ファイナンシャルリテラシー

『本当の自由を手に入れるお金の大学』両学長|お金の知識を学び、行動すれば自由に近づける!

リベラルアーツ大学(通称:リベ大)両学長の初の著書『本当の自由を手に入れる お金の大学』(朝日新聞出版)を読みました。

本書を読むことで、「貯める」「稼ぐ」「増やす」「守る」「使う」の5つの観点からお金に困らない教養・考え方を学ぶことができます。

お金に関する教養や考え方を学び、実践していくことによって少しでも自由に近づけるような非常に素晴らしい本です。

私も2019年半ばあたりからリベ大の動画をかれこれ1年くらい視聴しており、日々お金の知識を身につけています。

非常に有益な情報を無料で入手できるので、ほんとありがたいです。

ぜひ、リベ大の動画をまだ視聴されたことない方は一度ご覧してみてください。

本記事では、「『お金の大学』の概要」と「私がリベ大と出会って変わったこと」を紹介したいと思います。

こんな人におすすめ!!

・リベ大を視聴している
・少しでも自由に近づきたい
・資産形成をはじめようと思っている

『本当の自由を手に入れる お金の大学』

改めて『本当の自由を手に入れる お金の大学』について簡単に紹介したいと思います。

著者は「日本一自由な会社」の社長で、リベラルアーツ大学の学長を務めている両学長(@freelife_blog)です。

両学長は、高校在学中に起業しており、ITビジネスと投資で10代にして年間1億円以上を稼いだことがある一方、数々の失敗も経験されています。

優秀な経営者仲間やモルディブの大富豪から「本当の社会の仕組み」や「人生を豊かに生きる知恵」を学び、現在は経済的自由を実現されています。

リベラルアーツ大学(通称:リベ大)は「自由な人を増やす」という夢を叶えるためにもともと家族や友人向けに配信を始めたそうですが、節約・税金・投資・副業のお金の教養が分かりやすく解説されていて、現在のチャンネル登録者数は36万人を超えています。

本書は、これまでリベ大で両学長が発信されてきた「一生お金に困らない5つの力」のポイントが分かりやすく図解でまとめられた本です。

5つの力とは、「貯める」(=支出を減らす力)、「稼ぐ」(=収入を増やす力)、「増やす」(=資産を増やす力)、「守る」(=資産を減らさない力)、「使う」(=人生を豊かにすることにお金を使う力)です。

この5つの力について教養や考え方を学び、実践していくことで少しでも自由に近づいていくことができます。

リベ大の動画をこれまで視聴されていた方にとっては重複する内容ですが、非常に重要な内容がコンパクトにまとまっているためもう一度重要な考え方を復習することができます。

また、リベ大を視聴したことがないという方にとっては資産形成を行うにあたって非常に重要な考え方が詰まっていますのでぜひ一度本書を手に取っていただきたいです。

リベ大に出会って大きく変わったこと

かれこれ1年くらいリベ大の動画を視聴している私ですが、実際にリベ大に出会ってから変わったことを紹介したいと思います。

結論からいうと、リベ大を視聴したことでさらにお金に対する教養・知識が身につきお金が貯まりやすい体質に変わりました。

振り返ってみれば、私はリベ大視聴前からも投資(=お金を増やす)には取り組んでいましたが支出はガバガバでした。

つまり、「増やす」は部分的に実践できていたものの、「貯める」力に欠陥が生じていたためフルパワーで「増やす」ことができていませんでした。

具体的にリベ大視聴前の毎月の資産にまわしていた金額は、生活防衛資金に10,000円、投資(投信つみたて)に40,000の計50,000円でした。

リベ大を視聴して「貯める」力の重要性に気づき、ある2つの固定費を削減したことで、毎月の生活防衛資金に30,000円、投資(投信つみたて)に50,000円の計80,000円へとパワーアップすることができました。

やっぱり無駄を削減して、入金力を高めてから資産形成が加速した実感がありますね。

実際に見直した固定費とは、『本当の自由を手に入れる お金の大学』でも触れられていた「通信費」と「保険」の2つです。

①格安SIMの活用

私は格安SIMの導入前は大手キャリアのdocomoを利用していました。

通信量をたくさん使いたいという訳でもなく、両親がdocomoを利用していたため流れでdocomoを契約していました。

リベ大で格安SIMの動画を見たことがきっかけで、格安SIMを導入しようという決意が定まりました。

そこで両学長も使っている、楽天経済圏のレベルを上げたいといった理由から「楽天モバイル」に切り替えました。

通信量は2GBに減ったものの、毎月かかっていた通信費も8,000円から1000円まで下がりました。

実際に楽天モバイルを使用していても特に通信速度に困ることはなく(12時台と18時台だけ遅い)、1000円の通信費も楽天ポイントで支払えているので実質負担はゼロになりました。

特に不便さを感じずに、月8,000円固定費が削減できたことは非常に大きかったです。

②保険の見直し

もう1つリベ大の動画がきっかけで固定費を削減できたのが「保険」です。

これはインパクトが絶大でした。

私は社会人1年目に友人を通した紹介がきっかけで外貨建ての終身保険と養老保険に加入していました。

今となっては安易に契約してしまったなという感じですが、月に17,000円程度支払っていました。

そこで、リベ大と出会えたことがきっかけで貯蓄型の保険は必要がないということが分かり、さっそく解約に踏み切りました。

リベ大を視聴されている方々はお分かりだと思いますが、両学長は動画で貯蓄型保険が要らない理由についてはこれでもかってくらいたくさん配信されています。(笑)【それくらい重要ってことです】

私は保険に加入してから半年程度でリベ大に出会えたので、損切の金額も小さく幸いでした。

そして、この月額17,000円の支払いが削減できた効果はかなり大きかったです。

私は保険はあまり入りたくないと思っていたものの、実際に保険の営業マンと話してみると印象がよかったため契約してしまいましたが、しっかりと入る必要があるのかは吟味すべきでした。

リベ大の動画、もしくは『本当の自由を手に入れる お金の大学』には貯蓄型保険に入る必要がない理由について非常に分かりやすく解説されているので、見直しを検討されている方は動画もしくは本を見ていただきたいです。

まとめ

以上、両学長の初の著書『本当の自由を手に入れる お金の大学』の概要と私がリベ大と出会って大きく変われたことについて紹介させていただきました。

リベ大の動画を視聴して、「貯める力」の重要性を知ってからほんとに資産形成の速度が加速したと実感しています。

また、そのほかにもお金の教養が身についたり、「稼ぐ力」を身につけるためにプログラミング学習をはじめてみたりとリベ大を通していろんなきっかけをもらえました。

改めて両学長に感謝したいです。

今後、リアルの友人でお金に困っている人がいれば、『本当の自由を手に入れる お金の大学』を購入してプレゼントしたいと思っています。

それくらいの価値ある良書ですので、ぜひご興味がある方は本書を読まれてみてください。

今日が一番若い日です。今後も一緒に資産形成に取り組んでいきましょう!(笑)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。