ふるさと納税

【ふるさと納税レビュー】「エアーかおる」バスタオル/フェイスタオルセット(岐阜県安八町)

ふるさと納税の返礼品で『エアーかおる』を選択しようかどうか迷っている…
『エアーかおる』ってふるさと納税で入手できるの?

上記のような悩みを解決していきます!

本記事では、実際に『エアーかおる』を3年間愛用し続けている私が、岐阜県安八町のふるさと納税で『エアーかおる』を入手した感想を紹介しています。

『エアーかおる』とは、浅野撚糸が開発した魔法の撚糸「スーパーZERO」で作られたもので、一般的なタオルと比べて吸水性が約1.6倍、速乾性が約2倍、洗濯してもボリューム感がなくならず、毛落ちも少ないという優れものです。

『エアーかおる』の魅力や特徴、サイズや種類の違いについてはこちらの記事で詳しく紹介しておりますので、併せてご覧いただければと思います↓

私自身、『エアーかおる』の愛用者で、これまではAmazonや楽天などを通じて購入していましたが、なんとふるさと納税を通じて入手できるようになりました。

現時点では、『エアーかおる』はお礼の品掲載数No.1の「ふるさとチョイス」のみでしか扱われていません。

今回は私もよく利用している「ふるさとチョイス」を通じて、岐阜県安八町の「エアーかおるダディボーイ バルタオル/フェイスタオルセット」を返礼品として頂いたので内容と感想を紹介していきたいと思います。

こんな人におすすめ!!

・吸水性、速乾性の高いタオルを探している
・ふるさと納税でエアーかおるを入手したい
・エアーかおるの商品性が気になる

エアーかおるダディボーイ バスタオル/フェイスタオルセット

ではさっそく、今回ふるさと納税の返礼品としていただいた岐阜県安八町の『エアーかおるダディボーイ バスタオル1本・フェイスタオル2本セット』の概要について紹介したいと思います。

商品名:エアーかおるダディボーイ バスタオル1本・フェイスタオル2本セット

寄附金額:15,000円

自治体:岐阜県安八町

返礼品:エアーかおる バスタオル(約60×120cm)×1本
          フェイスタオル(約34×85cm)×2本

発送期日:決済から20日前後

提供事業者:浅野撚糸株式会社

まず、エアーかおるにはたくさんの種類がありますが、今回私が選択したのは「ダディボーイ」です。

ダディボーイシリーズは、軽さと柔らかさに加え、納得のボリューム感があります。

水分をぐんぐん吸収するので、スポーツやお風呂上がりヘアドライに最適です。

アーク
アーク
私はサウナのお供によく使っています~

このダディボーイのバスタオル(約60×120cm)×1本とフェイスタオル(約34×85cm)×2本のセットが今回いただいた返礼品の内容です。

寄附金額は15,000円で、色の指定はできず、上記の写真のとおり、バスタオルがピンク、フェイスタオルがブルーホワイトになっています。

「エアーかおる ダディボーイ バスタオル」は通常購入するとだいたい3,500円程度します。

また、「エアーかおる ダディボーイ フェイスタオル」は2枚で2,580円程度です。

Amazonや楽天で購入するとバスタオル×1とフェイスタオル×2の合計で6,080円程度します。

15,000円の寄附で上記の返礼品がもらえるので、返戻率は40%程度。

ふるさと納税を経由して購入すれば、翌年の住民税の減税にもつながりますし、普段『エアーかおる』を利用している人はかなりいい内容ではないでしょうか。

私自身、これまで愛用を続けていて信頼している商品ですので、今回ふるさと納税を通じて『エアーかおる』を入手しましたが、納得の満足感が得られました。

まとめ:ふるさと納税を通じて『エアーかおる』を入手しよう!

本記事では、私が普段愛用している『エアーかおる』をふるさと納税を通して入手した感想を紹介させていただきました。

『エアーかおる』はタオルとしてはやや高価ですが、使っていただければその価値は十分ご理解いただけると思います。

私も購入したきっかけはカンブリア宮殿で浅野撚糸の「エアーかおる」のすごさと開発の裏舞台を見たことでした。

そして、一回使ってしまうともう普通のタオルには戻れなくなってしまいます。

ふるさと納税の返礼品で付加価値の高いタオルを探している方や日常のタオルを探している方はぜひ一度『エアーかおる』を手にとっていただきたいです。

現時点では、ふるさとチョイスのみの取り扱いとなっていますが、個人的には楽天ふるさと納税でも取り扱いを行ってくれたらなと思っています。

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

ふるさと納税の返礼品として選べる『エアーかおる』の種類一覧を以下の記事でまとめていますので、併せてご覧いただければと思います↓