資産形成に役立つ本

【不労所得の種類一覧】『投資に踏み出せない人のための不労所得入門』加谷珪一

本業の収入にプラスして、不労所得を得たい
自分が働かなくても自動的に収入が得られる仕組みを構築したい

上記のような方々におすすめしたい本が、
投資に踏み出せない人のための不労所得入門』(加谷珪一)です。

本書はここ数年で広まった新しい稼ぎ方だったり、株式や不動産などの従来から存在している手法について簡潔に説明がなされています。

また、サラリーマンとしての今後の稼ぎ方についても紹介されています。

本記事では、『投資に踏み出せない人のための不労所得入門』より「不労所得の種類」と「サラリーマンの稼ぎ方」について紹介していきたいと思います。

こんな人におすすめ!!

・収入源を増やしたい
・不労所得にはどんな種類があるのか気になる
・副業をはじめてみたい

著者:加谷珪一

著者は経済評論家の加谷珪一さんです。

1993年に東北大学工学部原子核工学科卒業後に日経BP社に記者として入社。

その後は野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当します。

独立後は、中央省庁や政府系金融機関に対するコンサルティング業務に従事します。

現在は、「現代ビジネス」や「ニューズウィーク」など数多くの媒体で連載を持つほか、テレビやラジオなどでコメンテーターを務めています。

また、個人としても億単位の資産を持つ立派な個人投資家でもあります。

以前読んだ加谷珪一さんの著書『億万長者への道は経済学に書いてある』もマクロ経済学を基本とした投資理論が学べて大変面白かったです。

不労所得とは

まずは、不労所得について定義を確認しておきましょう。

コトバンクでは不労所得についてこのように定義されています。

不労所得

働かないで得る所得。利子・配当金・家賃・地代など。

コトバンク

不労所得と聞いて、多くの方がイメージされるのは株式から得られる配当金や不動産投資による家賃収入ではないでしょうか。

確かにコトバンクにも例として挙げられている利子・配当金・家賃・地代というのは立派な不労所得です。

自身が保有している株式や不動産などの資産が働いてくれ、立派な不労所得を生み出してくれています。

ただ、株式や不動産についてはそれなりの資産を持っていないと十分な不労所得を得ることはできませんし、これらは株式市場や不動産市況、さらに大きく言えば景気に左右されるという大きなリスクを取っています。

不労所得については何らかの妥協さえできれば、もう少し簡単に得ることができると本書では述べられています。

その妥協すべき点が以下の3つです。

①多少の労働は行う
②ある程度のリスクを取る
③リターンが少ないことを受け入れる

これまで不労所得の例として挙げてきた株式投資や不動産投資は「②ある程度のリスクを取る」の代表的な例となります。

自分の大切な資産に対して大きなリスクを取った対価として得られる不労所得になります。

①多少の労働は行う」は、ブログやメルカリなどが該当します。(詳しくは後述)

ブログやメルカリは株式投資や不動産投資とは違ってリスクは限りなく低いです。

ただ、収入を得るにはブログの場合だと良質な記事を書き上げたり、メルカリの場合だと商品の出品という多少の労働が伴います。

多少の労働が必要ということで完全なる不労所得とはイメージが少しかけ離れている方がいらっしゃるかもしれませんが、ブログもメルカリも一定数記事だったり、出品数が積みあがってくればアクセス数が積み上がり、自分が働いていない時間に所得をもたらしてくれる可能性があります。

私が以前に読んだ小林正弥さんの著書『億を稼ぐ勉強法』の言葉を借りれば、「過去時間」と「他人時間」がうまく活用できているということになります。

③リターンが少ないことを受け入れる(収益を犠牲にする)」ということについては、少し皆さんが考えられている不労所得とはイメージがかけ離れます。

労働もあまりしたくないし、大きなリスクも取りたくないという場合は、生活をコンパクトにするということが重要になってきます。

生活を質素にした結果としてこれまでより生活費を削減することができれば、その分自由に使えるお金が増えるというイメージです。

もう少し分かりやすく説明するために以下の資産形成の公式をご覧ください。

資産形成を加速させていくには、「収入を増やす」、「支出を減らす」、「運用利回りを上げる」ということが重要になります。

今回着目しているのはこの「支出を減らす」という部分です。

仮に支出を2万円減らすことができれば、自分の資産として自由に使えるお金が2万円増えたことと同義になります。

個人的には、この「③リターンが少ないことを受け入れる(収益を犠牲にする)」の概念は不労所得が増えたというよりは自由に使える所得が増えたというイメージですが、いずれにしても資産形成にあたっては非常に重要な考え方になります。

著者も億単位の資産を持っているものの、基本的にはお金がなかったサラリーマン時代とは変わっておらず、むしろ昔よりも支出は少なくなっているそうです。

ネット時代の不労所得

では、さっそくここ数年で広まった新しい稼ぎ方について簡単に紹介していきたいと思います。

ここで述べるネット時代の不労所得については、上述の妥協点「①多少の労働は行う」の考え方に当てはまります。

つまり、多少の労働は必要となるものの、立派な不労所得になりえる手法です。

①ブロガー/ユーチューバー

労力:4 リスク:0 リターン:2 難易度:3

ブロガーもユーチューバーも近年注目が集まっています。

これらの手法は不労所得という面もありますが、そうでない部分もあります。

そうでないという部分というのは、ブログやYouTubeにしろ、記事を書き上げたり、動画を作成するという多少の労働が必要となります。

ブロガーもユーチューバーも基本の収益構造は、自身の運営するWebサイト/メディアに訪問してもらい、広告の対価として収入を得るという仕組みになっています。

なので、ブログにしても、YouTubeにしても、それなりに良質な記事を書くか、良質な動画を作成するという努力が必要になります。

その結果として、ファンがたくさんつき、人気サイトになってくれば、一定数積みあがった記事や動画が不労所得として働いてくれます。

このように人気サイトにするまでに努力が必要となりますが、ファンがつき、人気サイトとなってくるとみなさんがイメージされるような不労所得に近づいてくるという訳です。

あと、ブログ、YouTubeのいい点がリスクがほとんどないということです。

ホリエモンが提唱している儲かるビジネス4原則は以下の4つです。

1.小資本で始められる
2.在庫がない(あるいは少ない)
3.利益率が高い
4.毎月の定期収入が確保できる

3と4は置いておいて、ブログもYouTubeも1と2の条件は満たしています。

どちらも小資本で始められて、在庫を持つ必要がありません。

これは言い換えると、リスクをほとんどとらなくていいということになります。

株式投資や不動産投資と違って、自分の資産が減ってしまうリスクはありません。

自分の時間は犠牲になるものの、リスクはほとんどないので、もし収入源を何か増やしたいと思われている方はぜひブログやYouTubeに挑戦してみてください。

こんな人におすすめ!!

・文章を書くこと(ブログ)/映像を撮ること(ユーチューブ)が好き
・マメな性格で、定期的にコンテンツを配信することが苦ではない
・読者/視聴者の反応を意識して、コンテンツをつくれる

②せどり

労力:2 リスク:1 リターン:1 難易度:1

せどりというのは、簡単にいうと中古品の売買になります。

最近では、メルカリなどが普及したことによってフリマ市場も急拡大してきました。

前述のブログ/YouTubeと比較すると、労力もそれなりに少なく、難易度も少ない(はじめやすい)代わりにリターンも少なくなっているというのが特徴です。

現在、中古品の売買については、メルカリとヤフオクの2強です。

メルカリが2018年の月間利用者数がおよそ1000万人で、1年間に3500億円ほどの商品がメルカリ上でやり取りされています。

ヤフオクは中古品売買ではトップで、現在でも年間9000億円近い取扱高があります。

ヤフオクはオークション出品とフリマ出品の2つの形式があります。

本書では、初心者が検討すべきはメルカリかヤフオク(フリマ出品)の2つだと述べています。

フリマ出品は、自分が売りたいものについて写真を取り、商品の状態・説明を書いて、自身で値段を決めて出品するという流れが通常です。

商品が売れて取引が完了した際に、プラットフォーマー(ここでいえば、メルカリ・ヤフオク)に手数料を引かれ、残りが自分の売り上げ金として計上されるという仕組みです。

メルカリは手数料が10%、ヤフオクも同じ10%の手数料がとられます。

ただ、ヤフオクについては、月額498円支払ってYahoo!プレミアム会員になると手数料が8.64%になります。

フリマ自体は始めることは本当に簡単です。

私もメルカリで不要なものを売却してお小遣い程度の収入を得ています。

今はネットで検索すれば、フリマの始め方など丁寧に説明されているので、ぜひ興味を持たれた方は始められてください。

こんな人におすすめ!!

・売買相場に興味があり、調べるのが苦ではない
・売買に関する交渉事が好き
・仕入れや商品に関して、アイディアが出せる

③会員ビジネス

労力:3 リスク:0 リターン:3 難易度:5

続いて紹介するのが会員ビジネス。

最近では、ネット上である程度の知名度のある人が有料のネット・サロンなどを開催し、そこで収益を上げるという形態が多くみられます。

有名どころでいえば、堀江貴文さんや西野亮廣さんがオンラインサロンを運営しています。

当初は著名人や知名度のあるブロガーによるサロン開設が中心でしたが、最近では一般にはそれほど名前が知られていない人もサロンを開設するようになり、裾野が広がってきているようです。

オンラインサロンを運営して収益を上げるためには、会費を払って参加している人の満足度を高めていく努力が必要となります。

やはり、それなりに運営者に魅力的な人的資本(スキル・ノウハウなど)が求められますし、オンラインサロン自体の運営の能力も問われます。

そのため、非常に参入障壁が高く、初心者は手を出しにくい分野となります。

もし、オンラインサロンに興味を持たれた方がいれば、本書であったり、他のサイト等を参考にしてみてください。

こんな人におすすめ!!

・ある程度のファンがついている
・人とのコミュニケーションが好き
・特定ジャンルの深い知識やカリスマ性がある

④リース/レンタル

労力:1 リスク:2 リターン:1 難易度:2

リース/レンタルと聞くと敷居が高いと感じるかもしれませんが、最近ではシェアリング・エコノミーが普及してきました。

シェアリング・エコノミーとは、ネットを使って人やモノ、サービスを多くの人で共有する仕組みのことを指します。

最も有名なのは、配車サービスのUberであったり、民泊のAirbnbではないでしょうか。

日本では規制があり、タクシーのみの配車となっていますが、一般人でもリースやレンタルの対象となるものを持っていればビジネスになりうる時代となってきました。

Airbnbを例に挙げると、旅館業法の規制があるものの、一般人が空き部屋を貸し出すことによって収入を得られるようになりました。

ただ、Airbnbでも空き部屋だったり、住宅、別荘だったりとある程度の資産を持っていなければならず、私と同じような20代は利用者として使うことはあっても貸し出す側として収入を得ることは難しそうです。

なので、本書で紹介されていたもっと気軽にシェアリング・エコノミーを活用できそうなサービスを3つ紹介します。

Quotta(クオッタ)

クオッタHPより

1つ目に紹介するのが、Quotta(クオッタ)というサービス。

Quottaは、個人間でモノの貸し借りができるアプリです。

アプリに登録し、貸し出したい商品を出品して、借りたい人とマッチングします。

私も試しにアプリをダウンロードしてみました。

商品の例をみると、一眼レフカメラが1日当たり600円、ルンバが1日当たり300円といった価格でレンタルされています。

送料は出品者によって異なります。

Quottaは2018年5月にスタートしたばかりで、今後どの程度の規模に成長できるのかは未知数ですが非常に面白そうなサービスです。

メルカリくらいのユーザー規模になれば、お金に働いてもらうだけでなく、モノにも働いてもらうという選択肢が取れそうですね。

LaxusX(ラクサスX)

Quottaと似たようなサービスとして、LaxusX(ラクサスX)があります。

Quottaが商品の分野を限定しないレンタルサービスだったのに対し、LaxusXはブランド物に特化したサービスとなっています。

利用者は自分が使いたいバッグを借りることができます。

出品者側は自身が保有しているブランド物のバックを貸し出すことになります。

LaxusXは借りる側は月額固定料金で借りれる仕組みになっており、いつでも好きなバッグにチェンジすることができます。

貸し主側は、レンタルされた日数分の金額が収入として払い込まれる仕組みになっています。

もし、ブランド物を保有しているけれども、ほったらかしで眠っているようなものがあればこのサービスを使ってみるのもよさそうです。

また、支出を減らすという面でも、ブランド物を無理に買わず、必要な時だけブランド物を借りて身につけるという選択肢も取ることができます。

Anyca(エニカ)

Anyca(エニカ)は、ディー・エヌ・エーが提供しているクルマの貸し借り仲介サービスです。

クルマを貸したいオーナーは、自身のプロフィールやクルマの写真、装備、受け渡しの時間帯などの各種情報を登録して、借りたい人からのリクエストを待ちます。

リクエストを受け取ったら承認し、受け渡し場所でクルマを渡します。

レンタル料金はクレジットカードで決済され、Anycaは手数料として10%を徴収します。

日本ではUberが規制によって活用できませんが、活用していないクルマがあればAnycaを活用することによって収入を得ることができます。

以上リース/レンタルとして活用できそうな3つのサービスを紹介しました。

モノのレンタルサービスはそれ自体で大きく儲けることはできませんが、自分が所有しているモノを有効活用できれば非常に効率のよい不労所得になりえます。

こんな人におすすめ!!

・もともと需要の高いモノを持っている
・気軽に何か始めてみたい
・リスクが少ないなら、リターンが少額でも構わない

投資による不労所得

続いて、不労所得の代表ともいわれる「投資による不労所得」を紹介します。

上記で説明してきた「ネット時代の不労所得」は多少の労働を犠牲にして不労所得を得るというものでした。

これから紹介する株式や不動産による不労所得は、ある程度のリスクを犠牲にすることによって不労所得を得る手法になります。

①株式

労力:2 リスク:3 リターン:3 難易度:2

株式投資による不労所得について説明しますが、長期投資を前提に話を進めていきます。

長期の株式投資によって期待できる不労所得は主に2種類あります。

1つ目は、配当金などのインカムゲイン
もう1つは、保有資産の値上がりによるキャピタルゲイン

まずは、1つ目に挙げた株式から生み出される配当金について紹介します。

株式による配当金こそ、みなさんがイメージされる代表的な不労所得ではないでしょうか。

株式を保有することによって株主となり、配当金を出している会社の株主であれば配当金をもらえます。

これは立派な不労所得です。

また、長期投資の際に重要となってくるのは、投資で得られた資金は必ず再投資し、複利のメリットを享受することです。

こちらについては、ジェレミー・シーゲル先生の『株式投資の未来』でも配当金を再投資することの重要性が述べられていましたので、併せて参考にしていただければと思います。

保有資産の値上がりによるキャピタルゲインも立派な不労所得です。

配当金のように目に見える形で不労所得を得られる訳ではありませんが、しっかり資金を投じて市場に参入することによってお金がその間にしっかりと働いてくれます。

時間をかけて数年後、数十年後に増加した資産は立派な不労所得として積みあがった結果です。

その間に何もせずに預金100%にしておくとお金は全く増えないですからね。

投資はリスクがつきものですが、長期で実践すれば、仮にリーマンショックのような出来事があったとしてもその後の回復で損失を取り戻せる確率も高まります。

私も市場に参加し続けることは非常に重要だと思っているので、もし投資に興味を持たれている方は少額から株や投資信託を買ってまずは市場に参入してみてください。

こんな人におすすめ!!

・堅実で、長いスパンで投資を考えられる
・政治や経済の情勢に関心がある

②不動産

労力:2 リスク:5 リターン:5 難易度:4

株式よりもハイリスク・ハイリターンとなるのが不動産投資です。

しかし、家賃収入による不労所得は非常に夢があります。

著者は不動産投資において最も重要なのは、物件探しとそれに付随した不動産市況の分析だと述べています。

株式と比べてハイリスク・ハイリターンなので、しっかり勉強して分析することは非常に重要です。

また、不動産投資で成功するために最も重要なのは、不動産が好きかどうかということだそうです。

これらの条件を満たしている方は不動産投資に成功する確率は高く、逆にそうでない場合は手を出さない方が無難と本書では述べられています。

こんな人におすすめ!!

・投資意欲が旺盛で、投資先を広げていきたい
・不動産が好きで、物件探しが苦でない
・リスクを取ってでも、ハイリターンを狙いたい

サラリーマンの稼ぎ方

これまで不労所得についていくつか種類を紹介させていただきました。

本項ではこれからの時代の稼ぎ方について考えていきたいと思います。

私もサラリーマンとして現在は給与収入に大きく依存していますが、これからの時代は「給料+不労所得」を目指すべきだと考えています。

多くのサラリーマンの方々にとって給与収入はある程度固定されていると思います。

ただ、これまで紹介してきたような不労所得を組み合わせることができれば、年収を引き上げることが可能です。

例えば、年収400万円の人が月3万円の副収入を得ることができれば、年収は436万円となります。

本書でも述べられていますが、特にサラリーマンという形態は個人事業主や経営者とは違ってある程度毎月の給与が保障されています。

会社で頑張って成果を残せるかどうかで翌年の給与は変わったりすることもありますが、基本的には提示されている給与を毎月もらえていると思います。

これは会社に居続けるという選択肢を取れば、極端な話、成果がどうこうに関わらず一定の水準の給与がもらえるということです。(もちろん、ある程度の成果が出なければ会社でのストレスを抱えることにはなります…)

個人事業主や経営者だとそういう訳にはいきません。

個人事業主や経営者であれば、自分や会社の頑張りによって収入を大幅に伸ばすことも可能ですが、逆にリーマンショックや東日本大震災の時のような不況に見舞われたり、何らかのトラブルで業績がガタ落ちしてしまうと自身の給与さえ保障されません。

普段サラリーマンとしてあまり意識はしないものの、見方を変えてしまえば、会社に通っているだけで一定額のお金を稼ぐことができるというのは実はとてつもない利権なのです。

なので、会社で生活するために必要なお金を稼ぎつつ、副業という形でプラスアルファの収入を増やしていくというのはとても理想的です。

仮に副業がうまくいかなくても会社を辞めない限りはおおもとの収入は確保されているので失敗を恐れることはありません。

最初は収入化までに時間がかかるかもしれませんが、その副業を可能な限り不労所得に近い形に持っていけるように努力するのがベストだと思います。

まとめ

最後に本書を読んでいて心に響いた部分を紹介したいと思います。

お金持ちになるためには、お金を稼ぐ仕組みを作ればよい。
いったんお金を生み出す仕組みを作ることができれば、その後は最小限の労力でお金を稼ぎ続けることができる。

『投資に踏み出せない人のための不労所得入門』加谷珪一著

最初は何も分からない状態で、どうやってお金を稼ぐことができるのか試行錯誤が続いていくと思います。

まずは少しでもやってみてお金を生み出す仕組みを学んでいき、努力を重ねてできるだけ不労所得に近い形を目指していくのが理想です。

不労所得を作るための第一歩として本記事で紹介した不労所得一覧がお役に立てれば幸いです。

ぜひ、興味を持たれた方は本書も読んでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。