株式

オリックス(8591)株主優待の内容と魅力を紹介

毎年株主優待人気ランキングで上位に名を連ね、高配当株としても人気を集めている「オリックス」(銘柄コード:8591)。

私も「オリックス」の株主優待に惹かれてホルダーになった1人です。

本記事では、
オリックスの株を購入しようか検討している
オリックスの株主優待について内容を詳しく知りたい
という方に向けて、

オリックスの株主優待の内容を持て余すことなく紹介していきます。

オリックスの株主優待内容紹介

オリックスの株主優待の内容は以下のとおりです。

権利確定月…3月・9月

株数…100株以上

優待内容…①ふるさと優待(カタログギフト)【3月】
     ②株主カード(サービス割引適用)【3月/9月】

権利確定月は3月末と9月末で、100株以上保有の株主が対象となります。

優待の内容は、非常に高い人気を誇っているカタログギフト「ふるさと優待」とオリックスグループが展開する各種サービスを割引価格で受けられる「株主カード」の2種類です。

ふるさと優待

オリックスの株主優待の代名詞とも言えるのが、「ふるさと優待」です。

ふるさと優待は全国各地のオリックスの取引先から厳選した商品を集めたカタログギフトです。

対象の株主は、2020年3月末時点の株主名簿に記載のある100株以上保有の国内居住者となっています。

上記の対象株主に対して、7月初旬ごろに「ふるさと優待」のカタログが届きます。

この「ふるさと優待」にはコースが2種類あります。

Aコース(3年以上継続保有の株主)
…10,000円相当のカタログギフト(Aコースはこちら

Bコース(3年未満保有の株主)
…5,000円相当のカタログギフト(Bコースはこちら

3年以上継続保有(株主名簿ベース)している株主に対してはよりグレードの高いカタログを提供していることから長期保有することで得られるメリットもあります。

ふるさと優待のカタログギフトは7月初旬頃

申し込んだ商品は8月初旬頃に到着しました。(私の場合)

株主カード

もう1つ受けられる優待が、「株主カード」です。

この「株主カード」を提示することで、オリックスグループが提供する各種サービスを割引価格で利用することができます。

こちらは3月と9月に権利が確定している株主が対象となっており、年に2回株主カードが送られてきます。

食事や宿泊、水族館、ヘルスケア、野球観戦、カーなどで割引の適用が受けられます。

対象のサービスについて詳細はこちらでご確認ください。

私は現在のところ、車を保有する意向がないため、旅行や車での移動が必要な際は株主カードを利用してオリックスレンタカーやカーシェアを使っていきたいと思っています。

オリックスファンの方は優待価格でオリックスのホームゲーム(京セラ)を観戦することもできるので、「株主カード」を保有するメリットは十分あると思います。

まとめ

以上、株主優待&高配当銘柄として人気を集めているオリックス(8591)の株主優待の内容について紹介させていただきました。

「ふるさと優待」はカタログを眺めて、商品を選択するのも毎年楽しみです。

私は海鮮丼(10食分)を頼みましたが、味も美味しかったですし、何より株主優待で食費が10食分浮くのが資産形成の観点としても大きかったです。

また、「株主カード」を利用することによってオリックスが提供するサービスを割引価格で利用できるのも大きいです。

個人的には、オリックス(8591)は個別株としては大幅な値上がりは期待できないものの、高い配当を受け取ることができ、優待を利用することによって資産形成上の幸福度を高めることができる銘柄だと思っています。

オリックスのビジネスモデルについてはこちらの記事で紹介しておりますので、ご興味持たれた方は併せてご覧いただければと思います。

Betmob|投資家ブログまとめメディア