その他資産形成

全消去してしまった大切なデジカメのデータをなんとか復旧させた話。

こんにちは、アークです。

これまで資産形成についてブログ記事を更新してきましたが、今回は資産防衛の話。

嘘です。ちょっとかっこつけました。(笑)

先月、間違えてデジカメのデータを全消去してしまった時に試行錯誤のうえ、データを取り戻した話です。

デジカメの写真データについては、思い出がたくさん詰まっていますし、個人的には大切な資産の一部です。

何故、全消去してしまったのかはさておき、個人的に大切な資産の一部である写真データを復旧させることができて一安心しました。

アーク
アーク
最初、データが全部消えていた時はすごく焦りましたからね…

まあ、とりあえず、なぜデジカメデータを全消去してしまったのかという失敗談と復旧作業について簡単に紹介したいと思います。

こんな人におすすめ!!

・大切なデータを間違えて消してしまった
・大切なデータを取り戻す方法を知りたい

デジカメデータ全消去の背景

ちょうどひと月前くらいの話ですかね。

4人でちょっとした祭りに行っていました。

私はデジカメを持参し、写真を撮ったりしていました。

写真を撮りながら、ブレた写真、あまり綺麗に撮れなかった写真は消去、そして気を取り直して写真を撮るという作業を繰り返していました。

ただ、その時どこかで誤って全消去というボタンを無意識的に押してしまっていたのです。

祭り当日は気づかなかったものの、翌日目を覚まして写真を整理していると、これまでに保存していたはずのデータが見つからなかったのです…

アーク
アーク
そんな、まさか・・・

そう、そのまさかでした。

写真のデータを全消去してしまっていたのです。

アーク
アーク
ぐあぁぁぁぁぁぁ…

心あたりはありました。

写真を撮っていた時はとても人混みが多かったですし、好きな人も一緒にいてとても平常な状態ではありませんでした。

まあ、たぶんこの時に全消去押してしまったんだろうなということはめちゃくちゃ心あたりがあります。(笑)

この時以降に撮ったデータしか残っていなかったからですね…

どうやって修復したか

思い出でもあるデジカメの写真データが全部なくなっているという事実を認識してからまずはメンタルの修復をしました。(笑)

アーク
アーク
結構落ち込みましたからね。

事実を受け入れ、散歩したり、寝たりしました。

ただ、状況は変わりません。

とりあえず、何か解決できる方法はないか…ググってみました。

すると、あるものを見つけました。

それが、Recoveritというデータ復旧ツール。

私と同じようにデジカメのデータを全消去してしまった人は過去にたくさんいたようで、ブログ記事が多数掲載されていました。

その記事を読み進めていくうちにRecoveritというデータ復旧ツールがあることを知りました。

この時、率直に思ったのは、Googleさん偉大っていうことと、ブロガーって意義深いなっていうこと。

知っておられる方も多いとは思いますが、Googleの企業理念は以下のようになっています。

Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

Google

Googleによって世界中の情報が整理され、検索プラットフォームとしての基盤がしっかり構築された結果、今回のようにググるだけで欲しい情報にすぐ出会えるようになりました。

また、ブロガーさんの記事のレベルも非常に高く、同じ経験をされたり、より専門的な知識を持っている方々の質の高い記事が無料で閲覧できるので非常にありがたいです。

今回の場合だと同じ経験をされたブロガーの情報ほど頼りになるものはないですからね。

アーク
アーク
私もいずれは、少しでも多くの方に資産形成のヒントを得てもらえるようになりたいなと思った次第ですよ。

脱線しちゃいましたね。

Recoveritという復旧ツールですが、Wondershareという会社が開発したものみたいです。

全く聞いたこともない会社で、少し心配だったので、念を入れてたくさん調べました。

どうやら、Wondershare社というのは中国系の会社みたいで、中国のシリコンバレーとも呼ばれる深圳に研究開発センターを持っているみたいです。

興味ある方はリンクを貼っておりますので、覗いてみてください。

RecoveritのURL ↓

https://recoverit.wondershare.jp/

Recoveritは、PC、HDD、SDカード、USBメモリなどのデバイスのあらゆるデータ損失からドキュメント、画像、オーディオ、ビデオファイル、電子メール、アーカイブファイルなど550形式のファイルデータを高速・高品質で復元できます。

今回の私の場合だと、SDカードの画像データを復旧させるということになります。

無料のダウンロードにて、消失してしまった画像を探しだすことができます。

ここでデータが見つかれば、復旧させることが可能ということです。

私の場合、データ消失してから1日たたずという比較的早い時に失ったデータを探し出すことができたので、大方のデータが見つかりました。

気づいてから時間が経っているほど、消失したデータが見つからない可能性が高くなるため、私は翌日に気づいたのは不幸中の幸いだったようです。

消失したデータさえ見つかれば、あとは取り戻すだけ!

ただ、無料でもデータの復旧は可能みたいですが、取り戻せるデータ容量に限りがあるみたいでした。

今回の私のようなデジカメのデータを取り戻す場合は、無料ではすべて取り戻せないということに気づきました。

画像データは比較的容量が大きいですし、それに消失したデータは結構な量がありました。

なので、今回は思い切って、有料版に手を出します。

RecoveritのHPより製品価格

年間更新と永久ライセンスがありましたが、私は永久ライセンスを選びました。

8000円はなかなか高いので手を出すか迷いました。

年間更新にしても、毎年データを消失する機会というのは少ないと思いますし、まあ永久ライセンスで買っておけば今後同じようにデータが消失した場合も復旧することができますからね。(もう同じミスはしないと誓っているけど)

結果的に有料版の製品購入にて、データを無事取り戻すことができました。

8000円の代償は支払いましたが、無事取り戻せてよかったです。

教訓

今回の経験で私が伝えたいことと教訓は以下の通りです。

思いがけない失敗をしても、Googleさんを頼って調べれば、なんとか解決できる!

私は初めて自分のミスでデータを全消去してしまい、もう復活させる方法などはないと思っていましたし、諦めていました。

ただ、ふとGoogleで検索してみたところ、同じような失敗をされたような方々がおり、Recoveritというツールを使って復旧させることができるということを知りました。

結果的にこれらの情報をつたって、私も大切なデータを復旧させることができました。

なので、今後も何か思いがけない失敗をされた場合は、ぜひ一度解決方法を調べてみて、できる限り対処をしてみてください。

きっと解決できるヒントがGoogleさんの中にあるはずです。

また、自分の失敗から得られる教訓はほかにも以下のようなことがありました。

・データはこまめにバックアップを取ろう
・データの消去作業は平常時にやろう
・データの復旧作業には時間もお金もかかるよ

だいたいが予防策にはなりますが、仮にデータのバックアップを取っていたり、平常時にデータの編集をする(ミスの予防)ことができていれば、そんなに大きな問題にはならなかったはずです。

すでに話したとおり、私は今回有料版(8000円)に課金して、時間とお金を費やし、データの復旧をしました。

時間とお金はほんとに大切なかけがえのないものなので、あらかじめ予防策を講じておけば、もっと有効なことに使えたはずです。

今回の記事は私の失敗談についてでしたが、少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。