金融資産形成

人口は経済成長に欠かせない重要な要素ーインデックス投資家による長期的な視点ー

現在、地球上の人口は77億人いると言われています。

予測では、数十年のうちに85億人に、2050年にはほぼ100億人に達するのではないかと世界人口推計2019年版では言われています。

世界は人口が増加している中で、逆行して人口減少が著しく進んでいる国があります。

悲しいですが、それはわが国日本です。

2019年7月11日(木)の日経新聞にちょっと日本の人口減少についてショッキングなデータが出ていたので紹介したいと思います。

本記事で伝えたいこと

長期的な視点で経済成長を見る場合、人口は分かりやすく重要な指標であるということ。

こんな人におすすめ!

・長期投資を考えている

・長期的な経済成長において、人口の動向が重要である理由を知りたい

人口減、最大の43万人

2019年7月11日(木)の日経新聞の2面にて、『人口減、最大の43万人』という記事が出ていました。

総務省が10日発表した住民基本台帳に基づく2019年1月1日時点の人口動態調査によると、日本人の人口は1億2477万6364人と前年から43万3239人減った。減少は10年連続で、減少幅は1968年の調査開始以来、最大だった。

日本経済新聞 2019年7月11日(木) 2面より

この事実は非常に衝撃でした。

日本が人口減少に苦しんでいることは十分知っていますが、この数字がどれくらいの規模なのか調べてみると事の重大さが分かります。

この1年間に減った43万3239人とはどの市町村の人口のレベルなのか・・・

気になって調べてみると、東京都の町田市(43万3938人)くらいです。

私も町田市は訪れたことはありますが、印象としては駅付近にはショッピングセンターが多く、少し離れると静かな住宅街があるという感じです。東京の中でも住みやすい町なのではないでしょうか。

この町に住んでいる住民が1年間でいなくなると想像すると日本の人口減少のレベルがすごいことを少しは実感していただけるのではないでしょうか。

現在日本の合計特殊出生率はだいたい1.44くらいで、今後も日本は人口減少が加速していくと言われています。

私も日本の最大の課題はこの人口減少(というより少子高齢化)だと思っているので、なんとか政府には日本国民にとって子どもを産みたいと思わせるような政策を今後進めていってほしいと思っています。

インデックス投資家としての人口の捉え方

日本の人口減少の事実について上記で述べました。

次にインデックス投資家としての観点から人口について述べたいと思います。

今後の経済成長を考える上で 、人口という指標は、一番読みやすい指標だと思っています。

経済成長にも様々な要因があります。

たとえばイノベーションなどは大きく経済成長に影響します。

人口がなぜ今後の経済成長を読みやすいかというと、人口が増えれば単純にその人数分の衣食住が必要となり、確実に人数分の消費は促されます。

消費が増えれば、企業業績も好調となり、所得も増加していきます。

所得が増加すれば、さらに消費が生まれるといった好循環が生まれていきます。

これはあくまで一般論ですが、まさに1980年代の日本はこのような状況だったのではないでしょうか。

日本では、1947年~1949年(第1次ベビーブーム)に生まれた、いわゆる団塊の世代と呼ばれる人たちが最も多いです。

1949年には270万人も生まれています。

消費という観点につなげると、だいたい40~50代の時期がお金をたくさん消費すると言われています。

マイホームを購入したり、会社の立ち位置としても所得がたくさんもらえる位置にいるからだと思います。

日本では、株価が最高値をつけたのは1989年の38915円です。

ちょうど、団塊の世代の人たちが40代である時と重なっています。

もちろん、経済というのは複雑なので、これ以外の要因も様々ありますが、人口という観点からもある程度は経済成長に寄与していると考えられます。

人口という観点での長期投資

では、人口が経済成長に寄与するのであれば、インデックス投資家としては長期で投資を行っていくので、人口は無視できない、重要な要因となってきます。

私は現在、積立NISAにおいて、国内、先進国、新興国という風に投資対象を分散しています。

先進国という括りでみると、人口が増加している国もあれば減少している国もあります。

ただ、間違いなく言えるのは米国については人口の増加が続いており、技術革新を起こせる世界的な優良企業が多いので投資対象としては一番手堅いと思っています。

新興国については、ハイリスクな投資対象ではありますが、今後間違いなく人口の増加は続いていきます。

人口の観点から考えると新興国は高い経済成長を続けていけるのではないかと思っています。

新興国を短い投資期間で考えるとどうなるか不確実でありますが、積立NISAのように長期的な視点で考えると投資対象としては充分リターンが期待できると思っています。

我が国日本については上記で事実を述べた通り、人口減少が今後も著しく続いていくと思っています。

人口は経済成長に欠かせない重要な要素であると個人的に考えているので、私は日本を投資対象にするのであればインデックスではなく、アクティブ型の投資信託に投資をした方がリターンを期待できると思っています。

人口という観点で考えた日本のマーケットはどんどん縮小傾向になっていくと考えられるので、それならば市場に連動するインデックス投資ではなく、優良企業を選別するアクティブファンドに投資をするということです。

そのような理由で、私は積立NISAのうち、日本株のみアクティブ型の投資信託を積立しています。

ファンドについてはひふみプラスに投資しています。

ファンドの選別理由についてはこちらの記事にて紹介しておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

社会人1年目からつみたてNISAをはじめた理由とつみたてラインナップ紹介 こんにちは、20代のインデックス投資家アークです。 つみたてNISAをはじめて1年4ヵ月が経過しました。 とうとう積立額も...

さいごに

以上、人口という観点から現在の日本の現状や長期的な投資の視点を私の考えを述べさせていただきました。

経済成長については、イノベーション、資本の増加など人口以外にも様々あります。

今回はあくまで人口のみを焦点に当てて意見を述べさせていただきました。

少しでも参考になれば幸いです。