経済・投資理論

長期・積立・分散|『これからの投資の思考法』柴山和久

先日、ウェルスナビCEOの柴山和久さんの著書『これからの投資の思考法』を読みました。

資産運用における「長期・積立・分散」の重要性が説かれており、老後の年金問題を抱える我々日本人にぜひ1回は読んでほしいと思えた本でした。

私も「長期・積立・分散」を意識した資産運用に取り組んでいますが、改めてその重要性を感じることができました。

過去の事例やグラフも用いられていて見やすく、理論的なことも分かりやすく書かれていて読みやすかったです。

本記事で伝えたいこと

長期・積立・分散は世界的スタンダードな運用手法。時間を味方につけて着実に資産を増やしていこう!

こんな人におすすめ!!

・老後の年金問題に不安を持っている人
・資産形成をはじめたい、はじめようと思っている人
・長期的な視点で運用をやっている人
・比較的若い世代(20~30代は長期投資のメリットが大きい)

著者について

著者はウェルスナビのCEO柴山和久さんです。

ウェルスナビとは、本書のキーワードでもある「長期・積立・分散」の資産運用をロボアドバイザーを用いて全自動で行うサービスです。

柴山さんの経歴についてですが、新卒で財務相に入省し、日英で予算、税制、金融、国際交渉に従事しています。

その後マッキンゼーにおいて日米の金融プロジェクトに従事し、ウォール街に本拠を置く資産規模10兆円の機関投資家をサポートしています。

大学を卒業されてからは一貫して、お金に関わる仕事をされてきています。

財務省やマッキンゼーでは数千億円や数兆円といった単位を扱う一方、貯金が8万円まで落ち込んだ時期もあったみたいです。

また、国際結婚をされており、あるときアメリカ人の義父母の金融資産を見て、日本にいる自分の両親の資産との開きに10倍もの差があったことに衝撃を受けています。

妻も義父母も普段の生活は質素であり、自分の両親と年齢や学歴、職歴も同じにもかかわらず何がこの差を決定づけたのか。

それが、義父母は若いときから20年以上にわたって「長期・積立・分散」の資産運用をしてきたからということでした。

しかも、義父母は金融リテラシーが高かったわけではなく、たまたま富裕層向けの資産運用サービスを受けることができたからというだけでした。

このようなことがきっかけとなり、資産運用のアルゴリズムとテクノロジーを用いて、ウェルスナビというサービスをスタートさせています。

自身の経験から誰でも資産運用に取り組めるインフラを整えているという点が非常にすばらしいと思います。

r>g

今回のキーワードは間違いなく、「長期・積立・分散」となります。

ただ、本題に入る前に一つ知ってほしい考え方があります。

それは、トマ・ピケティが『21世紀の資本』で紹介している「r>g」という数式です。

rは資本のリターン、gは経済成長率のことです。

もう少しかみ砕くと、資本のリターンとは株式などから得られるリターンのこと、経済成長率とはGDPの前年度の伸び率のことです。

なので、この数式が示しているのは、投資のリターンが経済成長率を上回るということです。

本書では、具体的な数値として1992年からの25年間のシュミレーションにおいて、資産運用のリターン(r)が年平均で5.9%>世界経済の成長率(g)の年平均3.7%となっていました。

また、IMF(国際通貨基金)は、世界経済は今後年3~4%程度で成長していくと予測しています。

なので、これを前提とすれば、資産運用のリターン(r)は年平均4~6%が期待できるということになります。

このように投資を行うことによって、経済成長率以上のリターンを得ることができるという風に解釈していただければ大丈夫です。

ただ、本質の部分に迫ると、資本家は投資をしている分だけ利益率(r)がのびていくのに対し、労働者は一般的に賃金はGDPの成長(g)と並行してのびていくので、これにより資本家と労働者の格差が生まれるということをピケティは指摘しています。

ピケティはつまり、資本の論理そのものが不平等を拡大させるということをこの数式から述べているのです。

このピケティの指摘から得られる重要な教訓は資産を増やしたいなら資本家になろうということ。

そして、今の時代、誰でも簡単に資本家になることができます。

このことについては、以前別の記事で紹介していますので、そちらを参照していただければと思います。

長期・積立・分散

「長期・積立・分散」という言葉については、積み立てNISAの普及やインデックス投資の流行もあって日本でも資産運用を考えたことがある人は1度は聞いたことがあるかもしれません。

ただ、世界的には「長期・積立・分散」はスタンダードな資産運用法となっています。

本書では、「長期・積立・分散」の資産運用についてこのように述べられています。

「長期・積立・分散」の資産運用とは、
・10年以上(できれば20年以上)の長期投資
・毎月、一定の金額を投じる積立投資
・世界中のさまざまな資産への分散投資
を組み合わせることです。

『これからの投資の思考法』 柴山和久著

ひとつずつ本書のポイントを押さえていきます。

Point① 「長期投資」は金融危機の荒波を乗り越えてきた

本書のシュミレーションでは1992年から2017年までの25年間に「長期・積立・分散」の資産運用を行った場合が想定されています。

この25年の期間というのは、私が生まれるくらいから(1994年生まれ)社会人になるちょっと前まで(2018年入社)ですので、私にとってこの期間というのは正直金融市場を知らない時期になります。

実はこの25年の間に、国際的な金融危機は5回発生しているそうです。

1997年にはアジア通貨危機が発生し、日本では山一証券が破綻。
翌年の1998年にはロシアの財政危機(ルーブル危機)によって世界最大規模のヘッジファンドが破綻し、アメリカ政府が救済に乗り出す事態に。

2000年にはドットコム・バブルが崩壊。
2008年には、100年に1度ともいわれるリーマンショック。
2012年にはギリシャの財政危機に端を発するユーロ危機。

この期間、私は市場に参加などしていなかったので、全く経験を語ることはできませんが、市場参加者は何度もショックを受けたことでしょう。

現在も米中貿易摩擦を発端に市場は荒れていますが、リーマンショックについては桁違いのインパクトだったと思います。

これらの金融危機によっていずれも資産は一時的に減りますが、「長期・積立・分散」の資産運用を続けていれば資産は増えています。

25年といわず、このシュミレーション期間においてどの10年を切り取ってもリターンはプラスだそうです。

100年に1度ともいわれるリーマンショックが起こった期間を含めても長期投資をすることによってプラスのリターンが得られるという結果は長期投資家にとって非常に心強いデータとなります。

長期投資が重要となってくるわけですが、このような金融危機の事態が起きても投資をやめずに市場に居続けるということが非常に重要となりますね。

Point② 「分散投資」でリスクを抑えられる

「卵は一つのカゴに盛るな」という投資格言があるように投資の世界ではリスクを分散させることが重要となっています。

本書において分散投資は、ひとつの国だけでなくいろいろな国に分け、また、株式や債券、不動産など、さまざまな種類の資産に分けて投資をするとしています。

分散投資が重要なのは、さまざまな資産を組み合わせることで、リスクを減らして安定的に資産運用ができるからです。

たとえば、株と債券では違う動き方をします。

リーマンショックの時も株式市場は暴落する一方、比較的安全性の高い米国債や安全資産の代表とされる金の価格は上昇しています。

最近の相場でも「逆イールド」が発生し、株式市場は下落している一方、その逃避先として債券やREITに資金が流入しています。

日本を例にとれば、日経平均株価は低調ながらも東証REIT指数は最高値を更新しています。

このように資産を分散しておくことで、相場が大きく崩れた時にリスクをある程度吸収してくれます。

Point③ 「積立投資」は為替リスクをコントロールできる

本書でのシュミレーションは世界の基軸通貨であるドル建てで結果を見ていたので、これを円で換算した場合に「為替リスク」をコントロールできるのかという点についてです。

結果から言えば、円建てでもドル建ての時と同じ成果が出ており、為替リスクをコントロールすることができていました。

積立投資を行うことによって、円高の時でも円安の時でも購入することになるので、ドルコスト平均法が働き、為替レートが平準化されるためです。

また、積立投資のメリットは心理的な影響を受けないため、淡々と投資を続けることができるという点も挙げられます。

お金は自由を得る手段

最後に著者が考えるお金の存在意義について紹介させていただければと思います。

お金というのは、「願いを叶える」ために必要であったり、「望まないことをしない」ためにも必要になるということ。

つまり、お金は自由を得る手段と述べられています。

ただ、一方で、お金に執着すると自由を失うことにもつながります。

本当はやりたい仕事があるのに、高収入だからとやりたくない仕事を続けているという状況がいい例だと思います。

著者はお金を通じて自由を得るために実践してきた3つのルールがあるといいます。

①若いときは自己投資で可能性を広げる
②働かなくても2年間やっていける蓄えをつくる
③収入が増えても生活水準を上げすぎない

非常に賛同できる内容でした。

私も金融資産形成と人的資本形成を両輪に資産形成に取り組んでいきたいと思っています。

①の部分については、CFP資格の取得であったり、読書という部分で自分の可能性を広げていきたいと思っています。

私の人的資産形成における考え方や取り組みについてはこちらでまとめていますので、興味ある方はご覧いただけると幸いです。。

②の部分については、生活防衛資金の形成になります。

私は、ちょっと少なく見積もって当面の目標は、生活費の半年から1年としています。

月の生活費を多く見積もって20万円だとして、1年間分の120万円を生活防衛資金の目標とすると、現在の進捗は40万円なのでまだ33.3%ですね。

今年中に、50%(=60万円)までは持っていきたいと思っています。

生活防衛資金の考え方についてはこちらでまとめています。

③の部分については、まだ大幅に収入が増加したという局面に遭遇していないので何とも言えませんが、今のうちからしっかり意識はしたいと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

「長期・積立・分散」の資産運用というのは世界的にスタンダードな運用手法です。

また時間を味方につける資産運用なので、若い人ほど実践してほしい運用手法になります。

私も社会人1年目から積立NISAを利用して「長期・積立・分散」の資産運用を心がけています。

「長期・積立・分散」の資産運用は、ピケティの数式にあるとおりr>gなので、経済成長によって増えたパイを投資してみんなで分け合うプラスサムゲームです。

今後も私たちが予期しないところで金融危機が起きたり、相場の下落が起こると思いますが、その時は焦って売ってしまわずに本書に書いてあるような過去の経験に立ち戻るのも有効だと思います。

自分の投資手法を確立し、いかなる局面においても投資をやめずに市場に居続けること。

これが個人的に重要なのかなと思いました。