つみたてNISA

たわらノーロード新興国株式からeMAXIS Slim新興国株式へ切り替えた理由

2018年1月より始まったつみたてNISA。

私は当初からつみたてNISAの制度を活用しており、2020年末で運用期間が3年となりました。

2021年度から運用4年目に突入しますが、本年より新興国株式インデックスの積み立てファンドを入れ替えることにしました。

これまで3年間は「たわらノーロード新興国株式」(アセットマネジメントOne)への積み立てを行っていましたが、今後は「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」(三菱UFJ国際投信)に切り替えます。

本記事では、同じ新興国株式インデックスファンドであるにも関わらず、積み立てファンドを入れ替えようと思った理由を紹介したいと思います。

こんな人におすすめ!!

・つみたてNISAをはじめようと思っている
・新興国株式インデックスファンドに投資を行っている
・新興国株式インデックスファンドに投資しようか迷っている

たわらノーロード新興国株式の3年間の運用実績

私は2018年1月(当時は学生)よりつみたてNISAでの資産運用をはじめました。

日本株、先進国株、新興国株の3つに投資対象を分散し、3つのファンドへ毎月つみたて投資を行っていました。

そして、新興国株式への投資はアセットマネジメントOneが運用する「たわらノーロード新興国株式」へ3年間つみたてを続けてきました。

3年間の総積立金額350,000円となり、2020年12月30日時点での評価額410,402円評価益+60,402円(損益率:17.26%)でした。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスに切り替えようと思った理由

「たわらノーロード新興国株式」はまずまずの運用成績でしたが、なぜ「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」に積み立てファンドを切り替えようと思ったのか。

主な理由が以下の3つです。

①コストが圧倒的に低い
②純資産が大きい
③運用成績が良い

両ファンドを比較しながら、1つずつ理由を説明していきたいと思います。

①コストが圧倒的に低い

つみたてNISA対象ファンドにおいてかかるコストは「信託報酬」と「信託財産留保額」の2つになります。

信託報酬
…投資信託を管理・運用してもらうための経費として、投資信託を保有している間はずっと投資家が支払い続ける費用のこと。ただし、別途支払うのではなく、信託財産の中から「純資産総額に対して〇%」といった形で毎日差し引かれる。

信託財産留保額
…投資信託を解約する際に投資家が支払う費用のこと。ただし、別途投資家が支払うのではなく、「基準価額に対して〇%」といった形で解約代金から差し引かれる。

では、「たわらノーロード新興国株式」と「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」でコストを比較してみましょう。

信託報酬信託財産留保額
たわらノーロード新興国株式0.37%0.30%
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.19%なし
2020年12月30日時点

「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」は同じ新興国株式インデックスファンド(MSCI Emerging Markets Indexに連動するもの)において最安の信託報酬:0.19%となっています。

また、解約時に差し引かれる信託財産留保額もありません。

一方、私がこれまで保有していた「たわらノーロード新興国株式」は信託報酬が年率0.37%、信託財産留保額0.30%となっています。

インデックスファンドなので「たわらノーロード新興国株式」自体のコストも安いのですが、「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の同カテゴリー内最安のコストは非常に魅力的です。

②純資産が大きい

続いて、両ファンドの純資産を比較してみましょう。

純資産(百万円)
たわらノーロード新興国株式8,980
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス45,041
2020年12月30日時点

2020年12月30日時点では「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」が約450億円、「たわらノーロード新興国株式」が約89億円となっています。

純資産に着目した理由は、純資産が大きければ規模のメリット(=スケールメリット)によって経費率(=信託報酬)が引き下がる可能性があるからです。

また、純資産が小さすぎる(一般的には10億円未満を目安としている人が多い)と繰上償還されてしまい、計画通りに運用ができなくなってしまうリスクがあります。

このような観点から一般的には純資産は30億円以上が好ましいと言われています。

そのような観点を踏まえると、「たわらノーロード新興国株式」も「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」も純資産の規模でいうと特段問題はなさそうです。

ただ、やはり純資産の規模が同じカテゴリー内で最大の規模を誇る「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」は段階的に信託報酬を引き下げている点が魅力です。(*直近は2020/9/25に信託報酬を0.2079%→0.187%に引き下げ)

また、公式HPでも「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」と表記されていることから、今後もますます信託報酬が引き下がっていくことも期待できます。

③運用成績が良い

3つ目に挙げた理由、運用成績は「たわらノーロード新興国株式」が非常にネガティブでした。

まず、「同じ指数への連動を目指しているんだから運用成績は同じなんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

実は、同じ指数への連動を目指していても売買のタイミングや偏りなど様々な条件が組み合わさった結果、ファンドの成績がベンチマークとズレてしまうことがあります。(これをトラッキングエラーといいます。)

2020年1月6日~2020年12月30日の基準価額をもとに、つみたてNISA対象の新興国株式インデックス全11ファンドの直近1年間の運用成績を比較してみた結果がこちらです。

2020年12月30日時点

「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」だけはFTSE Emerging Indexに連動する成果を目指しているので、他のファンドと比較して運用成績に大きな乖離が見られます。

他のMSCI Emerging Markets Indexに連動するファンドに関しては約9%∼10%の範囲で概ね納まっているものの、「たわらノーロード新興国株式」だけ大きく劣後してしまっています。

なぜこれだけの大きな乖離が見られたのか理由は分からないものの、1つ見過ごせない材料となっています。

まとめ:年に1回つみたてNISAの対象ファンドを見直そう!

以上、私が「たわらノーロード新興国株式」から「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」へ積み立てファンドを切り替えた理由を紹介させていただきました。

つみたてNISAに関しては、つみたてファンドを設定したあとはほったらかしで十分ですが、年に1回程度は同カテゴリー内でコストや純資産、運用成績を比較してみてもいいかもしれないですね。

私自身、過去3年間はつみたててほったらかしにしていましたが、今回同一カテゴリー内で比較してみたところ多くの気づきが得られました。

2018年∼2020年の間、「たわらノーロード新興国株式」には非常にお世話になりました。

2021年以降、新規でのつみたては「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」となりますが、「たわらノーロード新興国株式」は継続保有していきます。

つみたてNISAは20年間の時間を味方につけながら、着実に資産を増やしていきたいと思っています。

一緒に資産形成に励んでいきましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

2020年の1年間のデータを用いて、つみたてNISA対象の新興国株式インデックスファンドを比較してみました。新興国株式インデックスファンドへの投資を考えている方は参考にしていただければと思います。