金融資産形成

【2020年1月】投信つみたて運用成績公開!!-つみたてNISA3年目-

こんにちは、アークです。

2020年最初の投信つみたてが完了しました。

今年でつみたてNISAをはじめて3年目になります。

つみたてNISA3年生/2020年の記事で紹介した通り、本年度は毎月50,000円の積み立てを継続していきたいと思っています。

今年も毎月、積立日ベースの運用状況を報告していきたいと思っています。

では、さっそくいってみましょう。

2020年1月の投信運用状況

まずは、全体から。

運用成績は+11.49%と好調なスタート!!

ポートフォリオ

累積投資金額:850,000円 (前月比:+50,000円)

損益:+97,653円(前月比:+15,138円)

評価額:947,653円(前月比:+65,138円)

パフォーマンス:+11.49%(前月比:+1.18%)

今月は、前月比で1.18%ほど上昇してくれました。

含み益も一時は100,000円を超えるなど運用状況は好調です。

1つの節目となる評価額1,000,000円も見えてきました~

年明けはアメリカとイランの問題が顕在化し、マーケットは荒れましたが、しばらくすると悪材料出尽くしということで相場は回復しましたね。

また、中旬に発表された米国の新着住宅着工件数もかなりよかったみたいで、米国の景気はまだ好調との見方から主要3指数(NYダウ、S&P500、NASDAQ)も連日史上最高値を更新しました。

ひふみプラス

基準価額:41,164円 (前月比:+213円)

損益:+15,632円(前月比:+1,162円)

パフォーマンス:+7.14%(前月比:+0.22%)

史上最高値を更新している米国市場とは対照的に日本株はあまり上昇しませんでした。

ひふみプラスも少し上昇した程度でした。

今年はTOPIXに対して大幅に勝てるように頑張ってもらいたいです。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

基準価額:13,595円 (前月比:+260円)

損益:+38,690円(前月比:+5,388円)

パフォーマンス:+15.17%(前月比:+1.47%)

前月比で+1.47%上昇してくれました。

やっぱり米国を中心とした市場への投資は手堅いですね。

個人的には今年は大統領選挙があり、株高につながるような施策を取ってくれるんじゃないかなと期待しています。

また、米国のマクロ指標もある程度はいいみたいで、今年景気後退に陥る可能性は低いんじゃないかなとも思っています。

たわらノーロード新興国株式

基準価額:14,325円 (前月比:+53円)

損益:+20,638円(前月比:+914円)

パフォーマンス:+8.71%(前月比:-0.02%)

新興国株式市場はあまり上がらなかったですね。

中国を対象とした銘柄の組み入れが多いみたいなので、新型コロナウイルスの影響を大きく受けて下落したと考えられます。

基準価額が更新されるタイミングで毎日1回チェックしていますが、今月は値動きが激しかったような気がします。

eMAXIS Neo 宇宙開発

基準価額:12,280円 (前月比:+799円)

損益:+22,329円(前月比:+7,439円)

パフォーマンス:+22.55%(前月比:+6.37%)

私のポートフォリオのエースです。

たった1ヶ月で+6.37%の上昇はおかしいです。(笑)

アメリカとイランの軍事衝突で株式市場はほとんど下落していましたが、このファンドだけは逆行高でした。

組み入れ銘柄にも入っているノースロップグラマン(NOC)とかロッキードマーチン(LMT)はこの時期大きく上昇していました。

もともとは宇宙開発というロマンに対して投資をしていたものでしたが、軍事関係の企業の組み入れが多く、こういう軍事情勢の悪化時に株価が上昇するというのは予想外でいい収穫でした。

ひふみワールド+

基準価額:10,194円 (前月比:+79円)

損益:+364円(前月比:+235円)

パフォーマンス:+0.59%(前月比:+0.16%)

本年度から新たに毎月10,000円積み立ての設定をしたひふみワールド+。

若干の上昇でした。

世界各国の成長株に投資を行うファンドです。

まだ、つみたてはじめたばかりなので、今後に期待しています。

信託報酬が高いので、それを大幅に上回るパフォーマンスを期待しています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

2020年度でつみたてをはじめて3年目になり、ようやく投資金額も積みあがってきたなという実感があります。

ギリギリ学生の時に積み立てをはじめたときは月に3,000円くらいからスタートをしてみて、社会人で給与が大きく入ってから徐々に積立額を満額に近づけてきました。

それから、さらに余裕ができてからつみたてNISAの枠を超えて投資額を増やすようにしてきました。

今年もこれまでより10,000円多い、月50,000円の積み立てに踏み切りました。

途中で辞めることなく、継続できるように今年も1年間つみたて投資を頑張っていきたいと思いました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

つみたてNISAの積立日ごとにおけるパフォーマンスの差について分析した記事です。

積立日ごとによる運用成績の差がどれくらい変わってくるのか、また何日に積み立てを行った場合が運用成績がよかったのか等参考になるかと思います。