B/S

個人版バランスシート(B/S)の作成方法とメリットを解説!!

本記事では、毎年年度末に個人版バランスシート(B/S)を作成している20代資産形成家アークが個人版バランスシート(B/S)の作り方と作成するメリットについて紹介します。

個人用のバランスシートってどうやって作成したらいいんだろう?
個人用のバランスシートを作成するメリットって何があるの?
という人向けの記事となっています。

こんな人におすすめ!!

・個人版バランスシート(B/S)の作成方法について知りたい
・個人がバランスシート(B/S)を作成するメリットについて知りたい
・個人の金融資産を可視化したい

本記事で伝えたいこと

個人版バランスシート(B/S)を作成することによって、個人金融資産を可視化することができる!

自身の金融資産の偏り成長度合い(増減)をより鮮明に把握できるようになる!

ぜひ、年に1度個人金融資産のバランスシート(B/S)を作成してみよう!!

個人版バランスシート(B/S)を作成するメリット

まずは、バランスシート(Balance Sheet)について簡単に説明します。

バランスシート(以下、B/S)とは簿記用語の貸借対照表のことで、財務諸表の1つです。

よく見かけるのが企業における決算の際に使用されるもので、その会社の資産と負債がどれだけあったのかをまとめ、その時点の資本合計が算出されています。

主に組織の会計において使われているものではありますが、そのB/Sを個人金融資産に転用してみたというわけです。

実際に私が2019年の年度末に作成した個人版バランスシートがこちらです。

2019年12月31日に作成した20代社会人2年目のB/S

個人金融資産においてバランスシートを作成する最大のメリットは、個人金融資産を可視化することができるということです。

個人金融資産を可視化することによって、2つのことがより鮮明に分かるようになります。

①金融資産の偏りが分かる

1つ目が自身の金融資産の偏りが目に見えるということです。

もう一度、私が作成したB/Sをご覧ください。

作成方法や見方については後ほど紹介しますが、このようにパッと見ただけで資産と負債のバランスを把握することができます。

より分かりやすく明示

私の場合だと、金融資産よりも負債の方が大きいことが明らかです。

金融資産の合計が1,976,439円あり、負債(奨学金)の残高が2,244,000円あることが分かります。

つまり、負債:2,244,000円-資産:1,976,439円=純負債:267,561円となり、資産よりも負債の方が267,561円多いということが分かります。

このように自身の金融資産がいくらあるのか整理できるのはもちろん、資産と負債のバランスを把握できるので、資産形成においてかなり役立ちます。

また、以下のように金融資産の内訳も可視化することができます。

金融資産の内訳

リスク資産と無リスク資産のバランスが一目瞭然です。

”自分はちょっとリスクを取りすぎているな…”
”あれ、意外とリスク取ってなかった。もう少しリスク資産の割合増やしてもいいかも…”
といった新たな気づきが得られるかもしれませんね。

②金融資産の増減(成長度合い)が分かる

2つ目は、自身の金融資産の増減(成長度合い)が分かるということです。

2期分のデータがあれば、計測的に成果を図ることができるようになります。

私は実際に社会人1年目(2018年)と社会人2年目(2019年)のデータがあるので、このように1年間の金融資産の増え方を可視化することができます。

2期分のデータがあれば、成長度合いが目に見える!!

1年間の体感でも”なんとなくこれくらいは今年は資産が増えたんだろうな”ということは分かるものの、実際にこうやって可視化したグラフを見ると嬉しいものです。

より定量的な成果を知ることができるので、毎年同じ時期に個人版B/Sを作成するのはオススメです。

また、B/Sを定期的に作成することで翌年の資産形成の計画もより定量的に定めることができます

私の場合だと、2019年(社会人2年目)の1年間で金融資産が+1,102,233円という結果があるので、この結果をもとに”2020年(社会人3年目)は+1,330,000円を目指そう!!”という定量的でより現実的な目標を設定できるようになります

個人版B/Sを作成する最大のメリットは、個人の金融資産を可視化できること。
金融資産の偏りが分かるようになる
金融資産の成長度合い(増減)が分かるようになる

個人版バランスシート(B/S)の作成方法

では、実際に個人版バランスシートの作成方法を紹介していきます。

前提として、個人版B/S会社と違って誰かに見せたり、提出する必要はありません。

自身の金融資産を把握するためのものです。

なので、細部までこだわらず、ざっくりとした理解で大丈夫です。

基本的なB/Sの構造はこちらです。

資産>負債であれば、左のような形状となり、資産<負債であれば、右のような形状となります。(私は右タイプです。)

個人の金融資産で想定される項目は概ね以下のようなものではないでしょうか。

一般的なB/Sの構造

資産

B/Sの左側を借方と呼びますが、借方には資産を計上していきます。

個人の場合、以下のようなものが想定されます。

・現預金
・投資商品(株式、投資信託、仮想通貨、ソーシャルレンディング)
・保険
・不動産
・車
etc…

1つずつ計上の仕方を確認していきます。

現預金

現預金については、残高を計上します。

私の場合、生活用口座と生活防衛資金を分けているので、2つに分けて計上しています。

この現預金は、無リスク資産に該当する安全資産です。

投資商品

投資商品については、株式や投資信託、仮想通貨、ソーシャルレンディングなどが想定されるでしょうか。

これら投資商品は作成時点の時価で評価します。

私の場合、毎年12月31日に作成するので、株式や投資信託の評価は大納会の終値ベースとしています。

また、外貨が絡むものについては作成時点の為替レートを参照にされてください。

基本的には、TTB(銀行顧客から買うレート、つまり顧客が売るレート)を使用します。

保険

解約返戻金のある保険については、解約返戻金を計上します。

参考として、国税庁のサイトより生命保険に関する権利の評価を引用させていただきます。(これは相続の際の権利評価の例ですが、基本的に保険の時価評価は解約返戻金です。)

相続開始の時において、まだ保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、相続開始の時においてその契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額によって評価します。

国税庁 No.4660 生命保険契約に関する権利の評価

その他資産

その他にも車、土地、家などの資産も想定されますが、これらについては地域や年数によって評価額が変わってきます。

基本的にはいくらくらいの買値がつくかが評価額のベースになります。

個人版バランスシートの評価額はざっくりで問題ないと思いますが、正確な価値を知りたい方は、ぜひ専門家に査定を依頼されてみてください。

負債

B/Sの右側(貸方)には、負債を計上していきます。

個人の場合、負債は以下のものが想定されるでしょうか。

・奨学金
・各種ローン(住宅ローンやカーローンなど)
・クレジットカード返済額

負債は基本的には返済額の残高を記入します。

クレジットカードの翌月の返済額も負債に該当しますが、そこまで細かく計上するかどうかは個人の好みで大丈夫だと思います。

ちなみに、私もクレジットカードまで細かくは負債の計上はしていません。

純資産

借方に資産、貸方に負債を計上できれば、純資産(純負債)が分かります。

資産>負債であれば、資産-負債の金額を純資産として貸方(右側)に計上します。

純資産がプラスという状況であれば、比較的財務は健全と言えます。

資産<負債であれば、負債-資産の金額を純負債として借方(左側)に計上します。

私もこの状況ですが、資産よりも負債が大きくなっているので、ある程度のリスクヘッジが必要になってきます。

私はB/S作成時点で死亡してしまった場合、-267,561円分親に迷惑をかけることになってしまうので、リスクヘッジとして生命保険に加入しています。(以前は貯蓄型の生命保険に加入していましたが、現在は掛け捨ての生命保険に加入しています。)

個人版B/Sは自身の金融資産を把握するためのもの。細部にこだわらず、まずは作成してみよう!

ちなみに作成ツールとして、私はMicrosoft Excel 2019を活用していますが、紙でも簡単に作成できますので、ご自身にあったもので作成していただければと思います。

まとめ

以上、個人版バランスシートを作成するメリットと作成方法について紹介させていただきました。

上記で紹介したとおり、簡単に作成することができますので、ぜひ個人版バランスシートを作成されてみてください。

個人金融資産の可視化は資産形成において非常に役立ちます。

本記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【関連記事】
本記事で取り上げた、私の2018年(社会人1年目)と2019年(社会人2年目)のB/Sについてはこちらの記事で詳細を紹介しております。