その他資産形成

楽天ポイント運用

こんにちは、大谷世代の若きインデックス投資家ARK(アーク)です。

積立NISAを活用して、インデックス投資を中心に資産形成を行なっています。

積立NISAでは自分で稼いだお金を積立にまわしていますが、それとは別でポイントを運用にまわすというポイント運用というのも私はやっています。

今回はこのポイント運用について紹介させていただければと思います。

ポイント運用について

私は楽天ポイント運用というサービスを活用しています。

ポイント運用という単語はイメージしやすいと思いますが、そのままの意味でポイントを投資して運用していくということになります。

通常の現金で積み立てる場合をポイントに置き換えていただければイメージしやすいと思います。

私が活用している楽天ポイント運用では、楽天のサービスを活用すれば貯まっていく楽天スーパーポイントが対象になります。

私はクレジットカードも楽天カードを使っていたり、ネットでの買い物(主に楽天ブックス)も楽天市場を活用しているので、楽天ポイントがボチボチ貯まります。

楽天はポイントが貯まりやすいという点で非常に人気になっています。

私も今後楽天経済圏をフル活用していきたいと思っています。

ポイント運用の最大のメリット

ポイント運用をするにあたって最大のメリットは、気軽に始められるということではないでしょうか。

投資の経験が浅い方にとって、現金で投資するのには多少抵抗があったり、心理的に不安になることもあるかと思います。

その点、ポイントについてはなくなったとしてもそんなに生活に支障が出るものではありません。

なので、ぜひ投資の疑似体験としてポイント運用を活用していただきたいと思います。

楽天ポイント運用の紹介

それでは、具体的に私が活用している楽天ポイント運用についてサービスを簡単に紹介していきたいと思います。

アプリは楽天POINT CLUBを使います。

100ポイント単位で投資することができます。

つまり、100ポイント単位で投資を疑似体験することができるということです。

楽天ポイントを拠出して、実際の投資信託の動きと連動してポイントが毎日増減していきます。

楽天ポイントの運用の場合、選べるコースは「バランス型」と「アクティブ型」の2つになります。

ともに楽天・インデックス・バランス・ファンドという大元の投資信託は同じですが、バランス型は債券重視型となっており、アクティブ型は株式重視型という構造になっています。

一般的に債券はローリスク・ローリターンに分類される商品で、一方株式はハイリスク・ハイリターンに分類されます。

なので、手堅くポイントを運用したい場合は、「バランス型」が好ましいでしょうし、リスクを許容してよりリターンを求めるのであれば「アクティブ型」にするのがいいと思います。

楽天ポイント運用実績

実際に私の楽天ポイント運用の実績を紹介したいと思います。(2019.07.12時点)

私はアクティブ型で運用しています。

理由はポイント投資の最大のメリットで述べた通り、あくまでポイントですので正直無くなっても困りませんし、リスクは現金と比べてもかなり許容度が高いからです。

投資方法は毎月1000ポイントずつ積み立てています。

毎月同月日に自動的に積み立ててくれるサービスはありません。

なので、私は積立NISAの積立日と同じタイミングで忘れないように手動で追加しています。

一度にまとめたポイントを投資してもよかったのですが、ドルコスト平均法によって堅実に運用したかったので、面倒ですがこの手法をとりました。

現在は累計で5000ポイント投資しています。

楽天ポイント運用状況

評価額は5171ポイントとなっており、運用益は3.4%となっています。

同時点において、現金で積み立てを行なっている投資信託のポートフォリオのパフォーマンスは2.7%ですので、ポイント運用の方がよい結果が出ています。(笑)

私の積立投信の運用成績についてはこちらで紹介しております。

さいごに

もともとは興味本意ではじめてみた楽天ポイント運用ですが、今後も地道に継続して運用を続けていきたいと思います。

ポイントは現金よりも投資はしやすいと思いますので、今後投資の経験が浅い人たちがポイント投資からはじめて次第に資産運用に興味を持っていただけると嬉しいですね。

今回、紹介させていただいたのは楽天ポイント運用です。

楽天証券に楽天ポイントを使って実際に投資信託を購入できるサービスもありますが、そちらはまた内容が全然違いますので混同されないようにご注意いただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。