楽天経済圏

【ドコモから楽天モバイルへ】乗り換えた理由と使ってみた感想を紹介

楽天モバイルへの乗り換えを検討しているけど、実際のところ使いやすさとかどうなんだろう?
楽天モバイルに乗り換えることによって得られる具体的メリットって何?

上記のような悩みを解決すべく、
大手通信キャリアドコモ(docomo)から楽天モバイルに乗り換えた私の実体験をもとに
楽天モバイルに乗り換えた理由使ってみた感想を紹介します。

最初は大手キャリアから格安SIMに乗り換えることに躊躇いがありましたが、いざ思い切って乗り換えてみると全然不便さは感じず、逆に多くのメリットを享受することができています。

では、さっそく紹介していきましょう!

こんな人におすすめ!!

・楽天モバイルへの乗り換えを検討している
・楽天モバイルの速度が気になる
・毎月の通信料を引き下げたい

ドコモから楽天モバイルに乗り換えた理由

まず、私が大手通信キャリアドコモから楽天モバイルに乗り換えようと思った理由を紹介します。

以下の3つが主な理由です。

①固定費を削減したい
②楽天ポイントが貯まる
③スマホを触っている時間はそんなに長くない

①固定費を削減したい

最も大きな理由が固定費を削減したいということでした。

楽天モバイルに乗り換える前まではdocomoユーザーでしたが、毎月の通信費は8,500円程度かかっていました。

内訳としては、基本使用料(いわゆるカケホーダイ)が1,700円、パケット定額料が2,600円、端末代金が3,700円、これらに消費税が乗っかって合計8,500円程度です。

政府からも大手3大キャリア(docomo、KDDI、Softbank)の通信料は高く、通信料を引き下げろと指摘されていますが、私自身もそのように感じていました。

資産形成に取り組むうえでも固定費の削減は効果が大きいため、格安SIMへの乗り換えを検討してみたというところです。

②楽天ポイントが貯まる

固定費を削減したいという理由があって格安SIMの乗り換えを検討しましたが、中でも楽天モバイルに乗り換えようと思った理由楽天ポイントが貯まるということです。

私は以前から主要のクレジットカードとして楽天カードを利用しており、本も楽天ブックスで購入、買い物も楽天市場を利用するなど楽天経済圏を積極活用していました。

そんな楽天ユーザーにとって、楽天モバイルの利用はSPU+1倍対象の魅力的なサービスなんです。

ポイントの付与率が1%上がるため、ポイントを無駄にしなければ楽天のサービスを今後利用するにあたって実質1%割引と同義になるため効果は大きいです。

また、楽天モバイルの利用料金に対しても楽天ポイントが付与されるため、より楽天ポイントが貯まる体質になれます。

③スマホを触っている時間はそんなに長くない

上記の2つの理由が主で楽天モバイルへの乗り換えを検討しましたが、そもそも私自身がスマホを長時間触っているタイプではなかったというのも大きかったです。

平日は社会人として仕事をしているのでスマホを触る時間は少ないですし、プライベートにおいてもSNSは触りますが、特別スマホでゲームをしたりする訳ではないので通信速度が仮に遅くなったとしてもそんなに影響を受けないのではと思いました。

この点も格安SIMに乗り換えを検討するにあたって、すぐに行動に移しやすかったです。

楽天モバイルを使用してみた感想

上記で紹介した3つの理由から楽天モバイルに乗り換えを行いましたが、実際に楽天モバイルを利用してみた感想を紹介します。

①固定費が大きく下がった

実感として一番効果が大きかったのは、固定費が大きく下がったことです。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えを行った時はドコモに対して解約の違約金がかかったり、楽天モバイルにも手数料がかかりましたが、それ以降は通信費が月1,000円程度になりました。

端末代金の3,700円は払い続けていますが、それでも合計で4,700円程度です。

もともと大手キャリア時代は8,500円程度毎月通信費がかかっていたので、約3,800円程度固定費を減らすことができました。

しかも楽天モバイルは支払いに楽天ポイントが使えるので、私は通信費を楽天ポイントで賄いました。

なので、実質端末代金の3,700円のみの支払いで済むようになりました。

②楽天ポイントがさらに貯まるようになった

楽天ポイントも貯まるようになりました。

楽天モバイルに加入したことによってSPUが+1倍となり、通常時のSPUも+9倍となりました。

これに楽天イーグルスの勝利やその他のイベントを組み合わせれば、SPU+10倍に到達します。

楽天市場や楽天ブックスで商品を購入する際にポイントで10%還元されるので、楽天ポイントが貯まる体質になりました。

貯まったポイントに関しては楽天モバイルの支払いに充てたりしているので、楽天経済圏で好循環を生み出せています。

③通信速度もそんなに不便ではない

楽天モバイルに切り替えるにあたって一番不安だった点は通信速度でした。

しかし、巷での評判どおり、そんなに不便に感じることはありませんでした。

確かにアプリのアップデートだったり、漫画の読み込み、動画の視聴についてはたまに遅いと感じる時がありますが、私は全然耐えられるレベルです。

そして、12時台と18時台は少しつながりにくいですね。

ただ、楽天モバイルの場合、専用のアプリで低速モードと高速モードも使い分けることができるので、特に問題はありません。

YouTubeやAmazon Prime(映画)、PC(テザリング)も問題なく使えます。

私と同じように普段、あまり長時間スマホを触らない人は楽天モバイルに切り替えても全然やっていけると思います。

まとめ

以上、私がドコモから楽天モバイルに乗り換えた実体験をもとに楽天モバイルに乗り換えた理由と使ってみた感想を紹介しました。

格安SIMは価格が安い分、なんとなく低品質なイメージを抱いていましたが、実際に使ってみると全くそんなことはありませんでした。

むしろ、なんでもっと早く格安SIMに乗り換えなかったんだろうという感じでした。

現在、スマホの通信量にあまりこだわりがないのになんとなく大手キャリアを利用しているという方は見直す余地があると思います。

格安SIMに乗り換えるだけで毎月の固定費を大きく削減できるので、ぜひ試してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。