24歳社会人1年目のリアルな金融資産(貯蓄額)を公開!

24歳社会人1年目のリアルな金融資産(貯金額)を公開!

本記事では、サイドFIREを目指して資産形成に取り組む24歳社会人1年目の私の金融資産を公開しています。

私は毎年12月31日に個人金融資産のバランスシート(B/S)を作成しています。

バランスシート(B/S)を作成すると、1年間の金融資産の増減や資産と負債のバランスを把握することができるので、年に1回個人金融資産のバランスシートを作成するのは非常におすすめです。

特にこれから新社会人になる学生の方は社会人1年目でどれくらい貯金ができるのか気になるところだと思います。

実際に私が社会人1年目の頃から意識していたことについても紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

アーク

では、さっそく紹介していきます!

目次

24歳社会人1年目の金融資産(貯蓄額)公開!!

私は、毎年年度末に以下のような個人金融資産のバランスシート(B/S)を作成しています。(2018年12月31日に作成)

2018年度 バランスシート

先に結論からお伝えすると、2018年12月31日時点の時価ベースで、874,206円の金融資産を構築することができました。

社会人になる前は卒業旅行などでお金を使い果たしており、ほぼ0からのスタートだったので9カ月で約87万円貯めることができたことになります。

ただ、私は奨学金を借りているため、純負債ベースでみると-1,532,994円となっております。

金融資産よりも負債の方が多い状態ですね。

このようにバランスシートを作成することによって、1年間でどの程度金融資産を構築することができたのか、資産と負債のバランスはどうなっているかなどが確認できるようになります。

定期的に個人金融資産のバランスシートを作成するのは非常におすすめですので、ぜひ作成してみてください。

≫個人版バランスシート(Excel)の作り方を紹介!個人金融資産を可視化しよう!

年度末に個人金融資産を可視化してみよう!そうすることで、年間に構築できた金融資産額が把握できる!

社会人になってから実践した給与1/4天引きは有効

前述のとおり、私は社会人1年目から9カ月で874,206円の金融資産を構築しました。

金融資産の構築にあたって実践していたのが、給与の1/4を天引きで資産形成にまわすということです。

これは、学生時代に読んだ本多静六さんの著書『私の財産告白』で紹介されていた考え方です。

≫【要約】『私の財産告白』本多静六|社会人になる前に読んでおきたい貯金のバイブル

「給与1/4天引き」は名前のとおり、給与が入ってきたら1/4を天引きして貯蓄や投資にまわし、残りの3/4で生活するという方法です。

給料日に1/4天引きを実践することで、シンプルにお金が貯まる仕組みを作ることができます。

私は、給与から天引きした分をつみたてNISAや生活防衛資金にまわしていました。

この方法を活用することによって、給与からの天引き後は貯蓄のことは気にせずに娯楽などにお金を使うことができるので心理的にも負担が少なくなります。

ぜひ、新社会人になる方でお金を貯めたいと思っている方は給与からの1/4天引きを活用してみてください。

給与からの1/4天引きは、シンプルでお金が貯まる仕組みを作れるのでおすすめ!

まとめ:社会人1年目から100万円は貯金できる!

以上、私の2018年末(24歳社会人1年目)時点の金融資産を公開させていただきました。

最低限意識して取り組んでいたのは、「給与1/4天引き」を実践してつみたてNISAと生活防衛資金の構築を行なっていたことです。

特別難しいことには取り組んでいませんでしたが、この方法で社会人になってから9ヶ月で874,206円の金融資産を構築することができました。

学生から社会人になると100万円という貯金は意外と遠く感じるかもしれませんが、全然初年度で到達可能です。

ぜひ、これから社会人に向けて資産形成を頑張っていきたいと思っている方は給与1/4天引きを活用し、貯蓄やつみたてNISAに資金を回してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる