つみたてNISA

【運用成績公開】つみたてNISAでたわらノーロード新興国株式を3年間積み立て続けた運用成果

つみたてNISAの投資対象として「たわらノーロード新興国株式」を組み入れようか迷っている…実際に「たわらノーロード新興国株式」に投資をしている人はどれくらい運用成果が出ているのかな?

上記の悩みを解決するために、本記事ではつみたてNISAで「たわらノーロード新興国株式」を3年積み立て続けた運用成績を開示します。

アーク
アーク
私はつみたてNISAの制度がはじまった2018年からたわらノーロード新興国株式への積立投資を行っています。

つみたてNISAの制度を利用して「たわらノーロード新興国株式」への投資を検討されている方の参考になれば幸いです。

たわらノーロード新興国株式の3年間の運用成果

では、さっそく私が2018年よりつみたてNISAを活用して積立投資を継続してきた「たわらノーロード新興国株式」の3年間(2018年∼2020年)の運用成果を公開していきたいと思います。

2018年から2020年の3年間における合計投資額と購入口数は以下のとおりです。

2018年:94,000円(口数:71,143口)
2019年:132,000円(口数:101,030口)
2020年:124,000円(口数:98,095口)
合計:350,000円(口数:270,268口)

つみたてNISAをはじめてから3年目にあたる2020年度末(2020/12/30)の「たわらノーロード新興国株式」の基準価額は15,185円となっています。

2020年12月30日時点における「たわらノーロード新興国株式」 の評価額は410,401円となっていたので、評価益は+60,401円(+17.25%)でした。

悪くはなさそうに見えますが、米国株式や先進国株式などと比較すると運用成績は劣後しています。

まとめ:将来的に期待がもてる新興国株式

3年という投資期間は長期投資において一つの区切りになるため、今回「たわらノーロード新興国株式」の3年間の運用成果を紹介させていただきました。

新興国株式は先進国株式や国内株式と比べてボラティリティ(変動幅)が大きいですが、投資軸を長期で見据えた場合、将来的に期待がもてそうです。

私は現在もつみたてNISAで新興国株式インデックスへの投資を継続していますが、ファンドは「たわらノーロード新興国株式」から「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」に切り替えました。

以下の記事で、 つみたてNISAで新興国株式に投資をするなら「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」がおすすめな理由を紹介しておりますので、新興国株式インデックスへの投資を考えている方は併せて参照していただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。