株式

【高配当&株主優待】オリックス(8591)の事業内容をセグメント別に解説!

高配当&魅力的な株主優待で非常に高い人気を誇っている日本株オリックス【8591】

私も高配当+魅力的な株主優待に惹かれてオリックスホルダーになった1人です。

同じような理由でオリックス株に興味を持たれていらっしゃる方も多いと思います。

オリックス株に投資をしてみたいけれど、オリックスって何の会社でどういう事業をやっているのか詳しく分からない…

そこで、本記事では上記のような悩みを解決するためにオリックスの会社概要と事業内容(ビジネスモデル)を分かりやすく解説していきます!

セグメント別に業績も紹介しているので、オリックスの事業で伸びている分野、業績が落ち込んでいる分野も分かります。

ぜひ、オリックス株への投資を考えている人に参考にしていただければと思います。

こんな人におすすめ!!

・オリックス株ホルダー
・オリックスの株を購入しようと検討している
・オリックスのビジネスモデルについて知りたい就活生

リースを起点に幅広い事業を展開するグローバル企業

オリックスは日本の独立系大手総合リース企業です。

設立は1964年で、リース事業からスタートしています。

このリース事業を起点に、隣接分野に進出して専門性を獲得することによって事業を進化させています。

リース事業は「金融」と「モノ(物件)」の2つの専門性を必要とします。

リースで培われた「金融」の専門性は、融資、投資、生命保険、銀行、資産運用業へと広がっています。

モノ」の専門性は、自動車関連、不動産、環境エネルギー関連事業へと広がっています。

オリックスHPより

オリックスはこのようにリースを起点に事業を多角化し、現在では世界37カ国・地域に拠点を設け、グローバルに活躍している企業なのです。

設立当初はリース事業が中心でしたが、事業の多角化により利益構造も大きく変化しています。

1965年はファイナンス事業が100%といった利益構造でしたが、2019年にはファイナンス事業の利益シェアは17%になっています。

また、2019年には事業の利益が59%投資の利益が24%と従来よりも収益源を増やし、安定化、多角化を進めていることも伺えます。

創業時からの利益推移は以下のようになっています。

オリックス2021年3月期決算短信より

リース業だけではなく、多角的に事業を展開したことで収益を年々伸ばしており、事業も分散化できているためリーマンショック時の危機も見事黒字で乗り切っています。

オリックスはリース業で括られることが多く、三菱UFJリースや三井住友ファイナンス&リースなどが競合として挙げられますが、前述のとおりオリックスは多様な事業を展開しているところに違いがあるといえます。

オリックスの事業は10のセグメントで構成

先述のとおり、オリックスはリースを起点に事業を多角化して持続的な成長を続けていますが、現在のオリックスの事業は10の独立したセグメントで構成され、金融からサービス業まで分散された事業ポートフォリオを構築しています。

各セグメントが高い収益性と成長性を兼ね備えており、他のセグメントと商品・サービスを相互に提供できる体制を構築しています。

オリックスの10のセグメントの概要は以下のとおりです。

そして、この10のセグメントの利益と資産の内訳は以下のようになっています。

ご覧いただければお分かりのように、いいバランスでセグメントの利益、資産が分散されていますね。

オリックスはコロナウイルスによる影響を受けやすい事業が多いため、会社としての純利益はコロナ禍で大きく減少していますが、セグメント別でみると「環境エネルギー」「保険」「銀行・クレジット」などのセグメントは対前年比(2020年)で大きく伸びています。

簡単に各セグメントの利益と動向を紹介していきます。

①法人営業・メンテナンスリース

事業内容:金融・各種手数料ビジネス、自動車および電子計測器・IT関連機器などのリースおよびレンタル、弥生

法人営業・メンテナンスリースの2021/3期のセグメント利益は591億円となっており、直近5年間で落ち込んでいます。

法人営業、自動車、レンテックともに2021/3期の1Qは利益が落ち込んだものの、2Q以降は回復傾向にあります。

自動車については、採算性重視の案件選別、また中古車市場の好調等により前期比(2020/3期)で増益となっています。

②不動産

事業内容:不動産開発・賃貸・管理、施設運営、不動産のアセットマネジメント

不動産の2021/3期のセグメント利益は247億円となっており、大きく落ち込んでいることが伺えます。

不動産投資や運営が宿泊施設の一時的休館の影響や、前期比大型売却案件の売却益が減少したことから大きく減益となっています。

一方、大京のマンション管理事業は好調で、前期比で増益となっています。

③事業投資・コンセッション

事業内容:企業投資、コンセッション

事業投資・コンセッションの2021/3期のセグメント利益は34億円となっており、こちらも前期比で92%減と大きく落ち込んでいます。

PE投資(事業投資)の拡大により、投資先からの取り込み利益が増加していますが、前期にPE投資の売却益を計上したため減益となっています。

コンセッションに関しては、関西エアポートで旅客数が減少しており赤字となっています。(徐々に赤字幅は縮小中)

④環境エネルギー

事業内容:国内外再生可能エネルギー、電力小売、省エネルギーサービス、ソーラーパネル・蓄電池販売、廃棄物処理

環境エネルギーの2021/3期のセグメント利益は285億円となっており、この事業は大きく飛躍しています。

2021/3期の1Qと4Qにインド風力事業の評価益を計上していることが大きくセグメント利益を伸ばした要因といえます。

⑤保険

事業内容:生命保険

保険の2021/3期のセグメント利益は551億円となっています。

非対面募集が伸長し、コロナ禍でも安定して利益をあげていることが分かります。

⑥銀行・クレジット

事業内容:銀行、カードローン

銀行・クレジットの2021/3期のセグメント利益は480億円となっています。

銀行は資産の積み上げにより安定した利益を計上しています。

クレジットは、信用損失費用の減少もあり前期比で増益となっています。

⑦輸送機器

事業内容:航空機のリース・管理、船舶関連投融資

輸送機器の2021/3期のセグメント利益は37億円と大きく落ち込んでいます。

航空機、Avolonはリース料収入や売却益の減少により減益となっています。

⑧ORIX USA

事業内容:米州における金融、投資、アセットマネジメント

ORIX USAの2021/3期のセグメント利益は436億円と少しだけ落ち込んでいます。

2021/3期1Qにエネルギー関連向けを中心に、信用損失費用を計上した影響もあって減益となっています。

ただ、2021/3期2Q以降の各事業は幅広い改善により、利益は大幅回復となっています。

⑨ORIX Europe

事業内容:株式・債券のアセットマネジメント

ORIX Europeの2021/3期のセグメント利益は378億円となっています。

⑩アジア・豪州

事業内容:アジア・豪州における金融、投資

アジア・欧州の2021/3期のセグメント利益は146億円となっています。

まとめ:事業を多角的に展開している持続的成長企業ORIX

以上、日本の高配当株&株主優待銘柄として人気が高いオリックスの事業構造(ビジネスモデル)を紹介させていただきました。

改めてまとめると、オリックスはリースを起点に事業を多角的に展開しているグローバル企業です。

そして、事業もしっかり分散されており、各セグメントの収益も年々増加している持続的成長企業です。

オリックスの決算・業績についてはこちらの記事で紹介しておりますので、併せて参考にしていただければと思います。

株式投資を行うにあたって保有銘柄のビジネス構造や会社の理解を深めることは重要だと思っています。

本記事がオリックスホルダーの方々や今後オリックス株を購入しようと検討している方々の参考となれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

オリックスの株主優待の魅力についても以下の記事で紹介しておりますので、これからオリックス株への投資を検討している方は参考にしていただければと思います。