運用状況

【中期目標】30歳で金融資産1000万円に到達する!!

こんにちは、20代の資産形成家アークです。

2020年4月より社会人3年目になりました。

ちょうどいい節目を迎えたため、改めて自身の金融資産の現状を見直し、中期での目標設定を行いました。

本記事では、私が策定した中期目標「30歳で金融資産1000万円に到達する!!」について目標設定から実行プランまで紹介したいと思います。

敢えてブログで公表したのは、目標を宣言することによって自身のやり遂げる力を高めることと、読者の方にとって目標設定の参考になったらいいなと思ったからです。

では、さっそく紹介していきたいと思います。

こんな人におすすめ

・他の資産形成ブロガーがどういう目標を定めているか気になる
・比較的年代が近い20代
・目標設定の参考にしたい

長期目標

まずは、私の金融資産形成における長期目標について紹介したいと思います。

定量化は全くできていませんが、経済的自立の実現です。

経済的自立を実現し、フリーエージェントとしてファイナンシャルリテラシーの普及に携わりたいと考えています。

今後、年月を重ねていくうちにやりたいことが変わっているかもしれませんが、経済的自立の水準に達することができていれば何事もフットワーク軽く挑戦できそうなので、経済的自立は追い求めていきたいと思っています。

中期目標(KGI)

長期目標はかなりざっくりでしたが、続いて私が定めた中期目標について紹介していきたいと思います。

タイトルにも記載のとおり、30歳で金融資産1000万円に到達するという目標です。

KGI:30歳で金融資産1000万円に到達!!

KGI:Key Goal Indicatorの略で定量化したゴールのこと。

私は、現在25歳(社会人3年目)ですので、目標の期限は5年後の30歳(社会人8年目)になります。

現状の整理

では、現状(2020年4月5日時点)の整理をしていきたいと思います。

ざっくり、現在の私の金融資産は以下の内訳になっています。

預金(生活用):168,119円
預金(貯蓄用):711,931円
株式     :118,800円
投資信託   :797,561円
その他    :30,000円
合計     :1,796,411円

アーク
アーク
あれ?2019年の年末時点より減ってない?笑

ちなみに2019年末時点では1,976,439円の金融資産がありました。

そうなのです。コロナショックの影響により、リスク資産の価値が大きく目減りしました…(泣)

アーク
アーク
1~3月であわせて15万円入金したのはどこへ消えた?笑

ギャップを確認

まあ、現状は洗い出すことができたので、目標とのギャップをみてみましょう。

10,000,000円(目標金額)-1,796,411円(現状の金融資産)=8,203,589円(GAP)。

5年間で約820万円増やす必要がありそうです。

1年当たりで計算すると、820万円÷5年=164万円

1カ月当たりでは、164万円÷12ヶ月=13.67万円

アーク
アーク
うーん。純粋に家計CFで毎月13万円作り出すのはハードルが高い。ただ、相場が味方してくれれば到達できなくもなさそう。

という印象。ちょうどよさそうな目標ですね。

因数分解

さて、現状とのギャップが確認できたので、次は行動計画を立てていきたいと思います。

金融資産形成は、収入支出投資の3つに因数分解できます。

それぞれにおいてどういう対策を取れるかざっと書き出してみました。

①収入を増やすについては、

・本業の給与UP
・ブログの収入UP
・利金・配当金のUP
・新しい収入源を増やす

の4つを書き出しました。

収入を増やすことが、目標達成への近道になります。

ただ、本業の給与UPは期待できても、この目標達成について影響力は少なさそうです。

ブログの収入UPは、なかなか険しい道のりだと思いますが、収入は青天井なので着目できます。

利金・配当金のUPについては、資産額に影響されるため、投資の入金力を増やしていくことが大事そうです。

新しい収入源を増やすについては、可能性無限大。挑戦してみる価値はありそうですね。

②支出を減らすについては、

・日々の節約を心がける

を書き出してみました。

2019年に格安SIMに変更したり、生命保険を見直すなど固定費の削減は注力しました。

固定費は支障が出ない程度に削ったので、変動費(日々)の支出に目を向けました。

支出については、心が豊かになる支出はこれまで通り行い、無駄な支出を減らしていきたいと思います。

③投資については、

・入金力UP
・市場の回復

の2つを書き出しました。

現在、私の月の入金力は70,000円です。

内訳は、生活防衛資金に20,000円、投信つみたてに50,000円となっています。

収入比だと35%程度。

入金力は上げたばかりなので35%水準を維持し、余剰資金が生まれれば入金力も高めていきたいと思います。

市場の回復を期待するということについてはアンコントローラブルですが、影響力は大きいです。

コロナショックで高値から30%程度下げているので、これが回復してくれれば効果は絶大。

長期的な視点での相場の回復を期待して、焦らず市場への投資を継続していく次第です。

KPIの設定

以上を踏まえて、目標と行動プランを設定します。


まずは、KPIについて。

KPI:貯蓄率35%!

KPI:Key Performance Indicatorの略でゴールまでのプロセスの達成状況を定点観測するための指標のこと。

KPIは貯蓄率35%と設定しました。

2019年に支出の見直しをした結果、ようやく貯蓄率を35%程度にまで引き上げることができました。

当面は、この貯蓄率35%をキープしたいと思っています。

ただ、並行して収入も増やしていく努力を行い、いずれは貯蓄率40%→45%→50%と引き上げていきたいと思っています。

行動プラン(DO)

先ほどの因数分解を踏まえて、より将来性の高そうな2つを行動プランとして設定したいと思います。

1つ目はブログの収入を伸ばすということです。

ブログについては、始めてからまだ1年満たない状態であり、Googleから給与を得るには程遠い状態です。

収入は少ないながらも楽しく継続できているので、これからも継続して収入を伸ばせるようにしていきたいと思っています。

具体的な行動として、年間100記事(月8記事)執筆すること、ブログのリライトを実践していきます。

2つ目は、新たな収入源を増やすことに挑戦するということです。

やはり収入源は多角化できていた方が、目標への到達は早くなると思います。

ただ、どういう手法があって、何が自分には向いているのかなどは全く知識がない状態です。

なので、より具体的な行動プランとして、リベ大(稼ぐ編)などで情報を仕入れ、小さく実践してみるを定めたいと思います。

失敗してもいい経験になるを心に刻んで頑張っていきます。

おわりに

社会人1、2年目を経て、徐々にステップアップしている実感は得られていたものの、中期目標を定めていなかったので改めて社会人3年目になって見つめなおしてみました。

期間も5年で、ちょっと難しそうないい目標を掲げられたかなと思います。

定めたからには30歳で金融資産1000万円に到達できるように頑張っていきたいと思います。

また、年ベース、月ベース、日ベースにも細かく行動プランを定めることができたので、さっそく行動→振り返りを実践していきます。

ちょうど4月で新年度を迎える方も多く、コロナウイルスによって外出が制限されている時期だと思うので、ぜひ自身の目標を見つめなおすきっかけにされてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

冨田和成さんの著書『鬼速PDCA』は私が学生時代に影響を受けた本で、目標設定の際に活用しています。目標設定やPDCAの回し方など非常に参考になる本です。