金融資産形成

社会人1年目で構築した金融資産と考え方

こんにちは、社会人2年目24歳のアークです。

学生時代に金融資産形成に興味を持っていたこともあって、社会人1年目時代から少しではありますが、金融資産形成に取り組んできました!

本記事では、社会人1年目時代に私が実践していた金融資産形成について、考え方や過程を紹介できればと思っています。

本記事で伝えたいこと

①年度末にバランスシートを作成することによって、金融資産の増減を可視化することができるのでおすすめしたい。

②社会人1年目が金融資産形成をするにあたって、給料の1/4天引きは有効。

こんな人におすすめ!!

・社会人1年目の金融資産がどれくらいあるのか知りたい

・金融資産形成の考え方について他の人の考え方を参考にしたい

2018年度のバランスシート

まずは、実績から。下図が2018年度末(2018年12月31日)に作成した、私のバランスシート(B/S)です。

2018年度 バランスシート

会計にはそんなに詳しくないため、バランスシートについてツッコミがあるかもしれませんが、ご了承ください。(笑)

2018年12月31日時点の時価ベースですが、874,206円の金融資産を形成することができました。

2018年1~3月はまだ学生であり、貯金はない状態で社会人になったので、2018年の4月~12月の9カ月間の実績と考えると、想像以上に資産形成に取り組むことができたのではないかと思っています。(集計時期が12月末であり、ボーナスが入ってきている時期なので、少し普通預金の額が大きいです。)

ただ、純負債は1,532,994円となっており、まだまだ金融資産よりも負債の方が多いといった状況ですね。

バランスシートを作成してみると、自分がどれだけ金融資産形成できているのか、また比率等を確認することができるので、バランスシートの作成はおすすめです。

毎年年末にバランスシートを作成することによって、今年はこれだけ金融資産を増やすことができたといったように金融資産の成長を可視化できるので、私はこれから年度末に毎年バランスシートを作成したいと思っています。

私の金融資産形成における考え方

私は学生時代から資産形成本を読み漁っていました。

良質な本と多く出会うことができ、社会人になる前に積立NISAを始めることができたのもそのおかげだと思っています。

また、私が社会人になって金融資産形成をするうえで重要にしている考え方があります。

本多静六さんの著書『私の財産告白』で紹介されていた、給料の1/4を天引きで資産形成にまわすという考え方です。

つみたてNISAや生活防衛資金用の貯蓄は、給料日の前にあらかじめ差し引いていました。

双方合わせて、5万円程度を給料から差し引いています。

ボーナスが入る前はそれこそ生活用資金である普通預金口座はギリギリの生活を送っていました。

多分、この考え方を知らなければ、投資は後回しになって資産形成ができていなかったと思います。

本多静六さんのこちらの著書は金融資産形成をはじめるにあたって参考になりますので、ご興味あられる方はぜひ読んでみてください。

保有商品

バランスシートを見ていただければ、私が保有している金融商品等を分かっていただけると思います。(仮想通貨は学生時代になんとなく時代の流れに乗ろうと思って始めたもので、現在ではもう全て売却しています。40%程度の損失です…)

主に預金、投信、保険の3つですね。

①預金

預金は生活用と貯蓄用の2つに分けています。

生活用は普通預金の銀行口座で、給与がそこに振り込まれ、日常生活で必要になった時にお金を引き出しています。

貯蓄用は、防衛資産形成のための銀行口座で、有事の際に備えて月に1万円ずつ貯蓄を行っております。

貯蓄用口座については、自分なりにルールを決めていて、一切引出しをしないということにしています。

今のところ、ルールは守れており、一切引出しはしておりません。

給料から1万円を差し引いて貯蓄にまわしてします。

防衛資産は今後、本格的に投資を行う際や仕事を仮に転職するといった場合に心の支えとなってくれる重要なものだと思っているので、欠かさずに毎月1万円を積立ていきます。

②投信

投信はつみたてNISAが中心です。

現在、つみたてNISA3本と特定口座で1本投信の積立を行っています。

積立商品は、つみたてNISAでひふみプラス、eMAXIS Slim 先進国株式、たわらノーロード新興国株式に月合計33,000円、特定口座でeMAXIS Neo 宇宙開発を月5000円積み立てています。

投信については長期・継続・分散投資を心がけているので、短期での結果は全く気にせず、20年後以上先を見据えて今後も積立を継続していくつもりです。

③保険

保険は外貨建て(米ドル)の保険に加入しています。

保険については、私も学生時代に本を読んでいた中でコストが高く、運用は自分でやればいいやと思っていたので入る必要はないと思っていました。

ただ、加入してもいいかなと思った理由が2つあって米ドル建ての保険に加入しています。

1つ目は、ここ数年で仮に亡くなってしまった場合に親に迷惑をかけたくないという想いです。

バランスシートを見ていただければわかる通り、私には奨学金といった負債が240万円ほどあります。

国立大学に通っていましたので、学費は最低限抑えたつもりですが、なかなかの額です。

私のバランスシート上の数値では純負債が153万円程度となっており、仮にここ数年で私が亡くなってしまうと親に金銭上の迷惑をかけてしまうので、そのリスクヘッジとして加入しています。

2つ目は、将来FP分野で活躍したいと思っていたことです。

私は学生時代からFP分野に興味を持ち、FP3級、FP2級、AFP資格を取得しました。

保険加入時は、将来FP分野で独立したいということもキャリアプランの選択肢の一つとしてあったため、商品に触れておくことは重要であると感じました。

投資も理論だけ勉強するより実際に市場に参加した方が体験もあって理解しやすいというのと同じ理論で保険商品について理解を深めるために保険に加入しています。

外貨建てなのは、円よりも利率が高いこと、通貨の分散といったところです。

その他にも、楽天POINT運用、メルカリ、ふるさと納税などもやっています。

また、別の機会で詳しく伝えられればと思います。

当ブログで発信していくこと

以上、私の社会人1年目、2018年度末の金融資産告白でした。

まだまだ、私は資産形成をはじめたばかりなので、成功体験は語れません。

なので、今後も資産形成の過程を中心に情報を発信していきたいと思っています。

また、学生時代や社会人になってからも資産形成に関する本はたくさん読んでいるので、資産形成に役立つと思った本もどんどんブログで発信していければと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。