人的資本形成

学生時代にAFP資格を取得して感じたFP資格取得のメリット

こんにちは、20代の資産形成家ARK(アーク)です。

私は学生時代から資産形成について非常に興味を持っていました。

そんな学生時代に資産形成について幅広く知識を習得できたのが、FP(ファイナンシャルプランナー)資格でした。

学生時代にライフプラン、保険、金融商品、タックス(税金)、不動産、相続について基礎知識をつけることができたため、社会人になってからもスムーズに資産形成に取り組むことができました。

学生時代はFP3級からはじまり、2級、AFP資格まで取得しました。

今回はそんなFP資格について、私が取得しようと思った経緯と資格を取得してよかったと思うことについてまとめたいと思います。

FP資格とは

FPとはファイナンシャル・プランナーの略です。

FPについてですが、日本FP協会ではこのように説明されています。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。 ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。 これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

日本FP協会 より

このFPとしての実績や信頼の証になるのが、FP資格です。

例外もありますが、一般的には資格を持っていれば、「この人は知識があるな、この人になら任せても大丈夫かな」といったように信頼される材料になりえます。

FP資格を取得することで、お金の知識が身につけることができ、お金のことについて信頼される証になります。

FP資格にも3級から2級、AFP、CFP、1級といったように様々あり、難易度に応じて資格を保有している人の理解の深さが図られます。

知識があっても資格試験を全く受けていない人は別ですが、3級を保有している人よりも2級を持っている人の方が知識の深さは高いでしょうし、1級やCFP資格を取得している人の方がより深いレベルで知識を持っていると考えられます。

ただ、FP資格は他の資格と比べてみると一般的には取りやすい資格だと言われており、中でもAFPまでは比較的容易に取得できると言われています。

実際に私も学生時代にAFPまで取得することができています。

なので、FP資格で他者と差別化をするにはCFPや1級の取得を目指した方がいいと思います。

私も現在はCFP資格の取得に向けて勉強に取り組んでいます。

FP資格を取得しようと思ったきっかけ

私がFP資格を取得しようと思ったのは大学3年生の時です。

当時、友人が既に2級を取得しているというのを知って驚いたと同時に資格の勉強とかやっているんだなと感心しました。

もともと、私自身も経済学部でしたし、お金全般について興味は持っていました。

お金と向き合うというのは生きていく上で永遠のテーマであるとも思っていたので、基礎知識を身につけるためにも受けてみようと思って3級を受験しました。

また、就職活動に向けて資格の欄が空白になってしまうのは寂しいという理由もあったかもしれません。(笑) 

就職活動ではほとんど役には立ちませんでしたが・・・

大学3年生(2016年)の6月の試験にて、FP3級の試験に合格することができました。

そこから就職活動等もあったため、期間が空いて大学4年生(2017年)の9月にFP2級に合格、同年の12月にAFPに認定されました。

AFPまではスムーズに合格することができました。

現在は、CFP資格に挑戦中です。

全6科目に合格しなければならないのですが、現在は金融資産設計1科目に合格のみとちょっと苦戦しています。

2020年度いっぱいにはなんとかCFPの学科試験には合格したいと思っています。

FP資格を取得してよかったこと

現在、AFP資格を保有している私ですが、FP資格を取得してよかったことについて述べたいと思います。

主に3つあります。

①基礎知識が身についた

お金に関する基礎知識が身につけることができた。この点は非常に大きかったです。

正直、FP資格を受験する前の私(当時大学3年生)は年金制度についても、投資信託についても全く知らなかったです。

細かい部分は後々分かっていくものですが、FP資格の勉強を通じてある程度お金に関係することについて概要を学べたのは非常に意義深かったです。

現在でも資産運用等を中心に資産形成に取り組むことができていますが、やっぱりベースとなっているのはFP資格の勉強があったからだと思います。

こういう基礎知識が身についているだけで、資産運用本関係も読みやすくなっていきます。

後述にもFP取得のメリットを述べていますが、ここで述べたメリットが一番大きかったと感じます。

②資格保有の欄に記入できる

FP資格は国家資格に該当します。

また、FP資格はそれなりに認知度も高い資格となっております。

さらに、人生においてお金は欠かせない分野ですので、汎用性も高いです。

FP資格に合格することで履歴書の資格欄の部分にこのFP資格を記入することができたり、友人との会話でFPを保有していると語れるようになります。

先に述べたように、FP3級だと取得者も多く、難易度も比較的容易であるため評価に結び付くケースは少ないですが、資格がないよりもあるに越したことはありませんし、資格保有者がお金について興味があるということは伝えられることができます。

また、全くお金に関して無知な友人に対してはあの人はFPの資格を持っているなら、一度相談してみようと一種の信頼にもなりえます。

③友人からお金の面で頼ってもらえる

そんなに頻度は多くはないですが、友人からお金の面について頼ってもらえることも増えます。

私も仲の良い友人に対してはふとした会話の中でAFPの資格を持っているといったことを伝えたことがあります。

学生時代はお金のことについて話し合うことはありませんでしたが、大学卒業後に久しぶりに会った時に頼ってもらえることが多少増えました。

ふるさと納税について仕組みを教えてほしい、保険は入っているのか…など。

友人に頼られるというのは私としても嬉しいことなので、丁寧に回答します。

さらに教えたことについて実際に友人が活用してくれて喜んでもらえた時というのは非常に嬉しいですね。

こないだ会った友人はふるさと納税を活用してくれたみたいで、住民税が少し減っていて嬉しかったと報告してくれました。

誰かの役に立てるというのは非常に嬉しいことですので、今後も誰かの役に立てるように勉強を頑張っていきたいと思います。

さいごに

以上、FP資格の概要、取得したきっかけ、取得のメリットについてお伝えさせていただきました。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的側面から実現に導くことを可能にするFP資格。

家計のドクターと呼ばれることもあり、非常にやりがいのある魅力的な資格だと思います。

私も今後は、CFP資格、FP1級といった上位資格の取得を目指し、いずれはFP業務をそして日本のファイナンシャルリテラシーの向上に貢献できるように今後も勉強を頑張っていきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。