金融資産形成

20代から資産形成をはじめる最大の強み”時間の支配”

こんにちは、20代の資産形成家アークです。

今回の記事では、資産形成において最も強い味方となってくれる”時間”について取り上げたいと思います。

時間は誰しもが平等に与えられている貴重な資源です。

貴重でありながら、有限であるため、優れた経営者ほどこの”時間”を大切にしている印象があります。

過ぎ去ってしまった時間だけはどうやっても取り返すことができないので、より濃い時間を過ごしたり、時間を無駄にしないようにしていきたいですね。

日々の仕事や日常生活においても時間はかなり大切ですが、資産形成においても時間の使い方(時間の支配)はめちゃくちゃ重要だと思っています。

さっそく、資産形成における時間の重要性について自分なりの考えを紹介していきたいと思います。

本記事で伝えたいこと

20代から資産形成を始める最大の強みはより多くの時間を支配できること。

{収入-支出+(資産×運用利回り)}×時間をできるだけ若いうちから最適化・最大化しよう!!

こんな人におすすめ!!

・資産形成に興味がある若者
・長期的な資産形成に興味がある人
・少しでもお金を貯めたい

20代はより多くの時間を支配できる

現実世界ではなかなか資産形成に取り組んでいる同世代の友人をみかけることは少ないですが、TwitterなどのSNSでは20代から資産形成を始めている人が増えているように感じます。

20代から資産形成に取り組むことの最大のメリットはより多くの時間を支配できることだと思います。

早く始めた分だけより多くの時間を味方につけられるという訳です。

資産形成における重要な公式はご存知でしょうか?

資産形成=収入-支出+(資産×運用利回り)です。

資産形成を最大化するならば、収入を増やし支出を減らし余剰資金を投資にまわして運用利回りを上げることが重要ということが読み取れる式です。

資産形成を最大化したい人にとっては誰にでも当てはまる意識しておきたい重要な公式ですが、時間軸が単年になっています。

より長期的な資産形成を見据えるのであれば、ここに時間が掛け合わされます。

資産形成(長期)={収入-支出+(資産×運用利回り)}×時間

長期的な資産形成においてはこの時間が最も重要な要素になってきます。

20代から資産形成を始めることの最大のメリットはこの時間を大きく支配できることだと思っています。

60歳である程度資産形成のゴールを定めたとすれば、30~40年もの時間を味方につけることができます。

この時間を支配することの威力についてはのちほど紹介したいと思います。

資産形成の式を最適化する

20代から資産形成をはじめることによって時間を大きく味方につけられることについて説明しました。

ただ、資産形成の公式において、収入が少なくて支出が多く、投資にお金がまわせず、運用利回りも低いといった状況では時間の力を借りたとしても大きく増やすことはできないでしょう。

なので、早いうちから自分に無理のない範囲で資産形成の公式を最適化していく必要があります。

前述の資産形成の公式について①収入をあげる、②支出を下げる、③より多くのお金を投資にまわして運用利回りを上げるの3つに分解しながら時間の効力を説明していきたいと思います。

①収入を上げる

収入を上げるということはなかなか難しいことだと思いますが、収入が増えればより資産形成が加速していきます。

より若い年代でFIRE(経済的自立と早期退職)するという高い目標を目指すのであれば収入を増やすことはかなり重要になってきます。

私もまだ本業からの給与収入に大きく依存している状況で、人事評価による年に1度の昇給のみが収入を上げる大きなイベントとなっています。

ただ、他にも収入を上げる手段として、副業に取り組んだり、投資(不動産を含む)による不労所得を獲得したり、事業を立ち上げて大きく収入を得るなど方法は様々です。

現代ではメルカリで不用品を売却して収入を増やすこともできますし、モノを貸し出して収入を得ることもできるようになっているので、少しでも収入源を多角化できるようにしていきたいですね。

私も現在給与収入がほとんどですが、ブログや投資、メルカリの活用など収入源の多角化に取り組んでいます。

まだまだ副収入は小さいですが徐々に大きく育てていけるように今後も頑張っていきたいと思います。

収入を増やすことの長期的な価値について、メルカリを例にとってみたいと思います。

私は学生時代よりメルカリを愛用していて、不用品を売却しているだけですが、年間でだいたい5万円程度の売り上げまで積みあがります。

年によって売上金は変動があるものの、今後もメルカリを続けて毎年5万円の副収入40年間得るとすると累計200万円にのぼります。

メルカリを利用せずに、不用品をそのまま捨てたり、押し入れにいれて放置して今後40年間過ごしていたとするとかなり大きな差が出ますね。

計算しやすくするために、メルカリの副収入を例にしてみましたが、副業や投資による不労所得が安定的に大きくなれば、時間とともに将来生み出される金額はかなり大きくなります。

20代の若いうちから収入源を多角化し、大きく育てていきましょう!(自分も頑張ります)

②支出を減らす

収入を上げるよりも簡単にできて、効果が大きいのが支出を減らすことです。

中でも固定費の削減は効果絶大です。

私も社会人2年目の途中から大手キャリアから格安SIMに変更したり、保険を見直すなど固定費の削減に注力しました。

節約をすることによって支出を減らすこともできますが、無理しすぎると続きませんし、食費を削りすぎて栄養が偏ったりするレベルまでいくとあまりいいとは思えません。

なので、若いうちから無理のない範囲で固定費の見直しを行うことが長期的な資産形成において効果は大きいです。

ここでも格安SIMによる固定費削減効果を例にしてみたいと思います。

私は大手キャリアから格安SIMによってだいたい月5000円固定費を削減することができました。

今後40年間、大手キャリアのまま契約を更新した場合と格安SIMにした場合でどれくらいの差が出てくるのか。

1年間で6万円の支出削減になるので、40年という長期スパンで考えると240万円支出を減らすことができます。

あくまで一例ですが、固定費を若いうちから見直すことができれば長期的な効果はかなり大きいです。

私が格安SIMを導入したのは、別にそんなに通信量とかが必要性がなかったからです。

見直しの対象については人によって必要性が違ってくると思うので、各々の状況にあった中で最適な固定費削減に取り組むことが重要だと思います。

③余剰資金を投資にまわし、運用利回りを上げる

収入を増やして、支出を減らすことができれば、より多くの余剰資金が生まれます。

この余剰資金を投資にまわすことによって、お金を増やしていきましょう。

運用という面においても時間は複利によってとてつもない力を発揮してくれます。

FPのパーソナルファイナンス分野でお馴染みの現在価値(PV)将来価値(FV)の概念を使って説明します。

現在価値(PV)…将来価値を一定の割引率(現金の時間的価値)を使って、現在時点まで割り戻した価値。
将来価値(FV)…現在の対象となるもの(企業価値や金融商品など)の貨幣価値が将来いくらになっているかを算出したもの。

実際に具体的に数字を使って説明します。

米国の株式利回りは平均でだいたい6~7%と言われています。

不確実性の高い株式市場なので、今後も同じ利回りを得られるかどうかは分かりませんが、現在10,000円を投資して年利6%40年間運用したとすると、102,857円となります。

この102,857円が現在の10,000円を年利6%で40年間運用した場合の将来価値ということになります。

逆に今後40年間年利6%で運用できる場合、40年後の102,857円を現在価値になおすと10,000円になります。

今後40年間において平均6%で運用することができれば、投資した10,000円は40年後の102,857円と同じ価値になるということなので、時間×複利の効果はとてつもないです。

同じ年利6%で10,000円を投資するとしても取れる時間軸によって将来価値は変わってきます。

20年の場合、現在投資する10,000円の将来価値は、32,071円です。

60年の場合、現在投資する10,000円の将来価値は、329,877円になります。

運用利回りが同じであることが前提となりますが、時間を長く支配できるほど将来的な価値は大きくなります。

シュミレーション

では、簡単なケースでシュミレーションしてみたいと思います。

デフォルトを社会人1年目23歳、計算の都合上収入と支出がこれまで同じ(=収支が0)だったとします。

パターン①資産形成に取り組まず、収支を今後40年間見直さなかった場合

極端な例ですが、今後40年間にわたって、稼いだ分を使うというスタイルです。

この場合の40年後の資産は0(0×40)です。

パターン②収入-支出で毎年110,000円の余剰資金を生み出し、貯蓄に励む場合

ここからは、資産形成に取り組む事例で考えます。

23歳社会人1年目からメルカリで不用品を売却して年間で収入を50,000円上げ、格安SIMの導入によって年間支出を60,000円削減し、余剰資金を年間110,000円生み出すことを想定します。

収入と支出の改善を行うことによって年間110,000円の貯蓄を行うことができます。

貯蓄にしてしまうと時間×複利の効果は得られませんが、毎年110,000円を40年間も続ければ40年後には4,400,000円貯まることになります。(厳密にいうとちょっと利息がつく)

自身に負担がない程度でこれだけ貯めることができるのはかなり大きいと思います。

パターン③{収入-支出+(資産×運用利回り)}×時間を活用

収入-支出で毎年110,000円の余剰資金を生み出すのはパターン②と同じ条件ですが、これらの余剰資金を米国株式の平均利回り6%40年間投資にまわしたとします。(あくまで今後も同じ条件で運用できるかは不確実です。)

実際の相場では、年によって20%上昇するような年もあれば、-15%下落するようなときもあり、6%上昇する時もあって、あくまで過去の市場年平均利回りが6%ということになります。

今回のシュミレーションでは計算の都合上、年度末の資産残高に対して年利で6%分資産が増えていくように計算しています。

なんと、この計算では40年後の資産残高18,045,245円となります。

不確実性の高い株式市場においてただ米国の年平均利回りで40年間運用した設定なので、保証できる数字ではありませんが貯蓄だけの場合と比べても大きく増えていることが分かると思います。

仮に年利を3%で40年間運用した場合は、40年後の資産残高は8,542,963円となります。

年利3%は比較的実現可能な数字ですが、これでも貯蓄の場合より約2倍くらい資産が増えることになるので、時間×複利の効果は侮れません。

年数年齢収入の増加支出の減少余剰資金資産×運用利回り(6%)資産残高
12350,00060,000110,000110,0006600116,600
22450,00060,000110,000226,60013596240,196
32550,00060,000110,000350,19621012371,208
42650,00060,000110,000481,20828872510,080
52750,00060,000110,000620,08037205657,285
62850,00060,000110,000767,28546037813,322
72950,00060,000110,000923,32255399978,721
83050,00060,000110,0001,088,721653231,154,045
93150,00060,000110,0001,264,045758431,339,887
103250,00060,000110,0001,449,887869931,536,881
113350,00060,000110,0001,646,881988131,745,694
123450,00060,000110,0001,855,6941113421,967,035
133550,00060,000110,0002,077,0351246222,201,657
143650,00060,000110,0002,311,6571386992,450,357
153750,00060,000110,0002,560,3571536212,713,978
163850,00060,000110,0002,823,9781694392,993,417
173950,00060,000110,0003,103,4171862053,289,622
184050,00060,000110,0003,399,6222039773,603,599
194150,00060,000110,0003,713,5992228163,936,415
204250,00060,000110,0004,046,4152427854,289,200
214350,00060,000110,0004,399,2002639524,663,152
224450,00060,000110,0004,773,1522863895,059,541
234550,00060,000110,0005,169,5413101725,479,714
244650,00060,000110,0005,589,7143353835,925,096
254750,00060,000110,0006,035,0963621066,397,202
264850,00060,000110,0006,507,2023904326,897,634
274950,00060,000110,0007,007,6344204587,428,092
285050,00060,000110,0007,538,0924522867,990,378
295150,00060,000110,0008,100,3784860238,586,400
305250,00060,000110,0008,696,4005217849,218,185
315350,00060,000110,0009,328,1855596919,887,876
325450,00060,000110,0009,997,87659987310,597,748
335550,00060,000110,00010,707,74864246511,350,213
345650,00060,000110,00011,460,21368761312,147,826
355750,00060,000110,00012,257,82673547012,993,295
365850,00060,000110,00013,103,29578619813,889,493
375950,00060,000110,00013,999,49383997014,839,463
386050,00060,000110,00014,949,46389696815,846,430
396150,00060,000110,00015,956,43095738616,913,816
406250,00060,000110,00017,023,816102142918,045,245
  2,000,0002,400,0004,400,000   

おわりに

いかがでしたでしょうか。

{収入-支出+(資産×運用利回り)}×時間の式を意識して、少しでも改善を行うことによって数十年後に大きな差が表れることがお分かりいただけたと思います。

もちろん、資産形成をやるうえでは、何のためにやるのか目的を持つことが非常に重要ですし、無理のない程度で資産形成の式を最大化することが重要です。

今よりも少しでもお金を増やしたいのであれば、何か収入源を少しでも増やせる方法はないか探ってみたり、固定費をどこか見直すことができないかどうか考えてみるのも有効だと思います。

また、FIREや経済的自立を目標にするのであれば、より{収入-支出+(資産×運用利回り)}×時間を最大化する取り組みが必要です。

1年でも早く、より多くの資金を投資にまわすことで、その分の貯まるスピードが加速します。

自分の目的と照らしあわせたうえで、最適な資産形成に取り組んでいきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【関連記事】

収入源の多角化を考えられている人にとって参考となる記事です。↓

資本主義における時間の支配の重要性についてはこちらの記事が参考になります。↓