買ってよかったモノ

【Kindle Unlimitedレビュー】年間読書数100冊の私が使って感じたメリットとデメリット

Kindle Unlimitedを使ってみた感想

Amazonが手掛ける国内最大級の電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)』。

『Kindle Unlimited』というサービス名は知っているものの、

・Kindle Unlimitedってどういうサービス?
・Kindle Unlimitedを利用するメリットとデメリットは何?
・どういう人が利用すればKindle Unlimitedはお得なんだろうか?

といったような疑問を抱いている人もいらっしゃるかと思います。

本記事では、上記のような悩みを解決するために、年間読書数100冊の私が実際に『Kindle Unlimited』を使ってみて感じたメリットとデメリットを紹介します。

また、メリットとデメリットを述べたうえで『Kindle Unlimited』がどういう人におすすめなのか、『Kindle Unlimited』を使ううえでの注意点も併せてお伝えします。

結論から言うと、『Kindle Unlimited』はビジネス書や小説など本を読む習慣がついている読書家にとってはかなりおすすめできるコスパ最強のサービスです。

Kindle Unlimitedはこんな人におすすめ!!

・ビジネス書や小説など本を読む習慣がついている
・これから読書習慣を身につけたいと思っている
・本代を節約したい

Kindle Unlimitedは国内最大級の電子書籍読み放題サービス

Kindle Unlimitedは200万冊が読み放題
Kindle Unlimited

Kindle UnlimitedはAmazonが提供している国内最大級の電子書籍読み放題サービスです。

月額料金980円/月(登録から30日間は無料)
タイトル数和書:120,000冊以上
洋書:1,200,000冊以上
雑誌:約350誌
対応機種スマホ/タブレット/PC
同時接続可能台数無制限
端末ダウンロード10冊まで
特徴・20以上の幅広いジャンルを取り扱っている
・読める書籍の数が群を抜いて多い
・読み放題対象の本は入れ替わる

サービス利用料金は月額980円と設定されており、登録から30日間は無料なので気軽に試してみることができます。

本の配信数も圧倒的でビジネス書や小説、漫画、雑誌などの和書だけでも12万冊が読み放題の対象となっています。

これらの読み放題の対象となっている本をスマホやタブレット、PCなどの端末にダウンロードすることで気軽に読書をすることができます。

ただ、いくらでも本をダウンロードするというわけにはいかず、10冊までしかダウンロードできません。

電子書籍の読み放題サービスは電子書籍を購入するのではなく、レンタルするといったイメージに近いですね。

なので、10冊までは対象の本を無料でAmazonから借りられるけれど、10冊以上借りるならちゃんと返してから借りてねということになります。

他にも様々な電子書籍読み放題サービスがありますが、『Kindle Unlimited』の最大の特徴は20以上の幅広いジャンルを取り扱っており、読める書籍の数が群を抜いて多いという点にあります。

Kindle Unlimitedのメリット

実際に『Kindle Unlimited』を利用してみて感じたメリットを以下に挙げてみました。

①月額980円で読み放題(コスパ最強)
②気軽に読書できる
③読み放題のジャンルが広い
④様々な端末で読書可能
⑤オフラインでも読める

①月額980円で読み放題(コスパ最強)

『Kindle Unlimited』を実際に利用していて感じた最大のメリットが月額980円で読み放題というコスパが最強すぎる点です。

ビジネス書や小説、雑誌の他にも様々なジャンルを取り扱っている中で、1,2冊読むだけで元が取れちゃうんです。

私はビジネス書や小説を読むことが多いのですが、紙のビジネス書だと1冊で1500円前後の金額になるので1冊読めば十分ペイできます。

②気軽に読書できる

少しでも気になっている本が『Kindle Unlimited』の対象になっていると無料で読めるので気軽に読書ができるといったメリットがあります。

自分のお金を払って書籍を購入する場合だと、購入前に「今の自分にとって本当にこの本を読む価値があるのかな…」と考えてしまうこともありますよね。

また、実際に自分でお金を払って購入した書籍を読んでいる途中で「何か、思っていた内容と違うな。面白くはないけれど、お金を払って購入したから最後まで読まなきゃ…」と思うこともあるでしょう。

『Kindle Unlimited』を活用して無料で本が読める環境下においては、興味がある本にすぐに手を伸ばすことができますし、思っていた内容と違った場合もすぐに撤退することができます。

特にお金を払って購入したから最後まで読まなきゃ…という考え方は読書の罠になりますので、これが回避できるという点は非常に大きいです。

③読み放題のジャンルが広い

『Kindle Unlimited』はAmazonが手掛けているサービスということもあって、取り扱っている読み放題のジャンルがかなり広いです。

以下の26ジャンルに対応しています。

Kindle Unlimitedの読み放題ジャンル

コミック
アダルト
人文・思想
暮らし・健康・子育て
ビジネス・経済
文学・評論
ライトノベル
趣味・実用
科学・テクノロジー
社会・政治
雑誌
投資・金融・会社経営
ボーイズラブ
タレント写真集
ティーンズラブ
アート・建築・デザイン
歴史・地理
コンピュータ・IT
医学・薬学
旅行ガイド・マップ
語学・辞事典・年鑑
エンターテインメント
絵本・児童書
資格・検定・就職
ノンフィクション
楽譜・スコア・音楽書

たくさんのジャンルを取り扱っており、無料で気軽に読めるので、興味はあったもののこれまで手を出してこなかったジャンルの本にも手を出しやすくなりますね。

偶然、いい本に出会えたなんてこともあるかもしれません。

④様々な端末で読書可能

「Kindle Unlimitedってkindleとか専用の端末が必要なんでしょ?」

いえ、『Kindle Unlimited』はスマホやタブレット、PCなど好きなデバイスで読むことが可能です。

なので用途やライフスタイルに合わせて好きな端末で読書が楽しめます。

私はビジネス書や小説を読む場合は『Kindle Paperwhite』の端末を利用し、雑誌などカラーで読みたいものはiPadから閲覧しています。

また、電車での移動時などもスマホがあれば簡単に読書できるので、読書生活がより便利になります。

『Kindle Paperwhite』はフロントライト形式でブルーライトを発さず、目に優しい設計になっているので、寝る前の読書の相棒として非常におすすめですよ!

⑤オフラインでも読める

読みたい本を事前にスマホやタブレットなどの端末にダウンロードしておくことでオフライン環境下でも読書が楽しめます。

飛行機などの移動時も安心して読書に専念できますね。

Kindle Unlimitedのデメリット

『Kindle Unlimited』を利用していて感じたデメリットを以下に列挙してみました。

①全ての本が無料で読めるというわけではない
②漫画など途中までしか無料で読めないものがある
③読み放題のラインナップは入れ替わる
④10冊までしかダウンロードできない

①全ての本が無料で読めるというわけではない

これは当たり前と言えば当たり前なんですが、全ての本が無料で読めるわけではありません。

全ての本が読み放題になってしまえば、街の本屋さんなどが経営が成り立たなくなってしまいます…

特に新刊などは対象外になっています。

気になっている本のうち『Kindle Unlimited』の対象になっていれば無料で読み、対象外の本であれば自分でお金を出して読むというスタンスがよさそうです。

②漫画など途中までしか無料で読めないものがある

漫画やライトノベルなどは最初の方は無料で読めるものの、途中からはお金を出さないと読めないといったものがあります。

たとえば、私がずっと読みたいと思っていた漫画『インベスターZ』はKindle Unlimitedで1~3巻までは無料で読めるものの、4巻以降はお金を払って電子書籍を購入しなければ読めません。

ちょっとした試し読み程度として活用するにはいいのですが、漫画の読み放題をメインで求めている方は他の漫画読み放題のサービスを検討した方がよさそうです。

③読み放題のラインナップは入れ替わる

これはメリットでもあり、デメリットでもあるのですが、読み放題のラインナップは入れ替わります。

なので、あとで読もうと目をつけていた本が読み放題の対象から外れてしまったり、逆にこれからお金を払って読もうと思っていた本が読み放題の対象になっていることもあります。

こればっかりはコントロールできない運によるものですね。

④10冊までしかダウンロードできない

『Kindle Unlimited』でダウンロードできる本の冊数は10冊までなので、人によっては積読ができずに不便に感じるかもしれません。

10冊ダウンロードした状態で11冊目を借りようとしたら、1冊返却しなければなりません。(「本の利用を終了」というボタンを押す)

私は読みたい本を読みたいものリストに登録しておいて都度自分のタイミングで本をダウンロードするので不便に感じたことはありませんが、積読を読書習慣にしている人が使うと10冊の登録じゃ物足りないみたいです。

Kindle Unlimitedをおすすめできる人

以上のメリットとデメリットを踏まえたうえで『Kindle Unlimited』をおすすめできるのはこんな人です。

Kindle Unlimitedをおすすめできる人

・ビジネス書や小説など本を読む習慣がついている
・これから読書習慣を身につけたいと思っている
・本代を節約したい

まず、ビジネス書や小説など読書習慣が身についている人には非常におすすめできます。

自分が読みたいと思っていた本が『Kindle Unlimited』の対象になっていて、月に1,2冊程度読めれば十分価値があったと言えます。

特にビジネス書や小説、実用書などは無料で読めるラインナップが充実しているので、読書家の人であれば読みたい本が『Kindle Unlimited』の対象になっていることも多いと思います。

私も実際に読もうと思っていた本が『Kindle Unlimited』の対象になっていることが意外と多く、「もっと早くからこのサービス活用しておけばよかったな」なんて思うこともありました。

また、これから読書習慣を身につけたいという方や本代を節約したいという方も本の読み方に注意は必要ですが、十分『Kindle Unlimited』を利用する価値はあります。(「【注意点】Kindle Unlimitedに囚われ過ぎない」で後述)

Kindle Unlimitedをおすすめできない人

逆に『Kindle Unlimited』の活用をあまりおすすめしないのは、漫画や雑誌メインで活用を考えている人です。

『Kindle Unlimited』は取扱のジャンルが幅広くなっていますが、印象としては広く浅いというイメージです。

前述のとおり、ビジネス書や小説などは無料で読めるものが多いのですが、漫画やラノベ、雑誌といったジャンルはそれに特化したサービスに見劣りします。

雑誌をメインで考えているのであれば、より雑誌に特化していて値段も安い『楽天マガジン(月額418円)』や『dマガジン(月額440円)』を活用するのがいいと思います。

【注意点】Kindle Unlimitedに囚われ過ぎない

これまで述べてきたように『Kindle Unlimited』は本や小説などを読む読書習慣がついている人には非常にコスパがいいおすすめのサービスです。

ただ、『Kindle Unlimited』に囚われ過ぎないといった注意も必要です。

本が無料で気軽に読めること自体は非常に価値があることですが、本代を節約することに意識が向きすぎると読書を『Kindle Unlimited』内で完結させようとします。

読書において重要なことは、今の自分の悩みや感情を揺さぶってくれる本を手にできるかどうかだと思います。

なので、そういった本が『Kindle Unlimited』の対象になっていれば迷わず読み進めたらいいと思いますし、たとえ自分でお金を払う必要があっても気になる本があれば購入して読んだ方がいいと思います。

あくまで『Kindle Unlimited』は自分の読書生活の補助として使っていきましょう。

まとめ:Kindle Unlimitedで充実した読書生活を

以上、『Kindle Unlimited』の概要と実際に利用していて感じたメリット/デメリット、どういう人におすすめのサービスなのかといったことを説明させていただきました。

改めて、『Kindle Unlimited』はビジネス書や小説などの読書習慣が身についている人におすすめできるコスパ最強の電子書籍読み放題サービスです。

私は年間100冊程度本を読んでいますが、読みたいと思っていた本が『Kindle Unlimited』の対象となっていることも結構多く、読書代の節約につながっていて助かっています。

「割と本を読む方だけど、Kidle Unlimitedを使ったことがなかった」という方や
「これから少しずつ読書習慣を身につけたい」といった方は
30日間の無料期間も用意されているので、ぜひ『Kindle Unlimited』を活用してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。