買ってよかったモノ

【ロジクールK380レビュー】Bluetoothキーボードの入門としておすすめ

低価格帯のBluetoothキーボードの選択肢の1つとしてロジクールK380の購入を検討している。実際に使用している人の感想を知りたい。

上記のような悩みを解決するために、本記事では私が実際に購入したロジクールのBluetoothキーボード『K380』を使ってみた感想を紹介していきます。

実際に使ってみて良かった点と悪かった点も紹介しますので、これからロジクールK380を購入しようと考えている人の参考になればと思います。

私自身もBluetoothキーボードの入門として低価格帯のものを探していましたが、個人的にはBluetoothキーボードの入門としてロジクールの『K380』はおすすめです。



こんな人におすすめ!!

・低価格帯のBluetoothキーボードを探している
・ロジクールK380を購入しようか迷っている
・初めてipadでキーボード入力をしてみようと思っている

ロジクールK380の基本情報

実際に私が購入したロジクールのBluetoothキーボード『K380』がこちらです。

接続…Bluetooth

対応OS…Windows、Mac、Chrome、iOS、Android

サイズ…縦12.4cm、横27.9cm、キーボードの厚み1.6cm

重量…423g(電池含む)

私はAmazonで購入しましたが、Amazonでの価格は3000円前後とBluetoothキーボードの中では低価格帯となっています。

デザインは非常にシンプルで、カラーも5色(ブラック、オフホワイト、ブルー、レッド、ローズ)用意されています。

私は用途がiPadでのキーボード入力でしたので、色はシンプルなオフホワイトにしました。

iPadとの色の統一感もあって非常に気に入っています。

キーボードを使用するにあたって単4電池が2本必要にはなりますが、購入時に電池は2本付いた状態で届くのですぐに使えます。

箱の中には保証書も付いており、購入日から2年間は保証がついています。

簡易な説明書も同封されていますが、起動は電源をつけてBluetooth接続するだけだったので全然難しくありません。

ロジクールK380のレビュー

では、実際にロジクールのBluetoothキーボード『K380』を使用してみて感じてよかった点と悪かった点を紹介していきたいと思います。

使って感じた良かった点

ロジクールのBluetoothキーボード『K380』を実際に使用してみて良かったと感じた点は以下です。

・シンプルなデザイン
・キーボードは意外と打ちやすい
・3台まで登録できてボタン1つで接続先の切り替えが可能

デザインがシンプル

まず、非常に気に入っているのがこのシンプルなデザインです。

他にも低価格帯のBluetoothキーボードはありますが、最終的にはこのシンプルなデザインが気に入ったのでロジクールK380の購入に至りました。

デザインの好みはキーボード入力をする際にも士気を上げてくれるので、重視したいポイントです。

キーボードは意外と打ちやすい

ロジクールK380はキーボードが丸いといった特徴があります。

丸形のキーボードはデザイン的には好きでしたが、実際にタイピングしやすいのかどうかは購入前に少し気になっていました。

ただ、実際にキーボード入力をしてみたところ、特に違和感もなく、タイピングのしづらさも感じませんでした。

私の場合、問題なくiPadに接続して文字入力ができています。

打鍵感もそれほどうるさくないので、カフェ等の静かな場所でも気にせずに作業ができます。

逆に強い打鍵感やキーストロークが深い方がいいという方には向いていないかもしれません。

また、キーボードの裏には4隅に滑り止めも施されているので、安定して文字を入力することが可能です。

接続先を3台まで登録できて切り替えも簡単

非常に便利だと感じた機能なんですが、接続する機器を3台まで登録できて、ボタン1つで簡単に接続先を切り替えることができます。

キーボードの左上のF1∼F3に該当する部分に登録する機器を割り当てることができます。

私の場合だと、F1にiPad、F2にSurface、F3にiPhoneといった風に機器を登録しています。

接続先を切り替えたい場合は、対応するボタンを3秒間ほど長押しすることですぐに切り替わります。

作業環境や用途に応じて簡単に切り替えられるのは非常に便利です。

使って感じた悪かった点

ロジクールのBluetoothキーボード『K380』を実際に使用してみて微妙だなと感じた点は以下です。

・キーボードの配置に慣れない(Windowsユーザー)
・Fnキーの操作が最初は難しい

キーボードの配置に慣れない

私のようにWindowsユーザーがiPadにキーボードを接続して操作をしようとすると、WindowとMacのキーボード配置が若干違うので慣れるまでは操作が難しく感じます。

とはいっても、英数字等の一般的なキーボードの配置は同じです。

Windowsユーザーからすると英数やかなの切り替えは左上のボタンで切り替えていたのに、Apple機器に接続した場合はスペースキーを挟んだ左右にボタンがあるのでそういった操作が最初は慣れないです。

ただ、Windows、Macどちらにも対応できるようにキーボードの上下に両方の表記がなされているのは非常に親切だと感じました。

他にキーボードを入力していて慣れなかったのは、()や「」、+の入力位置が違うことですね。

ここらへんは慣れるまで結構ミスタイプしてしまいます…

Fnキーの操作が最初は難しい

キーボードの最上段にFnキーが配置されていますが、初期設定の状態だとショートカットキーとFnキーの使い分けに苦労します。

ショートカットキーは以下のように割り当てられています。

(F1)Bluetooth #1
(F2)Bluetooth #2
(F3)Bluetooth #3
(F4)ホーム
(F5)アプリ切り替え
(F6)メニュー
(F7)戻る
(F8)前のトラック
(F9)再生
(F10)次のトラック
(F11)ミュート
(F12)音を下げる
(ins)音を上げる

PCで作業する場合はFnキー1つで操作が済みますが、ロジクールK380の初期設定状態だとFnキーはショートカットとして作動します。

F7でのカタカナ変換といったFnキーを使うにはPCの場合と違ってFnキーを同時押しする必要があります。(Fn+F7)

F7単体でボタンを押すと「戻る」といったショートカットが作動します。

なので、PCでの操作に慣れている方からすると最初はFnキーの操作に苦労します。

ただ、『Logicool Options』というソフトウェアを活用すれば、標準Fnキーとして設定ができるようになります。

他にもF4∼F7までのFnキーは別のショートカットを割り当てることができるようになるため、自分の使い勝手がいいようにカスタマイズをすることが可能です。

まとめ:ロジクールK380はコスパ最強のキーボード

以上、ロジクールのBluetoothキーボード『K380』を実際に購入してみて感じた良かった点と悪かった点を紹介させていただきました。

私はこれまでiPadでのキーボード入力をやったことがなく、Bluetoothキーボードの入門機として比較的安いものを探していました。

ロジクールは企業ブランドもしっかりしていて安心感がありましたし、キーボードのシンプルでミニマルなデザイン、3000円といった安い価格が魅力的でした。

価格が安い分、Apple純正のMagic KeyboardやPCに付属されているキーボードより劣る部分も多いですが、3000円という価格帯でこの機能性はコスパ最強だと思います。

このブログ記事も7割ほどはiPadにロジクールK380を接続して執筆しましたが、PC以外でのブログ執筆手段が増えて幅が広がりました。

もちろん、PCでブログを執筆した方が操作は早いですが、ちょっとした出先での作業等はiPad+ロジクールK380の方が持ち運びの観点からも便利かもしれません。

「iPadでキーボードを接続して作業をしてみたいけれど、Apple純正のMagic Keyboardは高いしな…」といった方は私のようにまずはコスパ最強のBluetoothキーボード、ロジクールK380を入門として試してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

付属品としてマウスも揃えたい方はデザインが統一されたマウスも別売りで購入することができます。(セット販売もあります。)