その他資産形成

本の購入法 -楽天ブックスの活用-

こんにちは、20代の読書家アークです。

私は現在月に8冊程度本を読んでいます。

割合はビジネス書:小説=7:1くらいの割合で、ビジネス書が中心です。

読書は専門書であれば、より専門的な内容を噛み砕いた表現でより分かりやすく吸収することもできますし、自己啓発本等では気持ちを高めてくれたり、新しい行動につながったりと私を大きく勇気づけてくれます。

読書を本格的にするようになったのは大学2.3年生の頃からなので、当初からの知識が蓄積されて少しずつ成長しているように感じます。

また、小説についても想像力が養われたり、ストーリーに感動したり、 文章や表現の言い回しにうまいなぁと感心させられます。

いずれにしても読書は人的資本を高めてくれる立派な自己投資だと思っています。

読書をされている方からするとどの方も読書をするメリットはそれぞれ感じられていると思います。

なので、今回は私が感じる読書のメリットではなく、私が実践している本の購入法-楽天ブックスの活用-について紹介したいと思います。

本を買う場所は 書店派?ネット派?

読書好きの皆さんに質問です。

本を購入する場合、書店で購入されていますか?それともインターネットで購入されていますか?

私も読書好きの方々がリアル書店で本を購入されているのか、ネット書店で本を購入されているのか非常に気になりました。

そこで、非常に興味深い調査がありました。

2018年度のデータではありますが、MMD研究所が15~69歳の男女5000人を対象に「オンライン書店の利用に関する調査」を実施しています。

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1717.html

この調査によると、書籍を購入したことがある場所の回答で最も多かったのは、「街中などの書店」(47.7%)、続いて「オンライン書店で現物の本の購入」(35.1%)となっており、どうやらまだネットよりも書店での購入が多いみたいです。

MMD研究所 「オンライン書店の利用に関する調査」 より引用

続いて気になったのが、オンライン書店を利用している人はどこを使っているのかということ。

「オンライン書店の中で利用したことがあるサービス」という質問項目に対して、男性844名、女性909名が回答。

MMD研究所 「オンライン書店の利用に関する調査」 より引用

1位はAmazon(男性:78.9%、女性:76%)。
2位は楽天ブックス(男性:61.1%、女性:60.2%)。
3位がyahoo!ショッピング(男性:23.3%、女性:17.4%)。

私も使ったことのあるのはAmazonと楽天ブックスでやっぱり2強という印象。

Amazonはオンライン書店を利用したことがある人の4人のうち3人が、楽天は5人いたら3人が利用したことがあるという高い割合を誇っていますね。

私の本の購入法 -楽天ブックス-

では、私が普段本を購入する際の経路ですが、楽天ブックスを利用しています。

学生の頃はAmazonを利用していましたが、社会人になってから楽天ブックスを利用しています。

そもそもオンライン書店を利用している理由は、ポイントの還元率が高いからです。

学生の頃はAmazon studentという学生向けのサービスを利用していました。

Amazon student というサービスは学生のみが利用できるサービスでAmazonプライム会員よりも年会費が2450円と安くなっています。

Amazonプライムが年会費4900円に値上がりしたので、Amazon studentは年会費がプライムの半分と非常にお得なサービスです。

Prime Videoなど扱えるサービスはほとんど同じであることに加え、学生向けなので本を購入する際にポイントが10%分付与されるというサービスでした(現在は、3冊以上同時購入が条件になっているみたいです)。

お金のない学生の立場からすると非常にありがたいサービスでしたね。

学生の方はぜひAmazon studentを利用してみてください。

 こんな人におすすめ  -Amazon student-

・本は新品で購入する派

・学生

・Amazonのサービスを利用している

・早く商品を受け取りたい(早くて翌日に届く)

そして、社会人になるとこのAmazon studentが利用できなくなるわけです。

それから利用し始めたのが、楽天ブックスです。

楽天ブックスとは、名前から推測できると思いますが楽天株式会社が運営するオンライン書店です。

楽天経済圏という言葉を知る前から何気なく楽天カードを利用していたので、楽天はポイントが貯まりやすいなという実感はありました。

それから、最近では楽天モバイルを活用するなどして、SPUも10倍に近づきました(購入代金の10%を楽天ポイントで還元されると考えてもらえたら大丈夫です)。

加えて、楽天イーグルスの勝利だったり、お買い物マラソンでポイントが上がった際には、さらに倍率が上がります。

その時々でポイントの還元率は変わりますが、私の場合平均で10%を超えています。

なので、10冊本を購入すれば、1冊本がポイントで購入できるということになります。

私の場合、年間でだいたい100冊程度は読んでいるため、年ベースだと10冊分ポイントで購入できます。

本自体はビジネス書でだいたい1500円前後します。

著者の経験やノウハウをこの値段で吸収できること自体が非常に安いとも思いますが、さらにポイントで無料購入できるのは非常に魅力的です。

あと、最近知りましたが漫画や雑誌にも対応しているみたいですね。

私は漫画でONE PEICEが大好きで、93巻を発売日前に予約購入してみましたが、発売日にほとんど遅れず家に送られてきたので非常によかったと感じました。

読む本が決まっている場合はオンライン書店は便利ですね。

 こんな人におすすめ  -楽天ブックス-

・本は新品で購入する派

楽天のサービスを活用している(ポイントが貯まる!!)

おわりに

今回、本の購入方法について紹介させていただきました。

リアル書店とオンライン書店は使い分けるのがベストだと思います。

早く本を読みたい場合はリアル書店で購入すればいいですし、ある程度読みたい本が決まっていて到着まで待てる方はオンライン書店を使うといいかと思います。

私もリアル書店を使うこともありますが、ほとんど楽天ブックスで購入しています。

ポイントが10%還元されるということは、10%割り引きされているようなものなので、結構見過ごせません。

積み重ねれば、支出の削減にもつながりますので、ぜひオンライン書店を活用してみてください。