株式

【オリックス業績まとめ】最新の決算短信より分かりやすく解説

株主優待や高配当銘柄として非常に高い人気を集めている『オリックス(8591)』。

オリックスの株を既に保有している人やこれから購入しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

私もオリックスのホルダー(株主)の1人ですが、なかなか決算短信などで業績を確認するのも面倒ですよね…

そこで、本記事ではオリックスの最新決算(2021年3月期)を踏まえたうえで、直近のオリックスの業績を分かりやすくまとめてみました。

本記事を読んでいただくことで、最新のオリックスの業績推移や動向が分かります。

「既にオリックス株を保有しているけれど、四半期ごとの決算を確認するのはめんどう…」
「これからオリックス株の購入を検討しているけれど、業績はどうなの?」
といった方々にぜひ参考にしていただければと思います。

こんな人におすすめ!!

・オリックスの業績を確認したい
・オリックスの株を保有している
・オリックスの株の購入を考えている

オリックスの最新の業績

最新の決算短信(2021年3月期決算短信)より、直近2年間のオリックスの業績を「営業収益」「営業利益」「税引前四半期純利益」「当社株主に帰属する四半期純利益」「1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益(EPS)」を表やグラフに可視化してまとめました。

営業収益

まずは、オリックスの「営業収益」を見ていきましょう。

オリックスの「営業収益」は、一般的な企業の「売上高」に相当します。(金融業界の企業は「売上高」という表現は使用しません。)

2021年3月期の営業収益は、前年同期(2020年3月期)の2兆2803億円に比べて0.5%増の2兆2927億円になりました。

サービス収入やオペレーティング・リース収益が大きく減少しているものの、生命保険料収入および運用益や有価証券売却・評価損益および受取配当金が増加したため前年より増加しています。

営業利益

2021年3月期の営業利益は、前年同期の2696億円に比べて4%減の2588億円となりました。

営業費用は支払利息やサービス費用が減少したものの、生命保険費用が増加したため、前年同期の1兆4810億円に比べて1%増の2兆338億円となっています。

営業利益…企業が本業で稼いだ利益のこと。

オリックスの場合…営業収益(2兆2927億円)-営業費用(2兆338億円)=営業利益(2589億円)

税引前四半期純利益

2021年3月期の税引前純利益は、前年同期の4125億円に比べて30.3%減の2875億円になりました。

持分法投資損益が前年同期に比べて99%減の4億8100万円、子会社・関連会社株式売却損益および清算損が前年同期に比べて69%減の233億円となっています。

当社株主に帰属する四半期純利益

2021年3月期の当社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期の3027億円に比べて36.4%減の1923億円になりました。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、「不動産(運営)」「航空機リース」「空港コンセッション」などは大きなダメージを被っています。

四半期の当期純利益の推移を以下のグラフで示していますが、ご覧のとおり、対前年比で大きく落ち込んでいるのが現状です。

コロナ前は四半期ごとの純利益は約700~900億円だったのに対し、コロナウイルス発生後は四半期ごとの純利益は約500億円前後に落ち込んでしまっているのが分かります。

また、2021年3月期決算短信では、2022年3月期の連結業績予想において、通期の当社株主に帰属する当期純利益を前期比+29.9%の2500億円と予想しています。

アーク
アーク
徐々にコロナウイルスの影響が小さくなってくればオリックスの業績も回復が期待できそうです!

EPS

続いて、株式投資を行うにあたって非常に重要な指標ともいえる「EPS」を見ていきましょう。

2021年3月期の1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益(EPS)は155.54円(前年同期は237.38円)となっています。

EPSEarnings Per Share)とは「1株当たり純利益」を計算するもの。当期純利益を発行済株式総数で割って計算します。

ちなみにオリックスの発行済株式総数は期中平均で1,236,897,189株です。

オリックスは2022年3月期の当社株主に帰属する当期純利益を2500億円と予想しているので、2022年3月期通期のEPSは202円程度が見込まれます。

当期純利益とROEの過去10年間の推移

前項では、最新の決算短信をもとに直近2年の業績を比較しました。

本項では、過去10年間のオリックスの「株主帰属当期純利益」と「ROE」の推移をみていきたいと思います。(オリックスの財務データより作成)

グラフを見ると純利益とROEはともに右肩上がりとなっていましたが、2021年3月期は大きく落ち込んでしまいました。

20201年の株主帰属当期純利益は1923億円で2014年頃の水準にまで落ち込んでいます。

ROEも6.4%となっており、これまで7年間続いていたROE2桁をきってしまいました。

配当性向

高配当株として人気を集めているオリックスですが、配当性向を確認しておくことは非常に重要です。

配当性向…その期の純利益(税引後利益)の中から、配当金をどのくらい支払っているのかを%で示したもの。

配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100

過去6年間の年間配当総額と配当性向をまとめました。

純利益は前年比で大きく落ち込んでいるものの、配当性向を50%に引き上げたことによって年間配当を2円増配し、78円と設定しています。

2022年3月期の通期配当予想は78円(中間配当:39円、期末配当:39円)となっています。

また、2022年3月期中に自社株買いを500億円分実行予定と発表しています。

まとめ:四半期ごとに決算短信を確認しよう!

以上、オリックス(8591)の業績を最新の決算短信をもとにまとめさせていただきました。

私自身、オリックスは長期で継続保有していく方針ですので、これからも四半期ごとの決算短信をもとに業績をアップデートしていこうと思います。

決算短信は数字と文字が小さく書かれているので、はじめのうちはなかなかとっつきにくいと思いますが、読み進めるとその会社の状況がコンパクトにまとめられています。

ぜひ、四半期に一度は簡単に決算短信を覗いてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。