その他資産形成

私がふるさと納税で寄附した自治体と返礼品の紹介

こんにちは、社会人2年目の資産形成家ARK(アーク)です。

先日、ふるさと納税の返礼品が到着しました。

また、6月から住民税が徴収されるようになったのですが、ふるさと納税の効果もあって住民税が少し減額されてました。

寄付した自治体から返礼品をいただき、住民税の節税にもつながるお得なふるさと納税について今回は概要と私がこれまで寄付してきた自治体と返礼品について紹介させていただきたいと思います。

ふるさと納税とは

ふるさと納税について簡単に概要とメリットを説明します。

詳細につきましては、ふるさとチョイスなどふるさと納税のサービスを提供しているサイトをご覧ください。

https://www.furusato-tax.jp/about

簡単に説明しますと、ふるさとや応援したい自治体に寄附を行うことができ、寄附を行うことによってその自治体から返礼品がもらえ、さらに所得税や住民税が還付・控除されるといったとても魅力的な仕組みになっています。

おおまかなメリットを2つ挙げます。

メリット① 寄附した自治体より返礼品がもらえる

まず、寄附した自治体より返礼品がもらえます。

返礼品につきましては、規制によって還元率が30%以上のものは禁止されるなど条件は年々厳しくなっているのが現状です。

2019年の税制改正大綱にこの内容は盛り込まれています。

ふるさと納税で有名だった泉佐野市もこの規制によって、6月30日以降に寄附を行なってもふるさと納税の対象とはならなくなってしまいました。

規制は厳しくなったといえど、地域の特産品であったり、伝統工芸品など寄附した自治体の特色のある返礼品をもらえるのは大変嬉しいです。

メリット② 税金が控除(還付)される

ふるさと納税を行うことによって、合計寄付額から2000円を引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けられることができます。

ただ、控除上限額が収入や家族構成によって異なりますので、こちらもふるさと納税の専門サイトでシュミレーションしてみてください。

私も社会人2年目になり、住民税が引かれるようになりましたが、昨年ふるさと納税を活用していたおかげで支払う税金が少なくなってましたので、非常に効果は大きかったと感じます。

上記で述べた2つがふるさと納税を活用する最大のメリットであると感じております。

以下では、私が2018年と2019年(まだ途中ですが)に寄附を行なった自治体と返礼品について紹介していきたいと思います。

私が寄附した自治体と返礼品紹介

まずは、社会人1年目時代の2018年度分について。

社会人になったのは4月からですので、会社からの給与収入は9ヶ月分と通常より年収が少ないのが社会人1年目の特徴です。

私もシュミレーションでは年収300万円で計算してみました。この場合の目安寄付額は28000円となりました。

①網走市/網走ビール(6本)+オリジナルグラス(2個)セット

網走ビール(6本)+オリジナルグラス(2個)セット

寄附金額:10,000円

私のふるさと納税デビューです。

ふるさと納税のサイトをいろいろ見て回って返礼品を探すのがすごく楽しかったです。

そんな記念すべき1自治体目ですが、網走市のビールに決めました。

理由は単純ですが、地ビールが美味しそうだったからです。(笑)

網走ビールは友人が家に遊びに来てくれた際に一緒に飲んで味わいましたが、様々な味が楽しめて満足でした。

北海道には行ったことはありますが、網走市までは行ったことはありません。

ふるさと納税のデビューは自治体を応援するというよりも返礼品を重視した形になりました。

②陸前高田市/コーヒーカップ呉須模様

陸前髙田の陶芸工房【季仙窯】コーヒーカップ

寄附金額:10,000円

2回目のふるさと納税は陸前高田市の陶芸工房【季仙窯】コーヒーカップ呉須模様(ソーサー付)にしました。

ここでは、前回と違い返礼品よりも自治体重視という形で寄附を行いました。

私も数年前はよく東北の方でボランティア活動に参加しており、陸前高田市も訪れたことがあります。

その経験もあって、金銭面で少しでも役に立てればと思い今回は東北でエリアを絞って少しでも関与した先を選びました。

ふるさと納税では、こうやって思い入れのある自治体に寄附をすることができ、なおかつ使用用途も選択することができるので、震災復興のためのお金に使ってほしいなどお金を託すことができます。

私の場合は非常に少額ですが、お金にはこうやって思いを託すという役割があることも再認識できました。

コーヒーカップについては今も自宅でコーヒーを飲む際に愛用しています。

③泉佐野市/天然ミルクアイスセット12個+Amazonギフト券3000円分

阿蘇天然ミルクアイスセット12個

寄附金額:15,000円

2019年、社会人2年目になった年のはじめてのふるさと納税です。

2019年の税制改正大綱に盛り込まれたとおり、還元率を30%以上のものは禁止していくという動きがありました。

ふるさと納税に力を入れており、返礼品も豪華であった泉佐野市も本規制により、6月30日以降ふるさと納税の対象から外れることとなってしまいました。

そこで、泉佐野市が最後に大きなキャンペーンを行ったことで、注目を集めていました。

通常の返礼品に加えて、なんとAmazonギフト券を併せてプレゼントしてくれたのです。

私の場合、Amazonギフト券が20%分の3000円をいただくことができましたので、実際の返礼品を30%と仮定すると、合計で50%もの返礼品をいただけたことになります。

ちなみに天然ミルクアイスセットについては12個入っており、味も12種類楽しめます。

この暑い夏に非常にぴったりな返礼品を選びました。

既に3つほど食べましたが、どれもおいしかったです。

さいごに

以上、私がこれまで寄附したふるさと納税の自治体と返礼品について紹介しました。

少しでも寄附先の参考にしていただければ幸いです。

規制により、返礼品の還元率は年々厳しくなっておりますが、寄附した自治体を応援することができたり、税金の減税もつながり、さらに返礼品までいただけるという非常に優れた制度ですので、今後も積極的に活用していきたいと思っています。

本年度もまだふるさと納税の限度額には達していないため、また寄附先を探していきたいと思っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。