です。

つまり、極限まで削ぎ落した生活に、自分の好きなものをプラスして、効率的かつ快適な暮らしを実現するというのがシンプリストのライフスタイルになります。

本書では、シンプリストの定義やメリット、シンプリストを目指すにはどうすべきかということが詳細に書かれています。

著者のエヌケンさんはミニマリストを目指すも挫折し、シンプリストになったことで理想の暮らしを手に入れているので、「ミニマリストを目指そうと思ったものの、何か違うな…」と思った方は本書をぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

まとめ:大切なモノに集中しよう!

以上、ミニマリストを目指すなら読んでおきたいおすすめの本7冊を紹介させていただきました。

私自身、すべて読んだ本で大きな影響を受けたものばかりです。

ミニマリストの形は人それぞれですが、共通しているのは大切なモノに集中して生きているということです。

不要な部分をそぎ落とし、大切なモノに時間やお金を集中させることで人生が好転しているミニマリストは非常に多いと感じました。

私もミニマリズムの概念に出会ってからミニマリズムの思考を意識し、モノを手放しているところですが、以前よりも心がスッキリしているように感じます。

不要なモノを手放していくだけで人生が少しずつ好転していく可能性があるので、今の生活に息苦しさを感じているという方やミニマリストの生活に憧れを抱いているという方はぜひ本記事で紹介した本を参考にしていただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。